[スポンサーリンク]


2012年 3月 16日

  1. 小さなフッ素をどうつまむのか

    フッ素をどう認識するのか、自然の仕組みと、人工の仕組みについて、それぞれ比較し、最近のユニークな発想を紹介します。

スポンサー

ピックアップ記事

  1. トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発
  2. C-H結合活性化を経るラクトンの不斉合成
  3. Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!
  4. 「全国発明表彰」化学・材料系の受賞内容の紹介(令和元年度)
  5. 超原子価臭素試薬を用いた脂肪族C-Hアミノ化反応
  6. ブラウザからの構造式検索で研究を加速しよう
  7. 第12回 DNAから人工ナノ構造体を作るーNed Seeman教授

注目情報

最新記事

危ない試薬・面倒な試薬の便利な代替品

実験室レベルでは、未だに危険な試薬を扱わざるを得ない場合も多いかと思います。tert…

赤外線の化学利用:近赤外からテラヘルツまで

(さらに…)…

【誤解してない?】4s軌道はいつも3d軌道より低いわけではない

3d 遷移金属は、多くが (3d)n(4s)2 という中途半端に 3d 軌道が埋まったまま 4s 軌…

第六回ケムステVプレミアレクチャー「有機イオン対の分子設計に基づく触媒機能の創出」

新型コロナ感染者数が爆増し、春の学会がまたほとんどオンラインになりました。残念で…

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:③その他の材料

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

PAGE TOP