[スポンサーリンク]

ケムステニュース

東海カーボンと三菱化学、カーボンブラックの共同会社を断念

[スポンサーリンク]

東海カーボン三菱化学は24日、今年4月に予定していたカーボンブラック事業での共同出資会社設立を断念すると発表した。新会社には東海カーボンが6割、三菱化学が4割出資し、三菱化学のカーボンブラック事業を移管する予定だった。計画を審査していた公正取引委員会が、新会社と東海カーボンを合わせた国内シェアの高さなどを理由に競争が阻害されると判断した。今後は両社とも単独で同事業を手掛けていくという。カーボンブラックは合成ゴムに混ぜて、タイヤの補強材に使うほか、塗料やインキを黒色にする着色剤にも使う。東海カーボンはカーボンブラックの国内首位で、三菱化学は同3位。両社合計の国内シェアは約4割。(引用:日本経済新聞

 

断念だそうです。カーボンブラックは炭化水素(有機化合物)など炭素を含む化合物を不完全燃焼することで得られます。一般的にはプラスチックに混ぜたり、タイヤに混ぜたりということが思いつきますが、私は水素添加で使うPd/Cのカーボンブラックを思いつきました。(苦笑)
  • 関連書籍

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 海水から「イエローケーキ」抽出に成功、米科学者グループが発表
  2. ドイツのマックス・プランク研究所をご存じですか
  3. 大日本住友製薬が発足 業界5位、将来に再編含み
  4. 人名反応から学ぶ有機合成戦略
  5. 中山商事のWebサイトがリニューアル ~キャラクターが光る科学の…
  6. 塩基の代わりに酸を使うクロスカップリング反応:X線吸収分光が解き…
  7. 塩野義製薬/米クレストール訴訟、控訴審でも勝訴
  8. ResearchGateに対するACSとElsevierによる訴…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. プラスチックに数層の分子配向膜を形成する手法の開発
  2. レフォルマトスキー反応 Reformatsky Reaction
  3. スケールアップ検討法・反応・晶析と実験のスピードアップ化【終了】
  4. 水素ガス/酸素ガスで光特性を繰り返し変化させる分子
  5. クロタミトンのはなし 古くて新しいその機構
  6. 第40回ケムステVシンポ「クリーンエネルギーの未来を拓く:次世代電池と人工光合成の最新動向」を開催します!
  7. リアル『ドライ・ライト』? ナノチューブを用いた新しい蓄熱分子の設計-前編
  8. 2009年10月人気化学書籍ランキング
  9. ゾル-ゲル変化を自ら繰り返すアメーバのような液体の人工合成
  10. 尿酸 Uric Acid 〜痛風リスクと抗酸化作用のジレンマ〜

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2005年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2024年4月号:ミロガバリン・クロロププケアナニン・メロテルペノイド・サリチル酸誘導体・光励起ホウ素アート錯体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年4月号がオンライン公開されています。…

日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました

3月28日から31日にかけて開催された,日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました.筆者自…

キシリトールのはなし

Tshozoです。 35年くらい前、ある食品メーカが「虫歯になりにくい成分」を使ったお菓子を…

2つの結合回転を熱と光によって操る、ベンズアミド構造の新たな性質を発見

 第 608回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院 生命科学院 生命科学専攻 生命医…

スポットライトリサーチ まとめ【初回〜第200回まで】

ケムステの人気企画スポットライトリサーチ、2015 年に始まって以来、2024 年現…

【産総研・触媒化学融合研究センター】新卒・既卒採用情報

触媒センターでは、「個の力」でもある触媒化学を基盤としつつも、異分野に積極的に関…

Zachary Hudson教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年3月11日に東京大学本郷キャンパスにて開催されたBritish Co…

ケムステイブニングミキサー 2024 報告

3月18日から21日の日本化学会第104春季年会に参加されたみなさま、おつかれさまでした!めちゃ…

日本農芸化学会創立100周年記念展に行ってみた

農芸化学という学問分野はご存知でしょうか?農業と化学は分かるけど、芸って何だよって一瞬思いますよ…

大川原化工機株式会社のはなし

Tshozoです。本記事タイトルの企業、ニュースなどでその名前を知った方も多いと思われます。実は…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP