[スポンサーリンク]

archives

ジルコノセン触媒による第一級アミドとアミンのトランスアミド化反応

[スポンサーリンク]

Z0007.gif


Williamsらは,ジルコノセン触媒を用いる第一級アミドとアミンのトランスアミド化反応により,対応するアミドを合成しています。従来の直接トランスアミド化は高温条件や多量の触媒を用いる必要がありましたが,本報告では5 mol%のジルコノセンジクロリド (Cp2ZrCl2) を触媒として用いることで,シクロヘキサン中30~100 ℃,5~24時間という温和な条件下で反応が進行しています。さらに,カルバミン酸エチルと一級アミンの反応では,対応する一置換尿素が得られています。トランスアミド化反応では,同位体標識化実験により,ジルコニウムアミドを経由する反応メカニズムを提示しています。

B. N. Atkinson, A. R. Chhatwal, H. V. Lomax, J. W. Walton, J. M. J. Williams, Chem. Commun. 2012, 48, 11626.

関連記事

  1. 1-ブチル-3-メチルイミダゾリウムヘキサフルオロホスファート:…
  2. アクティブボロン酸~ヘテロ芳香環のクロスカップリングに~
  3. 1-メチル-1-[4-(ジフェニルホスフィノ)ベンジル]ピロリジ…
  4. ビス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(II)ジクロリド:Bi…
  5. カプサイシンβ-D-グルコピラノシド : Capsaicin b…
  6. 2,9-ジブチル-1,10-フェナントロリン:2,9-Dibut…
  7. 1,3-ジヨード-5,5-ジメチルヒダントイン:1,3-Diio…
  8. テトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(0) : Tet…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2005年3月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  2. 耐熱性生分解プラスチック開発 150度でも耐用 阪大
  3. ルーブ・ゴールドバーグ反応 その2
  4. ノーベル化学賞を受けた企業人たち
  5. REACH規則の最新動向と対応方法【終了】
  6. 還元的にアルケンを炭素官能基で修飾する
  7. イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発
  8. グラクソ、パーキンソン病治療薬「レキップ錠」を販売開始
  9. 生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発
  10. 科学系のLINEスタンプを使おう!!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

光触媒を用いるスピロ環合成法が創薬の未来を明るく照らす

可視光光触媒を用いたスピロ環骨格構築法が報告された。創薬分野においてsp3炭素豊富な骨格は、構造、活…

日本初の化学専用オープンコミュニティ、ケムステSlack始動!

もし日常的に、様々な分野の日本中の化学徒・研究者と、最先端の化学について自由闊達に議論を交わし合い、…

HACCP制度化と食品安全マネジメントシステムーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

農薬メーカの事業動向・戦略について調査結果を発表

 この程、TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、農薬…

書店で気づいたこと ~電気化学の棚の衰退?~

Tshozoです。少し短いですが以前から気になっていたので書いておきます。また少々電気化学系…

白い器を覆っている透明なガラスってなんだ?

白い器を覆っている"透明なガラス"が何から出来ているのか気になりませんか?今回は、皆さんがよく目にす…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP