[スポンサーリンク]

archives

トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Trifluoroacetic Acid Palladium(II) Salt

P1870.gif

酸素を用いた脱水素反応による環状エノンの合成

Stahlらは,酸素を用いた脱水素反応による環状エノンの合成法について報告しています。それによれば,酢酸溶媒中,触媒量のトリフルオロ酢酸パラジウム(II)とDMSOの存在下,環状ケトンを酸素と反応させることにより,位置選択的に脱水素反応が進行し,環状エノンが得られます。IBXなどの化学量論量必要な酸化剤を用いた方法に比べ,アトムエコノミーの観点からも有用です。環状エノンは天然物合成における重要な中間体であるため,今後の応用が期待されます。

T. Diao, S. S. Stahl, J. Am. Chem. Soc. 2011, 133, 14566.

関連記事

  1. カルボニルトリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I)ヒドリド…
  2. pre-MIBSK ~Dess-Martin試薬と比べ低コスト・…
  3. 大型リチウムイオン電池及び関連商品・構成材料の開発【終了】
  4. tert-ブチルメルカプタン:tert-Butyl Mercap…
  5. ケムステ新コンテンツ「化学地球儀」
  6. [12]シクロパラフェニレン : [12]Cycloparaph…
  7. N,N-ジメチルアセトアミドジメチルアセタール : N,N-Di…
  8. 導電性高分子の基礎、技術開発とエネルギーデバイスへの応用【終了】…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 光だけでなく化学物質も受容できるロドプシンの発見
  2. 英グラクソスミスクライン、抗ウイルス薬を大幅値引きへ
  3. 元素占いはいかが?
  4. 金属カルベノイドを用いるシクロプロパン化 Cyclopropanation with Metal Carbenoid
  5. 重いキノン
  6. マーティン・チャルフィー Martin Chalfie
  7. マイゼンハイマー転位 Meisenheimer Rearrangement
  8. 「携帯」の電池で電車走る・福井大などが実験に成功
  9. 色素増感太陽電池の 実用化に向けたモジュール製造/セル作製技術【終了】
  10. 人生、宇宙、命名の答え

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP