[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ヒュー・デーヴィス Huw M. L. Davies

ヒュー・M・L・デーヴィス(Huw M. L. Davies、19xx年x月xx日(Aberystwyth, Wales, イギリス生)-)は、アメリカの有機化学者である。エモリー大学教授 (画像:The Davies Group)。

経歴

19xx Cardiff大学 卒業
19xx East Anglia大学 博士号取得
19xx Princeton大学 博士研究員
19xx Wake Forest大学 着任
2008 Emory大学 Asa Griggs Candler Professor of Organic Chemistry
<兼任>
Director of the NSF Phase II Center for Selective C-H Functionalization

受賞歴

2005 ACS Cope Scholar Award

研究概要

光学活性ロジウムカルベノイド触媒を用いる選択的C-H官能基化反応の開発

不斉C-H官能基化反応、特にロジウムカルベノイド触媒種を複雑化合物合成へと用いることを目指した研究を行なっている。

最近では触媒チューニングによってより達成困難な位置選択的C-H官能基化反応を達成するに至っている[1,2]。

関連動画

関連論文

  1. Liao, K.; Negretti, S.; Musaev, D. G.; Bacsa, J.; Davies, H. M. L. Nature 2016, 533, 230. doi:10.1038/nature17651
  2. Liao, K.; Pickel, T. C.; Boyarskikh, V.; Becsa, J.; Musav, D. G.; Davies, H. M. L. Nature 2017, 551, 609–613. doi:10.1038/nature24641

ケムステ関連記事

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. トーマス・ホイ Thomas R. Hoye
  2. 山元公寿 Kimihisa Yamamoto
  3. 大村 智 Satoshi Omura
  4. ニール・K・ガーグ Neil K. Garg
  5. 吉田潤一 Jun-ichi Yoshida
  6. フェルナンド・アルベリシオ Fernando Albericio…
  7. 原田 明 Akira Harada
  8. トマス・リンダール Tomas R. Lindahl

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 05年:石油化学は好調、化工全体では利益縮小
  2. 高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「V-10 Touch」
  3. 光照射下に繰り返し運動をおこなう分子集合体
  4. ペタシス試薬 Petasis Reagent
  5. F. S. Kipping賞―受賞者一覧
  6. 過ぎ去りし器具への鎮魂歌
  7. 研究室での英語【Part 2】
  8. エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について
  9. 【書籍】『これから論文を書く若者のために』
  10. Angewandte Chemieの新RSSフィード

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

日本薬学会第139年会 付設展示会ケムステキャンペーン

日本化学会年会では毎年恒例の付設展示会ケムステキャンペーンを行いました。さて、本日から日本薬…

論文・学会発表に役立つ! 研究者のためのIllustrator素材集: 素材アレンジで描画とデザインをマスターしよう!

概要Adobe Illustratorを用いたイラスト作成の入門書。すぐに使えるイラスト素材…

シアノヒドリンをカルボン酸アミドで触媒的に水和する

第189回目のスポットライトリサーチは、神田 智哉(かんだ ともや)さんにお願いしました。神…

チオカルバマートを用いたCOSのケミカルバイオロジー

チオカルバマート型硫化水素ドナー分子を用いた硫化カルボニル(COS)の生理学的機能の研究が行われた。…

触媒的不斉交差ピナコールカップリングの開発

第188回目のスポットライトリサーチは、竹田 光孝(たけだ みつたか)さんにお願いしました。…

研究者のためのCG作成術④(レンダリング編)

Naphtです。研究者のためのCG作成術①、②、③に続き、研究者向けのCGの作り方について紹介しよう…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP