[スポンサーリンク]

archives

トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Trifluoroacetic Acid Palladium(II) Salt

[スポンサーリンク]

P1870.gif

酸素を用いた脱水素反応による環状エノンの合成

Stahlらは,酸素を用いた脱水素反応による環状エノンの合成法について報告しています。それによれば,酢酸溶媒中,触媒量のトリフルオロ酢酸パラジウム(II)とDMSOの存在下,環状ケトンを酸素と反応させることにより,位置選択的に脱水素反応が進行し,環状エノンが得られます。IBXなどの化学量論量必要な酸化剤を用いた方法に比べ,アトムエコノミーの観点からも有用です。環状エノンは天然物合成における重要な中間体であるため,今後の応用が期待されます。

T. Diao, S. S. Stahl, J. Am. Chem. Soc. 2011, 133, 14566.

関連記事

  1. GlycoProfile アジド糖
  2. TEMPOよりも高活性なアルコール酸化触媒
  3. トリメトキシフェニルシラン:Trimethoxyphenylsi…
  4. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Palladium(II…
  5. ノーベル化学賞への道公開
  6. トリ(2-フリル)ホスフィン:Tri(2-furyl)phosp…
  7. サレン-Mn錯体
  8. 触媒の貴金属低減化、劣化対策の技術動向【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 東海カーボンと三菱化学、カーボンブラックの共同会社を断念
  2. Cooking for Geeks 第2版 ――料理の科学と実践レシピ
  3. クロスカップリングはどうやって進行しているのか?
  4. Reaxys Prize 2010発表!
  5. e.e., or not e.e.:
  6. 研究室で役立つ有機実験のナビゲーター―実験ノートのとり方からクロマトグラフィーまで
  7. スターバースト型分子、ヘキサアリールベンゼン合成の新手法
  8. 食品アクリルアミド低減を 国連専門委「有害の恐れ」
  9. 背信の科学者たち 論文捏造はなぜ繰り返されるのか?
  10. 混合原子価による芳香族性

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

年収で内定受諾を決定する際のポイントとは

転職活動の終盤で複数の企業から内定を獲得した際、「年収が決め手となって内定を受諾…

安定なケトンのケイ素類縁体“シラノン”の合成 ケイ素—酸素2重結合の構造と性質

第214回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科化学専攻(岩本研究室)・小林 良さんに…

99.7%の精度で偽造ウイスキーを見抜ける「人工舌」が開発される

 まるで人間の舌のように偽造ウイスキーを見抜くことができる小型のセンサーが開発されました。このセンサ…

天然のナノチューブ「微小管」の中にタンパク質を入れると何が起こる?

第213回のスポットライトリサーチは、鳥取大学大学院 工学研究科・稲葉 央 助教にお願いしました。…

有機合成化学協会誌2019年8月号:パラジウム-フェナントロリン触媒系・環状カーボネート・素粒子・分子ジャイロコマ・テトラベンゾフルオレン・海洋マクロリド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年8月号がオンライン公開されました。ひ…

アスピリンから生まれた循環型ビニルポリマー

第212回のスポットライトリサーチは、信州大学線維学部 化学・材料学科 ・風間 茜さん にお願いしま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP