[スポンサーリンク]

archives

トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Trifluoroacetic Acid Palladium(II) Salt

[スポンサーリンク]

P1870.gif

酸素を用いた脱水素反応による環状エノンの合成

Stahlらは,酸素を用いた脱水素反応による環状エノンの合成法について報告しています。それによれば,酢酸溶媒中,触媒量のトリフルオロ酢酸パラジウム(II)とDMSOの存在下,環状ケトンを酸素と反応させることにより,位置選択的に脱水素反応が進行し,環状エノンが得られます。IBXなどの化学量論量必要な酸化剤を用いた方法に比べ,アトムエコノミーの観点からも有用です。環状エノンは天然物合成における重要な中間体であるため,今後の応用が期待されます。

T. Diao, S. S. Stahl, J. Am. Chem. Soc. 2011, 133, 14566.

関連記事

  1. TFEDMA
  2. トリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I) クロリド:Tri…
  3. 新しい選択的ヨウ素化試薬
  4. ビス(ピナコラト)ジボロン:Bis(pinacolato)dib…
  5. トリフルオロメタンスルホン酸2-(トリメチルシリル)フェニル :…
  6. 9,10-Dihydro-9,10-bis(2-carboxye…
  7. 固体高分子電解質の基礎、材料技術と実用化【終了】
  8. ビス(トリメチルアルミニウム)-1,4-ジアザビシクロ[2.2.…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 製薬各社 2010年度決算
  2. ノッド因子 (Nod factor)
  3. 嘘か真かヒトも重水素化合物をかぎわける
  4. アレーン類の直接的クロスカップリング
  5. 「花粉のつきにくいスーツ」登場
  6. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 2 (光延型置換反応)
  7. 「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より
  8. 振動結合:新しい化学結合
  9. 福山還元反応 Fukuyama Reduction
  10. 化学エネルギーを使って自律歩行するゲル

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「日産化学」ってどんな会社?

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

有機合成化学協会誌2019年10月号:芳香族性・O-プロパルギルオキシム・塩メタセシス反応・架橋型人工核酸・環状ポリアリレン・1,3-双極子付加環化反応

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年10月号がオンライン公開されました。…

有機合成に活躍する器具5選|第1回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

以前お知らせしたとおり理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションして、特集記事を…

2019年ノーベル化学賞は「リチウムイオン電池」に!

スウェーデン王立科学アカデミーは9日、2019年のノーベル化学賞を、リチウムイオン電池を開発した旭化…

マテリアルズインフォマティクスでリチウムイオン電池の有機電極材料を探索する

第223回のスポットライトリサーチは、沼澤 博道さんにお願い致しました(トップ画像は論文から出典)。…

米陸軍に化学薬品検出スプレーを納入へ

米センサー・システムのフリアーシステムズは、化学兵器として使用されるマスタードガスなどを検出するスプ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP