[スポンサーリンク]


2013年 6月 11日

  1. ジルコノセン触媒による第一級アミドとアミンのトランスアミド化反応

    (さらに…)…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 嫌気性コリン代謝阻害剤の開発
  2. 食品安全、環境などの分析で中国機関と共同研究 堀場製
  3. カメレオン変色のひみつ 最新の研究より
  4. 単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発
  5. 新世代鎮痛剤の販売継続を 米政府諮問委が勧告
  6. サイエンスアゴラ2014総括
  7. 第一三共/イナビルをインフルエンザ予防申請

注目情報

最新記事

SNS予想で盛り上がれ!2022年ノーベル化学賞は誰の手に?

さてことしも9月半ば、ノーベル賞シーズンが到来します!化学賞は日本時間 10月5日(水) 18時45…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける予測モデルの解釈性を上げるには?

開催日:2022/09/28 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2022」を発表!

ノーベル賞発表時期が近づき、例年同様、クラリベイト・アナリティクス社から2022年の引用栄誉賞が発表…

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R4

開講期間令和4(2022)年  9月28日(水)、29日(木)(計2日間)募集人員15名…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2022年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

PAGE TOP