[スポンサーリンク]

archives

トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Trifluoroacetic Acid Palladium(II) Salt

P1870.gif

酸素を用いた脱水素反応による環状エノンの合成

Stahlらは,酸素を用いた脱水素反応による環状エノンの合成法について報告しています。それによれば,酢酸溶媒中,触媒量のトリフルオロ酢酸パラジウム(II)とDMSOの存在下,環状ケトンを酸素と反応させることにより,位置選択的に脱水素反応が進行し,環状エノンが得られます。IBXなどの化学量論量必要な酸化剤を用いた方法に比べ,アトムエコノミーの観点からも有用です。環状エノンは天然物合成における重要な中間体であるため,今後の応用が期待されます。

T. Diao, S. S. Stahl, J. Am. Chem. Soc. 2011, 133, 14566.

関連記事

  1. ターボグリニャール試薬
  2. クロロ(1,5-シクロオクタジエン)ロジウム(I) (ダイマー)…
  3. 炭酸ビス(ペンタフルオロフェニル) : Bis(pentaflu…
  4. トリフルオロメタンスルホン酸トリエチルシリル : Triethy…
  5. テトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(0) : Tet…
  6. 1,3-ジオールの不斉非対称化反応による光学活性オキサゾリン誘導…
  7. トリフルオロメタンスルホン酸ランタン(III):Lanthanu…
  8. 3-メチル-1-フェニル-2-ホスホレン1-オキシド:3-Met…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. “アルデヒドを移し替える”新しいオレフィン合成法
  2. 切磋琢磨するアメリカの科学者たち―米国アカデミアと競争的資金の申請・審査の全貌
  3. ロジウム(II)アセタート (ダイマー):Rhodium(II) Acetate Dimer
  4. 日本発化学ジャーナルの行く末は?
  5. 生物発光のスイッチ制御でイメージング
  6. タミフルの新規合成法
  7. 第34回「ポルフィリンに似て非なるものを研究する」忍久保洋 教授
  8. 多摩霊園
  9. デュポン子会社が植物性化学原料の出荷を開始
  10. Ph.D.化学者が今年のセンター試験(化学)を解いてみた

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2018年8月号:触媒的不斉全合成・分子ローター型蛍光核酸・インドロキナゾリンアルカロイド・非対称化・アズレン・ヒドラゾン-パラジウム触媒

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年8月号がオンライン公開されました。今…

Noah Z. Burns ノア・バーンズ

ノア・バーンズ(Noah Z. Burns、19xx年x月xx日-)は、米国の有機合成化学者である。…

結晶データの登録・検索サービス(Access Structures&Deposit Structures)が公開

ケンブリッジ結晶学データセンターとFIZ Karlsruhe は,無償で利用できる結晶データの登録・…

可視光で芳香環を立体選択的に壊す

キラルルイス酸光触媒を用いた不斉脱芳香族的付加環化反応が開発された。ヘテロ芳香環の芳香族性を壊しなが…

科学とは「世界中で共有できるワクワクの源」! 2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞

2018年7月18日、フランス大使公邸にて2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞の授賞…

クリストフ・レーダー Christoph Rader

クリストフ・レーダー(Christoph Rader、19xx年x月xx日-)は、米国の生化学者・分…

PAGE TOP