[スポンサーリンク]

archives

Pubmed, ACS検索

[スポンサーリンク]

PubmedACS(アメリカ化学会)で発行されているジャーナルを検索できる検索窓をジャーナルチャンネル

に設置しました。是非ご利用ください。

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ケムステ新コンテンツ「化学地球儀」
  2. 二酸化炭素の工業用有機材料への利用とその作製技術
  3. 安全なジアゾメタン原料
  4. テトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(0) : Tet…
  5. Shvo触媒 : Shvo’s Catalyst
  6. 酢酸鉄(II):Acetic Acid Iron(II) Sal…
  7. 第2回エクソソーム学術セミナー 主催:同仁化学研究所
  8. エナンチオ選択的付加反応による光学活性ピペリジン誘導体の合成

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学者にお勧めのノートPC
  2. 第68回―「医療応用を志向したスマート高分子材料の開発」Cameron Alexander教授
  3. 信越化学1四半期決算…自動車や電気向け好調で増収増益
  4. 頻尿・尿失禁治療薬「ベシケア」を米国で発売 山之内製薬
  5. シュミット転位 Schmidt Rearrangement
  6. シリカゲルはメタノールに溶けるのか?
  7. 不斉ディールス・アルダー反応 Asymmetric Diels-Alder Reaction
  8. TriBOT ~1分子が3倍活躍するベンジル化試薬~
  9. ニュースの理由・武田、米で6年ぶり大型新薬
  10. アメリカ企業研究員の生活①:1日の仕事の流れ

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2009年2月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728  

注目情報

最新記事

実験条件検討・最適化特化サービス miHubのメジャーアップデートのご紹介 -実験点検討と試行錯誤プラットフォーム-

開催日:2023/12/13 申し込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の…

カルボン酸β位のC–Hをベターに臭素化できる配位子さん!

カルボン酸のb位C(sp3)–H結合を直接臭素化できるイソキノリン配位子が開発された。イソキノリンに…

【12月開催】第十四回 マツモトファインケミカル技術セミナー   有機金属化合物 オルガチックスの性状、反応性とその用途

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

保護基の使用を最小限に抑えたペプチド伸長反応の開発

第584回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 薬学系研究科 有機合成化学教室(金井研究室)の…

【ナード研究所】新卒採用情報(2025年卒)

NARDでの業務は、「研究すること」。入社から、30代・40代・50代……

書類選考は3分で決まる!面接に進める人、進めない人

人事担当者は面接に進む人、進まない人をどう判断しているのか?転職活動中の方から、…

期待度⭘!サンドイッチ化合物の新顔「シクロセン」

π共役系配位子と金属が交互に配位しながら環を形成したサンドイッチ化合物の合成が達成された。嵩高い置換…

塩基が肝!シクロヘキセンのcis-1,3-カルボホウ素化反応

ニッケル触媒を用いたシクロヘキセンの位置および立体選択的なカルボホウ素化反応が開発された。用いる塩基…

中国へ行ってきました 西安・上海・北京編①

2015年(もう8年前ですね)、中国に講演旅行に行った際に記事を書きました(実は途中で断念し最後まで…

アゾ重合開始剤の特徴と選び方

ラジカル重合はビニルモノマーなどの重合に用いられる方法で、開始反応、成長反応、停止反応を素反応とする…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP