[スポンサーリンク]

会告

NIMSフォーラム 「未来のエネルギーをつむぐ新材料・新物質、ここに集結!」

 

以前、独立行政法人物質・材料研究機構NIMSの秀逸なホームページ「材料のチカラ」を紹介させていただきました。

そのNIMSが最先端技術を公開する第13回NIMSフォーラム10月24日に行うそうです!

 

第13回 NIMSフォーラム

「未来のエネルギーをつむぐ新材料・新物質、ここに集結!」

概要
・日 時:平成25年10月24日(木)10:00-17:40(9:30開場)
・場 所:東京国際フォーラム ホールB7
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-5-1(JR有楽町駅下車1分)
・入場料:無料
・主 催:(独)物質・材料研究機構

材料研究の最新動向がわかるNIMSフォーラム。
詳細と参加受付はこちらにお願いいたします。

 

今回の講演・展示内容、みどころ

今回は、新しいエネルギー開発を支える数々の新材料を中心に、招待講演2件を交えてNIMSの最新成果について紹介いたします。

・ジスプロシウムフリー高保j磁力ネオジム磁石の開発
・リチウム空気二次電池の現状と展望
・NIMS開発の最新熱電材料
・発電プラントの効率向上&長寿命化を目指すNIMS の耐環境構造材料

ポスター講演では、その他NIMSの全研究分野から選出した先端材料研究について紹介いたします。

 

オーラルセッション

■部門概要説明 □環境・エネルギー材料部門、□ナノスケール材料部門
□先端的共通技術部門紹介 、□元素戦略材料センター紹介
□中核機能部門紹介
□ 特別講演1「クリーンで経済的なエネルギーの実現」 大野 真紀子氏
□ 特別講演2「高効率火力発電の動向と材料の重要性」 金子 祥三氏
□ 特別講演関連トピックス

 

ポスターセッション

□ エネルギー(創出・ストレージ・構造材料)分野
□ 超伝導、磁性・誘電体材料、半導体、光材料分野
□ 構造材料(材料技術・評価技術)分野
□ 環境・医療・ライフ、表面・界面、分析技術分野
□ 事業概要紹介(研究拠点・センター事業、ステーション・共用施設)分野
□ ポスドクYoung Scientists コーナー
□ 研究成果ミニ講演

 

「第13回 NIMSフォーラム」に関するお問合せ先

[ NIMSフォーラム事務局 ] E-mail:nimsforum@nims.go.jp
電 話:029-859-2026、FAX:029-859-2017
〒305-0047 茨城県つくば市千現 1-2-1

当日3回設けられているポスターコアタイムでは、研究内容について、来場者の皆様が研究者と直接お話しいただくことが可能だそうです。また、今年はNIMS外からのゲスト講演もあり、火力発電の高効率化を主なトピックの1つとして、未来のエネルギー問題解決に寄与する材料研究の数々をご紹介。参加は無料です

来場希望の読者様はWEBサイトからの事前登録が必要となります。ぜひ興味の有る方はご参加を!

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. イスラエルの化学ってどうよ?
  2. 思わぬ伏兵・豚インフルエンザ
  3. 海底にレアアース資源!ランタノイドは太平洋の夢を見るか
  4. フラーレン:発見から30年
  5. サイエンスアゴラの魅力-食用昆虫科学研究会・「蟲ソムリエ」中の人…
  6. 今年は共有結合100周年ールイスの構造式の物語
  7. 2015年化学生物総合管理学会春季討論集会
  8. 第4回CSJ化学フェスタに参加してきました!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. エーザイ 抗がん剤「ハラヴェンR」日米欧で承認取得 
  2. グラフェン技術の最先端 ~量産技術と使いやすさの向上、今後の利用展開~
  3. M.G.フィン M. G. Finn
  4. トップデザイン変更
  5. 韓国チームがiPS細胞の作製効率高める化合物を発見
  6. 米ファイザーの第2・四半期は特別利益で純利益が増加、売上高は+1%
  7. ポリメラーゼ連鎖反応 polymerase chain reaction
  8. サムライ化学者高峰譲吉「さくら、さくら」劇場鑑賞券プレゼント!
  9. パラジウムが要らない鈴木カップリング反応!?
  10. Passerini反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボン酸・アミン(

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP