[スポンサーリンク]

archives

ジルコノセン触媒による第一級アミドとアミンのトランスアミド化反応

Z0007.gif


Williamsらは,ジルコノセン触媒を用いる第一級アミドとアミンのトランスアミド化反応により,対応するアミドを合成しています。従来の直接トランスアミド化は高温条件や多量の触媒を用いる必要がありましたが,本報告では5 mol%のジルコノセンジクロリド (Cp2ZrCl2) を触媒として用いることで,シクロヘキサン中30~100 ℃,5~24時間という温和な条件下で反応が進行しています。さらに,カルバミン酸エチルと一級アミンの反応では,対応する一置換尿素が得られています。トランスアミド化反応では,同位体標識化実験により,ジルコニウムアミドを経由する反応メカニズムを提示しています。

B. N. Atkinson, A. R. Chhatwal, H. V. Lomax, J. W. Walton, J. M. J. Williams, Chem. Commun. 2012, 48, 11626.

関連記事

  1. イリジウム錯体:Iridium-complex
  2. Passerini反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニト…
  3. 酢酸鉄(II):Acetic Acid Iron(II) Sal…
  4. 水素化ほう素ナトリウム : Sodium Borohydride…
  5. TriBOT ~1分子が3倍活躍するベンジル化試薬~
  6. りん酸2-(メタクリロイルオキシ)エチル2-(トリメチルアンモニ…
  7. 固体高分子電解質の基礎、材料技術と実用化【終了】
  8. トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン : Tris(penta…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Macユーザーに朗報!ChemDrawとWordが相互貼付可能に!
  2. 日本国際賞―受賞化学者一覧
  3. ベンゼンスルホヒドロキサム酸を用いるアルデヒドとケトンの温和な条件下でのアセタール保護反応
  4. NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」
  5. Angewandte Chemieの新RSSフィード
  6. クラプコ脱炭酸 Krapcho Decarboxylation
  7. アーサー・L・ホーウィッチ Arthur L. Horwich
  8. 2011年イグノーベル賞決定!「わさび警報装置」
  9. いつ、どこで体内に 放射性物質に深まる謎
  10. トリフルオロメタンスルホン酸2-(トリメチルシリル)フェニル : 2-(Trimethylsilyl)phenyl Trifluoromethanesulfonate

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP