[スポンサーリンク]


2013年 10月 11日

  1. ダウ・ケミカル化学プラントで爆発死亡事故(米・マサチューセッツ)

    現地時間2013年10月9日水曜日の正午前、マサチューセッツ州ノースアンドーヴァーにあるダウケミカルのプラントにて爆発事故が発生、男性一人が負傷し、ただちにボストンの病院まで空路で搬送されたものの、その後亡くなったとのこ…

  2. NIMSフォーラム 「未来のエネルギーをつむぐ新材料・新物質、ここに集結!」

    以前、独立行政法人物質・材料研究機構NIMSの秀逸なホームページ「材料のチカラ」…

  3. ヘテロアレーンカルボニル化キナアルカロイド触媒を用いたアジリジンの亜リン酸によるエナンチオ選択的非対称化反応

    (さらに…)…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 炊きたてご飯の香り成分測定成功、米化学誌に発表 福井大学と福井県農業試験場
  2. ポンコツ博士の海外奮闘録⑩ 〜博士,中和する〜
  3. 有機色素の自己集合を利用したナノ粒子の配列
  4. 室温で液状のフラーレン
  5. 伯東、高機能高分子材料「デンドリマー」、製造期間10分の1に
  6. 藤沢晃治 「分かりやすい○○」の技術 シリーズ
  7. 超多剤耐性結核の新しい治療法が 米国政府の承認を取得

注目情報

最新記事

SNS予想で盛り上がれ!2022年ノーベル化学賞は誰の手に?

さてことしも9月半ば、ノーベル賞シーズンが到来します!化学賞は日本時間 10月5日(水) 18時45…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける予測モデルの解釈性を上げるには?

開催日:2022/09/28 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2022」を発表!

ノーベル賞発表時期が近づき、例年同様、クラリベイト・アナリティクス社から2022年の引用栄誉賞が発表…

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R4

開講期間令和4(2022)年  9月28日(水)、29日(木)(計2日間)募集人員15名…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2022年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

PAGE TOP