[スポンサーリンク]

archives

ジルコノセン触媒による第一級アミドとアミンのトランスアミド化反応

Z0007.gif


Williamsらは,ジルコノセン触媒を用いる第一級アミドとアミンのトランスアミド化反応により,対応するアミドを合成しています。従来の直接トランスアミド化は高温条件や多量の触媒を用いる必要がありましたが,本報告では5 mol%のジルコノセンジクロリド (Cp2ZrCl2) を触媒として用いることで,シクロヘキサン中30~100 ℃,5~24時間という温和な条件下で反応が進行しています。さらに,カルバミン酸エチルと一級アミンの反応では,対応する一置換尿素が得られています。トランスアミド化反応では,同位体標識化実験により,ジルコニウムアミドを経由する反応メカニズムを提示しています。

B. N. Atkinson, A. R. Chhatwal, H. V. Lomax, J. W. Walton, J. M. J. Williams, Chem. Commun. 2012, 48, 11626.

関連記事

  1. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際2【終了】
  2. スーパーブレンステッド酸
  3. リビングラジカル重合による高分子材料合成技術【終了】
  4. カルベン触媒によるα-ハロ-α,β-不飽和アルデヒドのエステル化…
  5. シランカップリング剤入門【終了】
  6. りん酸2-(メタクリロイルオキシ)エチル2-(トリメチルアンモニ…
  7. 不斉配位子
  8. 1,3-ジオールの不斉非対称化反応による光学活性オキサゾリン誘導…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 光触媒の力で多置換トリフルオロメチルアルケンを合成
  2. ベンゼン環を壊す“アレノフィル”
  3. アクリルアミド /acrylamide
  4. アメリカ化学留学 ”大まかな流れ 編”
  5. バイオタージ Isolera: フラッシュ自動精製装置がSPEED UP!
  6. 自由研究にいかが?1:ルミノール反応実験キット
  7. エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian
  8. 2005年11月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  9. sp3炭素のクロスカップリング反応の機構解明研究
  10. 水分子が見えた! ー原子間力顕微鏡を用いた水分子ネットワークの観察ー

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)

今年もあともう少しですね。私は中国の大学院で研究を行っている日本人です。このChem-Sta…

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP