[スポンサーリンク]

archives

トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Trifluoroacetic Acid Palladium(II) Salt

P1870.gif

酸素を用いた脱水素反応による環状エノンの合成

Stahlらは,酸素を用いた脱水素反応による環状エノンの合成法について報告しています。それによれば,酢酸溶媒中,触媒量のトリフルオロ酢酸パラジウム(II)とDMSOの存在下,環状ケトンを酸素と反応させることにより,位置選択的に脱水素反応が進行し,環状エノンが得られます。IBXなどの化学量論量必要な酸化剤を用いた方法に比べ,アトムエコノミーの観点からも有用です。環状エノンは天然物合成における重要な中間体であるため,今後の応用が期待されます。

T. Diao, S. S. Stahl, J. Am. Chem. Soc. 2011, 133, 14566.

関連記事

  1. 触媒の貴金属低減化、劣化対策の技術動向【終了】
  2. 元素・人気記事ランキング・新刊の化学書籍を追加
  3. 炭酸ビス(ペンタフルオロフェニル) : Bis(pentaflu…
  4. バイオマス燃料・化学品の合成と触媒の技術動向【終了】
  5. ケムステ新コンテンツ「化学地球儀」
  6. ビタミンB1塩酸塩を触媒とするぎ酸アミド誘…
  7. 新しい選択的ヨウ素化試薬
  8. 位置およびエナンチオ選択的Diels-Alder反応に有効な不斉…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. やっぱりリンが好き
  2. 【読者特典】第92回日本化学会付設展示会を楽しもう!
  3. アルコールを空気で酸化する!
  4. 人工軟骨への応用を目指した「ダブルネットワークゲル」
  5. ナノグラムの油状試料もなんのその!結晶に封じて分子構造を一発解析!
  6. グルコース (glucose)
  7. 化学企業のグローバル・トップ50が発表
  8. 野依記念物質科学研究館
  9. ルイス酸添加で可視光レドックス触媒の機構をスイッチする
  10. アミール・ホベイダ Amir H. Hoveyda

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

き裂を高速で修復する自己治癒材料

第139回目のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 構造材料研究拠点 長田 俊郎…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP