[スポンサーリンク]

ケムステニュース

東海カーボンと三菱化学、カーボンブラックの共同会社を断念

[スポンサーリンク]

東海カーボン三菱化学は24日、今年4月に予定していたカーボンブラック事業での共同出資会社設立を断念すると発表した。新会社には東海カーボンが6割、三菱化学が4割出資し、三菱化学のカーボンブラック事業を移管する予定だった。計画を審査していた公正取引委員会が、新会社と東海カーボンを合わせた国内シェアの高さなどを理由に競争が阻害されると判断した。今後は両社とも単独で同事業を手掛けていくという。カーボンブラックは合成ゴムに混ぜて、タイヤの補強材に使うほか、塗料やインキを黒色にする着色剤にも使う。東海カーボンはカーボンブラックの国内首位で、三菱化学は同3位。両社合計の国内シェアは約4割。(引用:日本経済新聞

 

断念だそうです。カーボンブラックは炭化水素(有機化合物)など炭素を含む化合物を不完全燃焼することで得られます。一般的にはプラスチックに混ぜたり、タイヤに混ぜたりということが思いつきますが、私は水素添加で使うPd/Cのカーボンブラックを思いつきました。(苦笑)
  • 関連書籍
webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 伯東、高機能高分子材料「デンドリマー」、製造期間10分の1に
  2. コケに注目!:薬や香料や食品としても
  3. ストラディバリウスの音色の秘密は「ニス」にあらず
  4. 科学の未解決のナゾ125を選出・米サイエンス誌
  5. リチウム金属電池の寿命を短くしている原因を研究者が突き止める
  6. 東大薬小林教授がアメリカ化学会賞を受賞
  7. 日本プロセス化学会2005サマーシンポジウム
  8. 痛風薬「フェブキソスタット」の米国売上高が好発進

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. カスガマイシン (kasugamycin)
  2. Al=Al二重結合化合物
  3. 光で水素を放出する、軽量な水素キャリア材料の開発
  4. ADC薬基礎編: 着想の歴史的背景と小分子薬・抗体薬との比較
  5. Principles and Applications of Aggregation-Induced Emission
  6. テキサス大教授Science論文捏造か?
  7. もし新元素に命名することになったら
  8. 【予告】ケムステ新コンテンツ「元素の基本と仕組み」
  9. マーティン・バーク Martin D. Burke
  10. 地方の光る化学企業 ~根上工業殿~

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

フィブロイン Fibroin

フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。…

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP