[スポンサーリンク]

archives

Pubmed, ACS検索

[スポンサーリンク]

PubmedACS(アメリカ化学会)で発行されているジャーナルを検索できる検索窓をジャーナルチャンネル

に設置しました。是非ご利用ください。
webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. スルホニルフルオリド
  2. エチルマグネシウムクロリド(活性化剤:塩化亜鉛):Ethylma…
  3. ジルコノセン触媒による第一級アミドとアミンのトランスアミド化反応…
  4. (S,S)-DACH-phenyl Trost ligand
  5. 3-メチル-1-フェニル-2-ホスホレン1-オキシド:3-Met…
  6. ヘテロアレーンカルボニル化キナアルカロイド触媒を用いたアジリジン…
  7. リチウムイオン電池の正極・負極≪活物質技術≫徹底解説セミナー
  8. スーパーブレンステッド酸

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 飽和C–H結合を直接脱離基に変える方法
  2. カチオン性三核Pd触媒でC–I結合選択的にカップリングする
  3. 活性マグネシウム
  4. 【速報】2017年ノーベル化学賞は「クライオ電子顕微鏡の開発」に!
  5. エリック・メガース Eric Meggers
  6. ピンナ酸の不斉全合成
  7. アルゴン Argon 空気中の体積1%を占め、医療用レーザーにも使われる
  8. 『Ph.D.』の起源をちょっと調べてみました② 化学(科学)編
  9. 大麻複合物が乳がんの転移抑止効果―米医療チームが発見
  10. 科学予算はイギリスでも「仕分け対象」

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

研究助成金&海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会

令和2年度はじまりました。とはいってもほとんどの大学講義開始は延期、講義もオンライン化が進み、いつも…

ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしまし…

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP