[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

完熟バナナはブラックライトで青く光る

 

筆者自身この事実に驚いたので、今回はその話をとりあげます(画像:ChemistryWorldより改変)。

何はともあれ、上記写真をご覧ください。バナナにブラックライト=紫外線(UV)を当てて撮影した写真です。

いずれも青く光っている(青色蛍光を発している)のですが、黄色のバナナほど明るく、緑色のバナナほど暗く光っていることがおわかりでしょう。この現象はバナナの熟成度と相関があるようなのです。

オーストリア・Innsubruck大学のKrautlerらは、こういった現象がどのように起こっているのかを解明することに成功しました[1]。


結論から言えば、バナナに含まれているクロロフィル色素が分解して生じる化合物(FCC)が原因なのだそうです。

FCCは蛍光性クロロフィル異化生成物(Fluorecesnt Chlorophyll Catebolite)の略称です。緑色色素であるクロロフィルは時間が経つにつれ分解し、FCCに変化していきます。バナナの場合はMc-FCC-53という化合物となり、これがUV照射によって青い蛍光を発します。

banana_UV_2.gif

しかし過渡的な分解物でしかないFCCは存在時間が短く、肉眼で見える蛍光を発するほどに濃度が高く存在しないものだそうです。そのためクロロフィルがあって分解していけば青く光るのか、というと必ずしもそうではないようです。
バナナの場合はこの辺り特別で、生体内でFCCが化学修飾を受けて化学的安定度が増し、濃度が高まっているのだそうです。このため、熟成したバナナは青く光ることができるのです。

ちなみに熟成バナナの黄色は、カロテノイドという化合物に起因しています。時間が経てばクロロフィルが分解して緑色が弱まり、カロテノイドの黄色が相対的に強く見えてくる、という理屈です。つまりはこちらもクロロフィルが絡んでいるのですね。

さて、バナナは古くなると茶色の斑点が沢山出来てきます。皆さんもそうでしょうが、一面茶色のバナナはどうにも食べる気が失せてしまうものです。古くなったバナナはどう光るのか?―― これについても、つい最近、同グループからの研究報告がなされました[2]。

古くなったバナナに紫外線をあてると、斑点周りがとりわけ明るい蛍光を発し、輪っかのように見えます。その一方で斑点部そのものの蛍光は弱いことが分かります。 論文によれば、輪っか部分にはとりわけ高い濃度でFCCが含まれる反面、中央斑点部分のFCC濃度はあまり高くないそうです。つまりは、生細胞(熟成)から細胞死(腐敗)へ向かう過渡期にこそ、FCC濃度が高くなるということでもあります。彼らはこの結果に基づき、「細胞死のマーカー化合物としてFCCが活用可能になるのではないか」と提案しています。

banana_uv_3.jpg
(画像は論文[2]より転載)

さて、以上の事実は、『フルーツを主食とする動物の中には、人間の目では見えない色を見て、鮮度を見極めているものがいるのでは?』という仮説をも新たに呈示します。

人間には検知できない波長の光を見ることのできる動物は沢山いますし、何よりこの研究結果を人間視点から眺めたとしても、『”びみょーなバナナ”でも、ブラックライトを当てるだけで食べ頃かどうかが簡単に分かる』ということでもあります。
他の動物が同じような判別の仕方をしてたとしても、なんらおかしくないですよね。

 

関連動画

関連文献

  1. Moser, S.; Muller, T.; Ebert, M.-O.; Jockusch, S.; Turro, N .J.; Krautler, B. Angew. Chem. Int. Ed. 2008, 47, 8954. doi:10.1002/anie.200803189
  2. Moser, S.; Muller, T.; Holzinger, A.; Lutc, C.; Jockusch, S.; Turro, N .J.; Krautler, B. Proc. Natl. Acad. Sci., USA 2009, 106, 15538. doi: 10.1073/pnas.0908060106

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 電場を利用する効率的なアンモニア合成
  2. 【速報】2016年ノーベル化学賞は「分子マシンの設計と合成」に!…
  3. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 1 (Wittig 型シ…
  4. リンダウ会議に行ってきた③
  5. ハメット則
  6. 「触媒的オリゴマー化」によるポリピロロインドリン類の全合成
  7. 2010年ノーベル化学賞ーお祭り編
  8. エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2つのアシロイン縮合
  2. 世界の中心で成果を叫んだもの
  3. 有機合成のための遷移金属触媒反応
  4. 第六回 多孔質材料とナノサイエンス Mike Zaworotko教授
  5. カーボンナノチューブをふりかえる〜Nano Hypeの狭間で
  6. 最新 創薬化学 ~探索研究から開発まで~
  7. Cell Pressが化学のジャーナルを出版
  8. トビアス・リッター Tobias Ritter
  9. 米FDA、塩野義の高脂血症薬で副作用警告
  10. pre-ELM-11

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP