[スポンサーリンク]


2013年 11月 15日

  1. アスタキサンチン (astaxanthin)

    アスタキサンチンは節足動物に含まれる色素分子。エビやカニなどの甲殻類を茹でると赤くなる現象は、この色素のため。サケやフラミンゴの色は、餌として摂取した甲殻類のアスタキサンチンに由来します。

スポンサー

ピックアップ記事

  1. フォン・リヒター反応 von Richter Reaction
  2. 第11回 有機エレクトロニクス、分子からデバイスまで – John Anthony教授
  3. 有機合成化学の豆知識botを作ってみた
  4. フリーラジカルの祖は一体誰か?
  5. 超音波有機合成 Sonication in Organic Synthesis
  6. 近赤外光を吸収する有機分子集合体の発見
  7. アメリカ大学院留学:研究者キャリアとライフイベント

注目情報

最新記事

高分子固体電解質をAIで自動設計

第XXX回のスポットライトリサーチは、早稲田大学 先進理工学部 応用化学科 小柳津・須賀研究室の畠山…

スクショの友 Snagit

スクリーンショット(スクショ)は、手軽に画像や図をコピーすることができ、資料作成などにおいて便利な機…

第28回Vシンポ「電子顕微鏡で分子を見る!」を開催します!

こんにちは、今回第28回Vシンポの運営&司会を務めさせていただくMacyです、よろしくお願い…

量子アルゴリズム国際ハッカソンQPARC Challengeで、で京都大学の学生チームが優勝!!

そこかしこで「量子コンピュータ」という言葉を聞くようになった昨今ですが、実際に何がどこまでできるのか…

Nature主催の動画コンペ「Science in Shorts」に応募してみました

以前のケムステ記事で、Springer Nature社が独・メルク社と共同で、動画コンペ「Scien…

PAGE TOP