[スポンサーリンク]

ケムステニュース

2009年ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞発表

[スポンサーリンク]

loreal_unesco2009.jpg

優れた研究成果を挙げた若手の女性科学者をたたえる「ロレアル・ユネスコ女性科学者日本奨励賞」の今年の受賞者に東北大の海老根真琴さん(28)ら4人が決まり、7日、都内で、それぞれに賞状と奨学金100万円が授与された。(写真・文章引用:47NEWS)

少し前のニュースですが、今年四回目となるロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞が発表となりました。

化粧品メーカーの日本ロレアルと日本ユネスコがスポンサーとなって、世界最先端の研究に携わる優れた女性科学者の卵(博士課程の大学院生)を対象として授賞しています。

このたび、物質科学分野から2名、生命化学分野から2名が選出されました。ここは化学ニュースブログなので、物質化学領域の受賞者にスポットをあてて、紹介したいと思います。


海老根真琴 (東北大学大学院 理学研究科・写真左端)
受賞理由:「天然由来の新規薬剤開発を目指して: 海洋天然有機化合物ブレベナールの効率的化学合成」

海産ポリエーテル系天然物の一種である、ブレベナール(brevenal)の化学全合成研究にて受賞しています。ブレベナールはフロリダの赤潮にいる渦鞭毛虫、Karenia brevisから単離された化合物です。

brevenal.gifブレベナール自体は類縁化合物のブレベトキシンと違い、毒性はありません。

その一方で動物実験に依れば、気管粘膜の機能障害をピコモル濃度レベルで改善する働きをもつそうです。メディアではこの作用を眺めてでしょう、「ぜんそく治療薬の材料に期待される」として報道されていました。

法整備に頼って雇用の場を強制的に設けなくてはならない、産休などで長期休養になってしまうと研究の第一線から早々にドロップアウトせざるを得ない・・・日本社会での、女性科学者に対するサポートや態度は、未だお世辞にも良いものとは思えません。

このような女性科学者を奨励する営みこそは、もっと増えてしかるべきですし、女性科学者に対する社会的理解も、より改善されたものに・・・というよりは、より”素直なもの”になって欲しいと、筆者は願うばかりですね。

  • 関連書籍
  • 定価 : ¥ 81
  • 出版社/メーカー : 講談社
  • おすすめ度 : (2 reviews)
    女性科学者を知る
    科学を支えた女性たち
  • 猿橋 勝子
  • 定価 : ¥ 1,890
  • 発売日 : 2002/05
  • 出版社/メーカー : 東京図書
  • おすすめ度 : (1 review)
    まだまだまだまだがんばる気にさせられます
  • 松下 祥子
  • 定価 : ¥ 893
  • 発売日 : 2008/12
  • 出版社/メーカー : 日本経済新聞出版社
  • おすすめ度 : (4 reviews)
    かつてないカテゴリーの本です。
    研究者生活の現在を知るための本、そして何かを変えるための本
    理系に進む人にお勧めの1冊
    科学者の素敵な日常が垣間見られます。

  • 関連論文

“Total Synthesis, Structure Revision, and Absolute Configuration of (-)-Brevenal”
Fuwa, H.; Ebine, M.; Bourdelais, A. J.; Baden, D. G.; Sasaki, M. J. Am. Chem. Soc. 2006, 128, 16989. DOI: 10.1021/ja066772y

“Total Synthesis of (-)-Brevenal: A Concise Synthetic Entry to the Pentacyclic Polyether Core”
Ebine, M.; Fuwa H.; Sasaki, M. Org. Lett. 2008, 10, 2275. DOI: 10.1021/ol800685c

“Synthesis of Enzymatically-gellable Carboxymethylcellulose for Biomedical Applications”
Ogushi, Y.; Sakai, S.; Kawakami, K. J. Biosci. Bioeng. 2007, 104, 30.

“Enzymatically Crosslinked Carboxymethylcellulose-tyramine Conjugate Hydrogel: Cellular Adhesiveness and Feasibility for Cell Sheet Technology”
Sakai, S.; Ogushi, Y.; Kawakami, K. Acta Biomater. 2009, 5, 554,

“Phenolic Hydroxy Groups Incorporated for Peroxidase-catalyzed Gelation of Carboxymethylcellulose Support Cellular Adhesion and Proliferation”
Ogushi, Y.; Sakai, S.; Kawakami, K. Macromol. Biosci. 2009, 9, 262. doi:10.1002/mabi.200800263

  • 関連リンク

ロレアル・ユネスコ女性科学者
日本奨励賞 – Wikipedia

日本ロレアル

東北大学 佐々木研究室

九州大学 川上研究室

Pseudo-Brevenal (TotallySynthetic.com)

ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞2009(PDF)

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. お茶の水女子大学と奈良女子大学がタッグを組む!
  2. 痔治療の新薬で大臣賞 経産省が起業家表彰
  3. 材料費格安、光触媒型の太陽電池 富大教授が開発、シリコン型から脱…
  4. エストロゲン、閉経を境に正反対の作用
  5. バイエル薬品、アスピリンをモチーフにしたTシャツをユニクロで発売…
  6. カレーの成分、アルツハイマー病に効く可能性=米研究
  7. サイエンス・ダイレクトがリニューアル
  8. 理研:23日に一般公開、「実験ジャー」も登場--和光 /埼玉

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (5/最終回)
  2. [12]シクロパラフェニレン : [12]Cycloparaphenylene
  3. エノキサシン:Enoxacin
  4. フライパンの空焚きで有毒ガス発生!?
  5. 第69回―「炭素蒸気に存在する化学種の研究」Harold Kroto教授
  6. 無限の可能性を秘めたポリマー
  7. 一重項酸素 Singlet Oxygen
  8. 本当の天然物はどれ?
  9. Zoomオンライン革命!
  10. カフェインの覚醒効果を分子レベルで立証

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

化学者のためのエレクトロニクス入門② ~電子回路の製造工程編~

bergです。さて、前回は日々微細化を遂げる電子回路の歴史についてご紹介しました。二回目の今回は、半…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(前編)

研究をやる上で、テーマってやっぱり大事ですよね。私はアメリカの大学院に留学中(終盤)という立場ですが…

島津製作所がケムステVシンポに協賛しました

さて、第5回目があと1週間に迫り、第6回目の開催告知も終えたケムステVシンポ。実は第7回目も既に決定…

第99回―「配位子設計にもとづく研究・超分子化学」Paul Plieger教授

第99回の海外化学者インタビューは、ポール・プリーガー教授です。マッセイ大学基礎科学研究所に所属し、…

化学者のためのエレクトロニクス入門① ~電子回路の歴史編~

「化学者のためのエレクトロニクス入門」シリーズでは、今や私たちの日常生活と切っても切れないエレクトロ…

シグマトロピー転位によるキラルα-アリールカルボニルの合成法

アリールヨーダンとキラルオキサゾリンを用いた-シグマトロピー転位によるジアステレオ選択的α-アリール…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP