[スポンサーリンク]

archives

ジルコノセン触媒による第一級アミドとアミンのトランスアミド化反応

Z0007.gif


Williamsらは,ジルコノセン触媒を用いる第一級アミドとアミンのトランスアミド化反応により,対応するアミドを合成しています。従来の直接トランスアミド化は高温条件や多量の触媒を用いる必要がありましたが,本報告では5 mol%のジルコノセンジクロリド (Cp2ZrCl2) を触媒として用いることで,シクロヘキサン中30~100 ℃,5~24時間という温和な条件下で反応が進行しています。さらに,カルバミン酸エチルと一級アミンの反応では,対応する一置換尿素が得られています。トランスアミド化反応では,同位体標識化実験により,ジルコニウムアミドを経由する反応メカニズムを提示しています。

B. N. Atkinson, A. R. Chhatwal, H. V. Lomax, J. W. Walton, J. M. J. Williams, Chem. Commun. 2012, 48, 11626.

関連記事

  1. 統合失調症治療の新しいターゲット分子候補−HDAC2
  2. ジブロモイソシアヌル酸:Dibromoisocyanuric A…
  3. ニュースタッフ参加
  4. 集光型太陽光発電システムの市場動向・技術動向【終了】
  5. アニオンUV硬化に有用な光塩基発生剤(PBG)
  6. ペンタフルオロスルファニル化合物
  7. 3成分開始剤系を用いたリビングラジカル重合
  8. 安全なジアゾメタン原料

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 共有結合性リガンドを有するタンパク質の網羅的探索法
  2. クリスティーナ・ホワイト M. Christina White
  3. サミュエル・ダニシェフスキー Samuel J. Danishefsky
  4. 第32回生体分子科学討論会 
  5. 浦野 泰照 Yasuteru Urano
  6. スマイルス転位 Smiles Rearrangement
  7. Wileyより2つのキャンペーン!ジャーナル無料進呈と書籍10%引き
  8. フェントン反応 Fenton Reaction
  9. ニホニウムグッズをAmazonでゲットだぜ!
  10. 化学者たちのエッセイ集【Part1】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP