[スポンサーリンク]


2012年 2月 16日

  1. 「科学者の科学離れ」ってなんだろう?

    今に始まったことではありませんが、理科離れ、あるいは科学離れという言葉をよく耳にします。それは小学生・中学生といった子供たちが科学に興味を持たなくなっているという話。ところが最近では、「科学者の科学離れ」…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 分子光化学の原理
  2. 新規糖尿病治療薬「DPPIV阻害剤」‐熾烈な開発競争
  3. ネオン Neon -街を彩るネオンサイン
  4. イオン性置換基を有するホスホール化合物の発光特性
  5. 機能性ナノマテリアル シクロデキストリンの科学ーChemical Times特集より
  6. 2017年の有機ELディスプレイ世界市場は11年比6.6倍の2兆186億円。
  7. なぜ傷ついたマジックマッシュルームは青くなるの?

注目情報

最新記事

SNS予想で盛り上がれ!2022年ノーベル化学賞は誰の手に?

さてことしも9月半ば、ノーベル賞シーズンが到来します!化学賞は日本時間 10月5日(水) 18時45…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける予測モデルの解釈性を上げるには?

開催日:2022/09/28 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2022」を発表!

ノーベル賞発表時期が近づき、例年同様、クラリベイト・アナリティクス社から2022年の引用栄誉賞が発表…

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R4

開講期間令和4(2022)年  9月28日(水)、29日(木)(計2日間)募集人員15名…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2022年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

PAGE TOP