[スポンサーリンク]


2012年 12月 06日

  1. 製薬業界の研究開発費、増加へ

    Inventing a new drug costs an enormous amount of money. It’s part of the reason why the pharma industry is strug…

  2. 自由の世界へようこそ

    最近の有機合成のトレンドの一つに既存の反応で当たり前のように用いられてきた試薬や条件を用いることなく…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 日本化学会がプロモーションムービーをつくった:ATP交流会で初公開
  2. 抗酸化能セミナー 主催:同仁化学研究所
  3. 塩基の代わりに酸を使うクロスカップリング反応:X線吸収分光が解き明かすルイス酸の役割
  4. 海洋生物の接着メカニズムにヒントを得て超強力な水中接着剤を開発
  5. 第62回「分子設計ペプチドで生命機能を制御する!!」―松浦和則 教授
  6. 大型期待の認知症薬「承認申請数年遅れる」 第一製薬
  7. メンデレーエフスカヤ駅

注目情報

最新記事

マリンス有機化学(上)-学び手の視点から-

概要親しみやすい会話形式を用いた現代的な教育スタイルで有機化学の重要概念を学べる標準教科書.…

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

<求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

PAGE TOP