[スポンサーリンク]

archives

Pubmed, ACS検索

PubmedACS(アメリカ化学会)で発行されているジャーナルを検索できる検索窓をジャーナルチャンネル

に設置しました。是非ご利用ください。
The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. (+)-MTPA-Cl
  2. 1-(3-ジメチルアミノプロピル)-3-エチルカルボジイミド :…
  3. 高分子学会年次大会 「合成するぞ!」Tシャツキャンペーン
  4. 4-tert-ブチル-2,6-ジメチルフェニルサルファートリフル…
  5. 米国、カナダにおけるシェール・ガスによるLNGプロジェクトの事業…
  6. シランカップリング剤の反応、効果と応用【終了】
  7. リチウム二次電池における次世代電極材料の開発【終了】
  8. ヘテロカンシラノール

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(2年目)
  2. 化学エンターテイメント小説第3弾!『ラブ・リプレイ』
  3. MOFはイオンのふるい~リチウム-硫黄電池への応用事例~
  4. 実現思いワクワク 夢語る日本の化学者
  5. 私がケムステスタッフになったワケ(3)
  6. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」②
  7. トロスト酸化 Trost Oxidation
  8. 高収率・高選択性―信頼性の限界はどこにある?
  9. クリストファー・チャン Christopher J. Chang
  10. チャイタン・コシュラ Chaitan Khosla

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP