[スポンサーリンク]


2014年 11月 14日

  1. 細胞の中を旅する小分子|第一回

    「size (大きさ)」は、物質の違いを視覚的に比較する最も容易なパラメーターの1つです。しかし、我々は、この大きさというパラメーターを軽視する傾向があるのではないでしょうか。私もある映像をみるまでは、そんな一人でした。…

  2. 化学系面白サイトでちょっと一息つきましょう

    世の研究者はこの1、2ヶ月の間重要な書類書きで頭を悩ませていたことと思います。学会があったり、講義が…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2005年11月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  2. ケムステバーチャルプレミアレクチャーの放送開始決定!
  3. 海外で働いている僕の体験談
  4. プラスチック類の選別のはなし
  5. 住友化・大日本住友薬、ファイザーと高血圧症薬で和解
  6. フッ素ドープ酸化スズ (FTO)
  7. ケテンジチオアセタール化による一炭素増炭反応

注目情報

最新記事

【誤解してない?】4s軌道はいつも3d軌道より低いわけではない

3d 遷移金属は、多くが (3d)n(4s)2 という中途半端に 3d 軌道が埋まったまま 4s 軌…

第六回ケムステVプレミアレクチャー「有機イオン対の分子設計に基づく触媒機能の創出」

新型コロナ感染者数が爆増し、春の学会がまたほとんどオンラインになりました。残念で…

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:③その他の材料

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

自己多層乳化を用いたマトリョーシカ微粒子の調製 〜油と水を混ぜてすぐ固めるだけ〜

岡山大学学術研究院自然科学学域(工)の渡邉貴一研究准教授と同大学院自然科学研究科博士前期課程の安原有…

【書籍】セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–

今回ご紹介する書籍「セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–」は、20…

PAGE TOP