[スポンサーリンク]


2014年 1月 13日

  1. カラッシュ付加反応 Kharasch Addition

    Cu(I)やRu(II)などの低原子価金属錯体とポリハロゲン化アルキルを反応させるとアルケンなどへラジカル付加が起こる。今日ではよく用いられる原子移動ラジカル重合の基礎となった反応である。 (さらに&hell…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 秋吉一成 Akiyoshi Kazunari
  2. 大環状ヘテロ環の合成から抗がん剤開発へ
  3. 産総研、バイオから環境まで応用可能な新しい質量分析技術の開発に成功
  4. 結晶構造データは論文か?CSD Communicationsの公開
  5. ブラウンヒドロホウ素化反応 Brown Hydroboration
  6. レイモンド・ドウェク Raymond A. Dwek
  7. 初めてTOEICを受験してみた~学部生の挑戦記録~

注目情報

最新記事

アルカロイド骨格を活用した円偏光発光性8の字型分子の開発 ~天然物化学と光材料化学の融合~

第599回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科 化学専攻 天然物化学研究室(大栗…

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

PAGE TOP