[スポンサーリンク]


2014年 6月 12日

  1. 人工DNAを複製可能な生物ができた!

    先日の「つぶやき」で、ポリメラーゼで高精度複製可能な人工DNA塩基対の創製と、天然を凌駕する人工核酸アプタマーの創製に関する研究をご紹介しました。いずれも『DNA塩基の種類を増やすことで、自然界に無い機能拡張を行える』と…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 信じられない!驚愕の天然物たち
  2. 200MHzのNMRが持ち歩けるって本当!?
  3. チャート式実験器具選択ガイド:洗浄ブラシ・攪拌子編
  4. 日本プロセス化学会2018ウインターシンポジウム
  5. 高校生・学部生必見?!大学学術ランキング!!
  6. 一家に1枚周期表を 理科離れ防止狙い文科省
  7. (–)-Vinigrol短工程不斉合成

注目情報

最新記事

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

PAGE TOP