ケムステニュース

2009年ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞発表

loreal_unesco2009.jpg

優れた研究成果を挙げた若手の女性科学者をたたえる「ロレアル・ユネスコ女性科学者日本奨励賞」の今年の受賞者に東北大の海老根真琴さん(28)ら4人が決まり、7日、都内で、それぞれに賞状と奨学金100万円が授与された。(写真・文章引用:47NEWS)

少し前のニュースですが、今年四回目となるロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞が発表となりました。

化粧品メーカーの日本ロレアルと日本ユネスコがスポンサーとなって、世界最先端の研究に携わる優れた女性科学者の卵(博士課程の大学院生)を対象として授賞しています。

このたび、物質科学分野から2名、生命化学分野から2名が選出されました。ここは化学ニュースブログなので、物質化学領域の受賞者にスポットをあてて、紹介したいと思います。


海老根真琴 (東北大学大学院 理学研究科・写真左端)
受賞理由:「天然由来の新規薬剤開発を目指して: 海洋天然有機化合物ブレベナールの効率的化学合成」

海産ポリエーテル系天然物の一種である、ブレベナール(brevenal)の化学全合成研究にて受賞しています。ブレベナールはフロリダの赤潮にいる渦鞭毛虫、Karenia brevisから単離された化合物です。

brevenal.gifブレベナール自体は類縁化合物のブレベトキシンと違い、毒性はありません。

その一方で動物実験に依れば、気管粘膜の機能障害をピコモル濃度レベルで改善する働きをもつそうです。メディアではこの作用を眺めてでしょう、「ぜんそく治療薬の材料に期待される」として報道されていました。

法整備に頼って雇用の場を強制的に設けなくてはならない、産休などで長期休養になってしまうと研究の第一線から早々にドロップアウトせざるを得ない・・・日本社会での、女性科学者に対するサポートや態度は、未だお世辞にも良いものとは思えません。

このような女性科学者を奨励する営みこそは、もっと増えてしかるべきですし、女性科学者に対する社会的理解も、より改善されたものに・・・というよりは、より”素直なもの”になって欲しいと、筆者は願うばかりですね。

  • 関連書籍
  • 定価 : ¥ 81
  • 出版社/メーカー : 講談社
  • おすすめ度 : (2 reviews)
    女性科学者を知る
    科学を支えた女性たち
  • 猿橋 勝子
  • 定価 : ¥ 1,890
  • 発売日 : 2002/05
  • 出版社/メーカー : 東京図書
  • おすすめ度 : (1 review)
    まだまだまだまだがんばる気にさせられます
  • 松下 祥子
  • 定価 : ¥ 893
  • 発売日 : 2008/12
  • 出版社/メーカー : 日本経済新聞出版社
  • おすすめ度 : (4 reviews)
    かつてないカテゴリーの本です。
    研究者生活の現在を知るための本、そして何かを変えるための本
    理系に進む人にお勧めの1冊
    科学者の素敵な日常が垣間見られます。

  • 関連論文

“Total Synthesis, Structure Revision, and Absolute Configuration of (-)-Brevenal”
Fuwa, H.; Ebine, M.; Bourdelais, A. J.; Baden, D. G.; Sasaki, M. J. Am. Chem. Soc. 2006, 128, 16989. DOI: 10.1021/ja066772y

“Total Synthesis of (-)-Brevenal: A Concise Synthetic Entry to the Pentacyclic Polyether Core”
Ebine, M.; Fuwa H.; Sasaki, M. Org. Lett. 2008, 10, 2275. DOI: 10.1021/ol800685c

“Synthesis of Enzymatically-gellable Carboxymethylcellulose for Biomedical Applications”
Ogushi, Y.; Sakai, S.; Kawakami, K. J. Biosci. Bioeng. 2007, 104, 30.

“Enzymatically Crosslinked Carboxymethylcellulose-tyramine Conjugate Hydrogel: Cellular Adhesiveness and Feasibility for Cell Sheet Technology”
Sakai, S.; Ogushi, Y.; Kawakami, K. Acta Biomater. 2009, 5, 554,

“Phenolic Hydroxy Groups Incorporated for Peroxidase-catalyzed Gelation of Carboxymethylcellulose Support Cellular Adhesion and Proliferation”
Ogushi, Y.; Sakai, S.; Kawakami, K. Macromol. Biosci. 2009, 9, 262. doi:10.1002/mabi.200800263

  • 関連リンク

ロレアル・ユネスコ女性科学者
日本奨励賞 – Wikipedia

日本ロレアル

東北大学 佐々木研究室

九州大学 川上研究室

Pseudo-Brevenal (TotallySynthetic.com)

ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞2009(PDF)

Avatar photo

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 招福豆ムクナの不思議(6)植物が身を護る化学物資
  2. 三井化学、機能性ポリマーのウェブサイト始動
  3. 自動車用燃料、「脱石油」競う 商社、天然ガス・バイオマス活用
  4. 「イオンで農薬中和」は不当表示・公取委、米販2社に警告
  5. ゴム状硫黄は何色?
  6. 世界初 ソフトワーム用自発光液 「ケミホタルペイント」が発売
  7. アルツハイマー病早期発見 磁気画像診断に新技術
  8. トムソン:2005年ノーベル賞の有力候補者を発表

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第115回―「分子機械と天然物の化学合成」Ross Kelly教授
  2. 住友化学、液晶関連事業に100億円投資・台湾に新工場
  3. グラフェンの量産化技術と次世代デバイスへの応用【終了】
  4. よくわかる最新元素の基本と仕組み―全113元素を完全網羅、徹底解説 元素の発見史と最新の用途、研究
  5. 化学系人材の、より良い将来選択のために
  6. 有機化学イノベーション: ひらめきと直観をいかにして呼び込むか
  7. リチャード・ゼア Richard N. Zare
  8. 第98回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part III
  9. 周期表の形はこれでいいのか? –その 2: s ブロックの位置 編–
  10. 2016年8月の注目化学書籍

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2009年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目情報

最新記事

有機電解合成のはなし ~アンモニア常温常圧合成のキー技術~

(出典:燃料アンモニアサプライチェーンの構築 | NEDO グリーンイノベーション基金)Ts…

光触媒でエステルを多電子還元する

第621回のスポットライトリサーチは、分子科学研究所 生命・錯体分子科学研究領域(魚住グループ)にて…

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP