[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ヒュー・デーヴィス Huw M. L. Davies

[スポンサーリンク]

ヒュー・M・L・デーヴィス(Huw M. L. Davies、19xx年x月xx日(Aberystwyth, Wales, イギリス生)-)は、アメリカの有機化学者である。エモリー大学教授 (画像:The Davies Group)。

経歴

19xx Cardiff大学 卒業
19xx East Anglia大学 博士号取得
19xx Princeton大学 博士研究員
19xx Wake Forest大学 着任
2008 Emory大学 Asa Griggs Candler Professor of Organic Chemistry
<兼任>
Director of the NSF Phase II Center for Selective C-H Functionalization

受賞歴

2005 ACS Cope Scholar Award

研究概要

光学活性ロジウムカルベノイド触媒を用いる選択的C-H官能基化反応の開発

不斉C-H官能基化反応、特にロジウムカルベノイド触媒種を複雑化合物合成へと用いることを目指した研究を行なっている。

最近では触媒チューニングによってより達成困難な位置選択的C-H官能基化反応を達成するに至っている[1,2]。

関連動画

関連論文

  1. Liao, K.; Negretti, S.; Musaev, D. G.; Bacsa, J.; Davies, H. M. L. Nature 2016, 533, 230. doi:10.1038/nature17651
  2. Liao, K.; Pickel, T. C.; Boyarskikh, V.; Becsa, J.; Musav, D. G.; Davies, H. M. L. Nature 2017, 551, 609–613. doi:10.1038/nature24641

ケムステ関連記事

外部リンク

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 上田 実 Minoru Ueda
  2. 岸 義人 Yoshito Kishi
  3. イリヤ・プリゴジン Ilya Prigogine
  4. Qi-Lin Zhou 周其林
  5. スティーブン・ヴァン・スライク Steven Van Slyke…
  6. 加藤 昌子 Kato Masako
  7. 井上 将行 Masayuki Inoue
  8. マックス・プランク Max Planck

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ロッセン転位 Lossen Rearrangement
  2. 化学ベンチャーが食品/医薬/化粧品業界向けに温度検知ゲル「Thermo Tracker(サーモトラッカー)」を開発
  3. 大正製薬、女性用の発毛剤「リアップレディ」を来月発売
  4. リサーチ・アドミニストレーター (URA) という職業を知っていますか?
  5. 芳香族求核置換反応で18Fを導入する
  6. 宮坂 力 Tsutomu Miyasaka
  7. フッ素ドープ酸化スズ (FTO)
  8. iPhone7は世界最強の酸に耐性があることが判明?
  9. リピトール /Lipitor (Atorvastatin)
  10. NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2018年11月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目情報

最新記事

【6/26・27開催ウェビナー】バイオ分野の分析評価・試験~粒子径測定と吸入製剤試験の新技術~(三洋貿易株式会社)

1.ウェビナー概要2024年6月26日・27日の2日間で開催される三洋貿易ウェビ…

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

ノーベル化学賞受賞者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」参加者募集中!

ドイツの保養地リンダウで毎年1週間程度の日程で開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Linda…

ゴードン会議に参加しました【アメリカで Ph.D. を取る: 国際学会の巻】

Gordon Research Conference (GRC, ゴードン研究会議) は、科学の様々…

ノーベル賞受賞者と語り合おう!「第16回HOPEミーティング」参加者募集!

今年もHOPEミーティング の参加者募集の時期がやって来ました。HOPEミーティングは、アジア・…

有機合成化学協会誌2024年6月号:四塩化チタン・選択的フッ素化・環境調和型反応・インデン・インダセン・環状ペプチド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年6月号がオンライン公開されています。…

【6月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 題目:有機金属化合物 オルガチックスを用いた架橋剤としての利用(溶剤系)

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-

開催日:2024/06/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

N-オキシドの性質と創薬における活用

N-オキシドは一部の天然物に含まれ、食品・医薬品などの代謝物にも見られるほか、医…

未来を切り拓く創薬DX:多角的な視点から探る最新トレンド

申込みはこちら次世代の創薬研究をリードするために、デジタルトランスフォーメーション(DX…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP