[スポンサーリンク]


2013年 6月 11日

  1. ジルコノセン触媒による第一級アミドとアミンのトランスアミド化反応

    (さらに…)…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. トムソン:2005年ノーベル賞の有力候補者を発表
  2. 人と人との「結合」を「活性化」する
  3. アマドリ転位 Amadori Rearrangement
  4. コーリー・フックス アルキン合成 Corey-Fuchs Alkyne Synthesis
  5. スナップ試薬 SnAP Reagent
  6. 投票!2014年ノーベル化学賞は誰の手に??
  7. ブライアン・ストルツ Brian M. Stoltz

注目情報

最新記事

可視光全域を利用できるレドックス光増感剤

東京工業大学 理学院 化学系の玉置悠祐助教、入倉茉里大学院生および石谷治教授は、新たに合成したオスミ…

【ジーシー】新卒採用情報(2023卒)

弊社の社是「施無畏」は、「相手の身になって行動する」といった意味があります。これを具現化することで存…

有機合成のための新触媒反応101

(さらに…)…

化学者のためのエレクトロニクス講座~電解ニッケルめっき編~

この化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLEDなど、エレク…

その病気、市販薬で治せます

(さらに…)…

PAGE TOP