[スポンサーリンク]

天然物

アスタキサンチン (astaxanthin)

アスタキサンチンは、節足動物に含まれる色素分子。エビやカニなどの甲殻類を茹でると赤くなる現象は、この色素のため。サケフラミンゴの色は、餌として摂取した甲殻類のアスタキサンチンに由来します。

 

詳細

節足動物のアスタキサンチンは、通常、クラスタシアニンと呼ばれるタンパク質に結合しており、この状態では暗い青色をしています。この現象は精製したタンパク質でも確かめられており、赤色から青色に変わるためには、タンパク質中の水分子の介在が必要です[1]。節足動物のアスタキサンチンは、茹でることでクラスタシアニンから脱離します。赤への変色は、甲殻類はもちろん、多くの昆虫類でも観察されます。甲殻類を食べて育ったサケは、クラスタシアニンがないため、生の切り身でも赤色です。

 

アスタキサンチンの分子モデル

GREEN2013astmovie.gif

参考論文

[1] “The molecular basis of the coloration mechanism in lobster shell: Beta-Crustacyanin at 3.2-A resolution.”?Ciaanci M et al. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 2002?DOI: 10.1073/pnas.152088999

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
Green

Green

静岡で化学を教えています。よろしくお願いします。
Green

最新記事 by Green (全て見る)

関連記事

  1. イレッサ /iressa (gefitinib)
  2. チエナマイシン /thienamycin
  3. シコニン
  4. テトラメチルアンモニウム (tetramethylammoniu…
  5. オリンピセン (olympicene)
  6. ヒストリオニコトキシン histrionicotoxin
  7. サリチル酸 (salicylic acid)
  8. 2,5-ジ-(N-(­­­­–)-プロイル)-パラ-ベンゾキノン…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ヒノキチオール (hinokitiol)
  2. レーン 超分子化学
  3. 翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表
  4. ハウザー・クラウス環形成反応 Hauser-Kraus Annulation
  5. 硫酸エステルの合成 Synthesis of Organosulfate
  6. 日本コンピュータ化学会2005秋季年会
  7. 「人工タンパク質ケージを操る」スイス連邦工科大学チューリヒ校・Hilvert研より
  8. 緑色蛍光タンパク質を真似してRNAを光らせる
  9. カーボンナノチューブの分散とその応用【終了】
  10. 2016年8月の注目化学書籍

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

嫌気性コリン代謝阻害剤の開発

嫌気性コリン代謝を選択的に阻害する小分子が開発された。これは、嫌気性微生物の代謝による疾患のメカニズ…

ケムステイブニングミキサー2019ー報告

3月16日から19日の日本化学会第99春季年会に参加されたみなさま、おつかれさまでした!甲南大学…

モリブデンのチカラでニトロ化合物から二級アミンをつくる

川上原料のニトロアレーンとアリールボロン酸を用いた二級アミン合成法が報告された。空気下で安定なモリブ…

化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発

化学変化を加えると覚醒剤に加工できる指定薬物を密輸しようとしたなどとして、東京税関成田支署と成田空港…

ニコラス-ターナー Nicholas Turner

ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

博士課程に進学したあなたへ

どういった心構えで研究生活を送るべきかについて、昨年ですが面白い記事がNatureに出ていたので、紹…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP