[スポンサーリンク]


2013年 6月 21日

  1. 第27回 生命活動の鍵、細胞間の相互作用を解明する – Mary Cloninger教授

    第27回目はマリー・クロニンガー教授です。クロニンガー教授はモンタナ州立大学の化学−生化学科に在籍されており、主に多価タンパク質−炭水化物間相互作用に取り組まれ、糖鎖生物学や炭水化物合成の分野の研究をされています。ではインタビューをどうぞ。…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アンモニアの安全性あれこれ
  2. 有機化合物で情報を記録する未来は来るか
  3. 「日産化学」ってどんな会社?
  4. 武田や第一三共など大手医薬、特許切れ主力薬を「延命」
  5. 生物に打ち勝つ人工合成?アルカロイド骨格多様化合成法の開発
  6. 第34回 生物学と合成化学のハイブリッド高分子材料を開発する―Jeroen Cornelissen教授
  7. 電子のやり取りでアセンの分子構造を巧みに制御

注目情報

最新記事

第29回 ケムステVシンポ「論文を書こう!そして…」を開催します

コロナ禍による規制も少しずつ緩和されてきて、逆にオンライン会議が逆に少し恋しくなっている今日この頃か…

マテリアルズ・インフォマティクス活用検討・テーマ発掘の進め方 -社内促進でつまずやすいポイントや解決策を解説-

開催日:2022/08/24 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

高分子固体電解質をAIで自動設計

第406回のスポットライトリサーチは、早稲田大学 先進理工学部 応用化学科 小柳津・須賀研究室の畠山…

スクショの友 Snagit

スクリーンショット(スクショ)は、手軽に画像や図をコピーすることができ、資料作成などにおいて便利な機…

第28回Vシンポ「電子顕微鏡で分子を見る!」を開催します!

こんにちは、今回第28回Vシンポの運営&司会を務めさせていただくMacyです、よろしくお願い…

PAGE TOP