[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ヒュー・デーヴィス Huw M. L. Davies

[スポンサーリンク]

ヒュー・M・L・デーヴィス(Huw M. L. Davies、19xx年x月xx日(Aberystwyth, Wales, イギリス生)-)は、アメリカの有機化学者である。エモリー大学教授 (画像:The Davies Group)。

経歴

19xx Cardiff大学 卒業
19xx East Anglia大学 博士号取得
19xx Princeton大学 博士研究員
19xx Wake Forest大学 着任
2008 Emory大学 Asa Griggs Candler Professor of Organic Chemistry
<兼任>
Director of the NSF Phase II Center for Selective C-H Functionalization

受賞歴

2005 ACS Cope Scholar Award

研究概要

光学活性ロジウムカルベノイド触媒を用いる選択的C-H官能基化反応の開発

不斉C-H官能基化反応、特にロジウムカルベノイド触媒種を複雑化合物合成へと用いることを目指した研究を行なっている。

最近では触媒チューニングによってより達成困難な位置選択的C-H官能基化反応を達成するに至っている[1,2]。

関連動画

関連論文

  1. Liao, K.; Negretti, S.; Musaev, D. G.; Bacsa, J.; Davies, H. M. L. Nature 2016, 533, 230. doi:10.1038/nature17651
  2. Liao, K.; Pickel, T. C.; Boyarskikh, V.; Becsa, J.; Musav, D. G.; Davies, H. M. L. Nature 2017, 551, 609–613. doi:10.1038/nature24641

ケムステ関連記事

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. アミール・ホベイダ Amir H. Hoveyda
  2. ジョン・トーソン Jon S. Thorson
  3. 野崎 一 Hitoshi Nozaki
  4. エリック・メガース Eric Meggers
  5. Louis A. Carpino ルイス・カルピノ
  6. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada
  7. 黒田チカ Chika Kuroda
  8. 田中耕一 Koichi Tanaka

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 文献検索サイトをもっと便利に:X-MOLをレビュー
  2. ウォーレン有機合成: 逆合成からのアプローチ
  3. ハロホルム反応 Haloform Reaction
  4. アミジルラジカルで遠隔位C(sp3)-H結合を切断する
  5. 個性あるTOCその③
  6. プラスチック類の選別のはなし
  7. ちょっと変わったイオン液体
  8. コンプラナジンAの全合成
  9. 求核的フルオロアルキル化 Nucleophilic Fluoroalkylation
  10. 第14回 有機合成「力」でケミカルバイオロジーへ斬り込む - Joe Sweeney教授

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

金ナノクラスター表面の自己組織化単分子膜を利用したテトラセンの高効率一重項分裂とエネルギー変換機能

第231回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学 羽曾部研究室 で専任講師を務められている酒井 隼…

ケミカルバイオロジーがもたらす創薬イノベーション ~ グローバルヘルスに貢献する天然物化学の新潮流 ~

お申込み・詳細はこちら開催日時2019年12月10日(火)13:00~17:30(開場 …

微小な前立腺がんを迅速・高感度に蛍光検出する

第231回のスポットライトリサーチは、河谷稔さんにお願い致しました。河谷さんが研究を実施され…

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP