[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ダウ・ケミカル化学プラントで爆発死亡事故(米・マサチューセッツ)

 

現地時間2013年10月9日水曜日の正午前、マサチューセッツ州ノースアンドーヴァーにあるダウケミカルのプラントにて爆発事故が発生、男性一人が負傷し、ただちにボストンの病院まで空路で搬送されたものの、その後亡くなったとのこと。事故原因など詳しくは調査中。

http://northandover.patch.com/groups/police-and-fire/p/man-killed-in-chemical-plant-explosion

(North Andoverのローカルニュース)

このサイトでは暴露発火性の有機金属化合物を扱っているとのことです。今年、ダウ・ラボ・セーフティー・アカデミーを開設し、大学と連携して安全教育に改革のメスを入れたダウケミカルですが、残念な事故となりました。やはり安全には注意をしてもし過ぎることはないということですね。

  1. 初めて扱う化合物、安全性、反応性は?(扱ったことのある人に聞く、MSDSを見る)
  2. 初めて扱うガラス器具、行う実験操作 → やりながら考えるのではなく、先に誰かに尋ねる
  3. 使わない試薬や溶媒はこまめに片付ける
  4. 消火器の種類と場所を定期的に確認。回りにモノが置かれていて、いざというときにすぐ取り出せないなんて駄目。
  5. 特に危険を伴う試薬を扱うときは、周囲に一声掛ける

まだまだありますが、上に挙げた5つの事柄だけでもいかがですか。春から研究室に配属されたメンバーも研究室生活に慣れてきたころだと思います、が、くれぐれも事故の無い様にしましょう。

 

  • 外部リンク

ダウ・ラボ・セーフティー・アカデミー

The following two tabs change content below.
せきとも

せきとも

他人のお金で海外旅行もとい留学を重ね、現在カナダの某五大湖畔で院生。かつては専ら有機化学がテーマであったが、現在は有機無機ハイブリッドのシリカ材料を扱いつつ、高分子化学に

関連記事

  1. 危険物取扱者試験の乙種全類 磐田農高生6人が合格
  2. 富士写、化学材料を事業化
  3. Arena/エーザイ 抗肥満薬ロルカセリンがFDA承認取得
  4. マレーシア警察:神経剤VX検出で、正男氏は化学兵器による毒殺と判…
  5. 総合化学大手5社、4-12月期の経常益大幅増
  6. 希少金属
  7. 三和化学と住友製薬、糖尿病食後過血糖改善剤「ミグリトール」の共同…
  8. ナタデココ、次世代の薄型ディスプレー基板に活用

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Google日本語入力の専門用語サジェストが凄すぎる件:化学編
  2. フッ素をホウ素に変換する触媒 :簡便なPETプローブ合成への応用
  3. カスケード反応 Cascade Reaction
  4. モリブデン触媒
  5. BO triple bond
  6. ローランド・フィッシャー Roland A. Fischer
  7. ダルツェンス縮合反応 Darzens Condensation
  8. 植物性油の再加熱によって毒物が発生
  9. 一流ジャーナルから学ぶ科学英語論文の書き方
  10. キャロライン・ベルトッツィ Carolyne R. Bertozzi

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP