[スポンサーリンク]


2013年 6月 21日

  1. 第27回 生命活動の鍵、細胞間の相互作用を解明する – Mary Cloninger教授

    第27回目はマリー・クロニンガー教授です。クロニンガー教授はモンタナ州立大学の化学−生化学科に在籍されており、主に多価タンパク質−炭水化物間相互作用に取り組まれ、糖鎖生物学や炭水化物合成の分野の研究をされています。ではインタビューをどうぞ。…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 難攻不落の不斉ラジカルカチオン反応への挑戦
  2. ノーベル医学生理学賞、米の2氏に
  3. 第3のエネルギー伝達手段(MTT)により化学プラントのデザインを革新する
  4. プロドラッグの活性化をジグリシンが助ける
  5. スクラウプ キノリン合成 Skraup Quinoline Synthesis
  6. BASFとはどんな会社?-1
  7. だんだん柔らかくなるCOF!柔軟性の違いによる特性変化

注目情報

最新記事

産総研がすごい!〜修士卒研究職の新育成制度を開始〜

2023年より全研究領域で修士卒研究職の採用を開始した産業技術総合研究所(以下 産総研)ですが、20…

有機合成化学協会誌2024年4月号:ミロガバリン・クロロププケアナニン・メロテルペノイド・サリチル酸誘導体・光励起ホウ素アート錯体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年4月号がオンライン公開されています。…

日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました

3月28日から31日にかけて開催された,日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました.筆者自…

キシリトールのはなし

Tshozoです。 35年くらい前、ある食品メーカが「虫歯になりにくい成分」を使ったお菓子を…

2つの結合回転を熱と光によって操る、ベンズアミド構造の新たな性質を発見

 第 608回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院 生命科学院 生命科学専攻 生命医…

PAGE TOP