[スポンサーリンク]

archives

トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Trifluoroacetic Acid Palladium(II) Salt

[スポンサーリンク]

P1870.gif

酸素を用いた脱水素反応による環状エノンの合成

Stahlらは,酸素を用いた脱水素反応による環状エノンの合成法について報告しています。それによれば,酢酸溶媒中,触媒量のトリフルオロ酢酸パラジウム(II)とDMSOの存在下,環状ケトンを酸素と反応させることにより,位置選択的に脱水素反応が進行し,環状エノンが得られます。IBXなどの化学量論量必要な酸化剤を用いた方法に比べ,アトムエコノミーの観点からも有用です。環状エノンは天然物合成における重要な中間体であるため,今後の応用が期待されます。

T. Diao, S. S. Stahl, J. Am. Chem. Soc. 2011, 133, 14566.

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. 4-(ジメチルアミノ)ベンゼンチオール : 4-(Dimethy…
  2. 3成分開始剤系を用いたリビングラジカル重合
  3. トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン : Tris(penta…
  4. 酸素と水分をW保証!最高クラスの溶媒:脱酸素脱水溶媒
  5. REACH/RoHS関連法案の最新動向【終了】
  6. 取扱いが容易なトリフルオロアセチル化試薬
  7. SPhos
  8. 高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造 進化する高…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 大型期待の認知症薬「承認申請数年遅れる」 第一製薬
  2. 有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素
  3. 2009年6月人気化学書籍ランキング
  4. ユニバーサル・フェーズセパレーター発売
  5. システイン選択的タンパク質修飾反応 Cys-Selective Protein Modification
  6. 勤務地にこだわり理想も叶える!転職に成功したエンジニアの話
  7. エリック・ジェイコブセン Eric N. Jacobsen
  8. 知の市場:無料公開講座参加者募集のご案内
  9. 薗頭 健吉 Kenkichi Sonogashira
  10. ピンナ酸の不斉全合成

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

11年ぶり日本開催、国際化学五輪プレイベントを3月に

7月に日本で開催される国際化学オリンピックを盛り上げようと、プレイベント「化学との出会い 未来を拓(…

文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑫: XP-PEN Deco01の巻

「実験大好き化学者も、デスクワークを快適化しようよ」な文具コーナーです。かなり久々の執筆で恐縮です。…

4つの異なる配位結合を持つ不斉金属原子でキラル錯体を組み上げる!!

第 296 回のスポットライトリサーチは、東京大学塩谷研究室で博士号を取得され、現在は京都大学寺西研…

ナタリー カロリーナ ロゼロ ナバロ Nataly Carolina Rosero-Navarro

Nataly Carolina Rosero-Navarro (コロンビア生まれ) は、日本在住の化…

【マイクロ波化学(株)ウェビナー】 #環境 #SDGs マイクロ波によるサステナブルなものづくり (プラ分解、フロー合成、フィルム、乾燥、焼成)

<内容>ご好評につき、先月と同じ内容のウェブセミナーを開催!事業・開発課題の一ソリュ…

銀ジャケを狂わせた材料 ~タイヤからの意外な犯人~

Tshozoです。先日ケムステスタッフの方が気になる関連論文を紹介されていましたので書くこととしまし…

富士フイルム和光純薬がケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

ケムステVシンポとともにケムステオンライン講演会の両輪をなすケムステVプレミアクチャー(Vプレレク)…

ホウ素でがんをやっつける!

「ホウ素」と言ったときに皆さんは何を思い浮かべますか?鈴木宮浦カップリング、ルイス酸(BF3…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP