[スポンサーリンク]

会告

NIMSフォーラム 「未来のエネルギーをつむぐ新材料・新物質、ここに集結!」

 

以前、独立行政法人物質・材料研究機構NIMSの秀逸なホームページ「材料のチカラ」を紹介させていただきました。

そのNIMSが最先端技術を公開する第13回NIMSフォーラム10月24日に行うそうです!

 

第13回 NIMSフォーラム

「未来のエネルギーをつむぐ新材料・新物質、ここに集結!」

概要
・日 時:平成25年10月24日(木)10:00-17:40(9:30開場)
・場 所:東京国際フォーラム ホールB7
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-5-1(JR有楽町駅下車1分)
・入場料:無料
・主 催:(独)物質・材料研究機構

材料研究の最新動向がわかるNIMSフォーラム。
詳細と参加受付はこちらにお願いいたします。

 

今回の講演・展示内容、みどころ

今回は、新しいエネルギー開発を支える数々の新材料を中心に、招待講演2件を交えてNIMSの最新成果について紹介いたします。

・ジスプロシウムフリー高保j磁力ネオジム磁石の開発
・リチウム空気二次電池の現状と展望
・NIMS開発の最新熱電材料
・発電プラントの効率向上&長寿命化を目指すNIMS の耐環境構造材料

ポスター講演では、その他NIMSの全研究分野から選出した先端材料研究について紹介いたします。

 

オーラルセッション

■部門概要説明 □環境・エネルギー材料部門、□ナノスケール材料部門
□先端的共通技術部門紹介 、□元素戦略材料センター紹介
□中核機能部門紹介
□ 特別講演1「クリーンで経済的なエネルギーの実現」 大野 真紀子氏
□ 特別講演2「高効率火力発電の動向と材料の重要性」 金子 祥三氏
□ 特別講演関連トピックス

 

ポスターセッション

□ エネルギー(創出・ストレージ・構造材料)分野
□ 超伝導、磁性・誘電体材料、半導体、光材料分野
□ 構造材料(材料技術・評価技術)分野
□ 環境・医療・ライフ、表面・界面、分析技術分野
□ 事業概要紹介(研究拠点・センター事業、ステーション・共用施設)分野
□ ポスドクYoung Scientists コーナー
□ 研究成果ミニ講演

 

「第13回 NIMSフォーラム」に関するお問合せ先

[ NIMSフォーラム事務局 ] E-mail:nimsforum@nims.go.jp
電 話:029-859-2026、FAX:029-859-2017
〒305-0047 茨城県つくば市千現 1-2-1

当日3回設けられているポスターコアタイムでは、研究内容について、来場者の皆様が研究者と直接お話しいただくことが可能だそうです。また、今年はNIMS外からのゲスト講演もあり、火力発電の高効率化を主なトピックの1つとして、未来のエネルギー問題解決に寄与する材料研究の数々をご紹介。参加は無料です

来場希望の読者様はWEBサイトからの事前登録が必要となります。ぜひ興味の有る方はご参加を!

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 核酸医薬の物語2「アンチセンス核酸とRNA干渉薬」
  2. リンダウ会議に行ってきた④
  3. 気になるあの会社~東京エレクトロン~
  4. キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-…
  5. ケミカル数独
  6. 細胞の中を旅する小分子|第二回
  7. 音声入力でケムステ記事を書いてみた
  8. もっとも単純な触媒「プロリン」

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学者がコンピューター計算を行うべきか?
  2. 前人未踏の超分子構造体を「数学のチカラ」で見つけ出す
  3. 軸不斉のRとS
  4. NHC (Bode触媒2) と酸共触媒を用いるα,β-不飽和アルデヒドとカルコンの[4+2]環化反応
  5. ケージド化合物 caged compound
  6. パテントクリフの打撃顕著に:2012製薬業績
  7. FAMSO
  8. トリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I) クロリド:Tris(triphenylphosphine)rhodium(I) Chloride
  9. 化学小説まとめ
  10. 染色体分裂で活躍するタンパク質“コンデンシン”の正体は分子モーターだった!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

PAGE TOP