[スポンサーリンク]

ケムステニュース

疑惑の論文200本発見 米大が盗作探知プログラム開発

 米テキサス大のチームが盗作が疑われる医学論文約200本を見つけ出し、著者や編集者に見解を問いただした。「盗作された側」は「露骨な盗作」とあきれかえるが、「盗作した側」は、「先に論文が出ていたとは知らなかった」と言い訳が目立った。こうした盗作の実態が明らかになるのは珍しい。
 6日付の米科学誌サイエンスが掲載する。
 チームは、米国立医学図書館が運営する医学・生命科学の論文データベースを対象に独自開発のプログラムを使って表現の相似性を調べ、著者が異なっていた約9千本を抽出。実際に論文を読んで212本を「盗作の可能性がある」と判断した。(引用:asahi.com)

 

医学/生命科学分野を話題の対象としてはいますが、科学界全体に波及する話と思えます。現状、無視できないホットトピックの一つで、Scienceに掲載されるのも、何となく分かる気がします。

 学問の細分化が進み、発表論文数が指数関数的に増加し、peer reviewを行う側の負担も増大する一方な現状。世にある数千以上の関連論文と比較して「この部分が盗作だ」と逐一指摘するのは、既に現実的に見てほぼ不可能になっています。今後もこういうことは増えはすれど、減ることはないでしょう。ある程度コンピュータに任せなくてはならなくなっているというのも、やむなしな流れに思えます。

 某研究者が投稿した論文のイントロダクションが、別のラボがpublishした論文のそれと一語一句ほとんど同じだった、という話も筆者自身何度か耳にしたことがあります。ひどい話ですが、化学分野でもこういったことは珍しくないのが現実のようです。著作権と科学研究に対する意識の持ち方が低い地域では特に、そういうことが平気で横行しうるようです(どこだとはあえて言いませんが)。

 他人の結果や文章をパクってまで生き残りに必死でありたい、という気持ちはもちろん分からなく無いですが、そういうことに手を染めてしまうと、長期で見て良いことは無いように感じます。分野内の人には、どの研究者が危ういことをやってるだとか、何だかんだで噂が広まってしまうものですし。

 職業研究者にとって、優れた結果はもちろん必要なのですが、長く続けたいなら、どんな仕事であっても結局は誠実さと信頼関係こそがモノを言う気がします。綺麗事かもですが。

 科学を評価するのは、結局のところ人間同士以外にありえないのですから。

  • 関連文献

Garner, H. R. et al. Science 2009, 323, 1293. DOI:10.1126/science.1167408

  • 関連書籍
科学技術者の倫理 その考え方と事例 第3版
丸善
日本技術士会(翻訳)
発売日:2008-11-29
論文捏造 (中公新書ラクレ)
中央公論新社
発売日:2006-09
おすすめ度:4.5
おすすめ度5 読み進めずにはいられない
おすすめ度5 超一流のドキュメンタリー作品
おすすめ度5 科学論的な、あまりに科学論的な・・・
おすすめ度3 科学の商業主義について考えさせられる
おすすめ度5 綿密な取材と問題の深い理解が素晴らしい
背信の科学者たち (ブル-バックス)
講談社
牧野 賢治(翻訳)
発売日:2006-11-21
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 科学史再編
おすすめ度5 科学者も人の子、で、すまされるか
The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 保護により不斉を創る
  2. 大正製薬、女性用の発毛剤「リアップレディ」を来月発売
  3. 京大北川教授と名古屋大学松田教授のグループが”Air Liqui…
  4. 白い有機ナノチューブの大量合成に成功
  5. 小児薬、大人用を転用――アステラス、抗真菌剤
  6. 中外製薬が工場を集約へ 宇都宮など2カ所に
  7. 「サガミオリジナル001」、今月から販売再開 相模ゴム
  8. 三井化学と日産化学が肥料事業を統合

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ブレデレック ピリミジン合成 Bredereck Pyrimidine Synthesis
  2. 化学でカードバトル!『Elementeo』
  3. 関大グループ、カプロラクタムの新製法開発
  4. 大分の高校生が特許を取得!
  5. デヴィッド・レイ David A. Leigh
  6. ケミストリ・ソングス【Part 2】
  7. 第33回「セレンディピティを計画的に創出する」合田圭介 教授
  8. Twitter発!「笑える(?)実験大失敗集」
  9. 有機亜鉛試薬 Organozinc Reagent
  10. 第九回 タンパク質に新たな付加価値を-Tom Muir教授

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP