[スポンサーリンク]

その他

【書籍】『これから論文を書く若者のために』

[スポンサーリンク]

[追記] 2015年改定されたばかりです。

これから論文を書く若者のために』、縮めて「これ論」。

この書籍には、標題(タイトル)・導入(イントロダクション)・結果(リザルト)・考察(ディスカッション)それぞれで、何を書くべきか、どうしてそのように書くべきなのか、理念がユーモアあふれる構成でまとめられています。学術論文では何を書くべきなのかを解説した本であり、論文で用いる文章表現・英語表現を解説した本とは、一線を画します。

執筆開始から掲載決定まで、なかなかに長いです。しかし、学術研究は発表してナンボ。しっかりいい仕事をまとめたいものです。

できそこないの仕事をいい論文かのようににまとめるというのは見る人が見れば分かってしまうのでほとんどできませんが、悲しいかな、いい仕事なのにできそこないの論文にしかまとめられなかったというのは気を抜けば割と簡単にできてしまいます。いい仕事をいい論文にまとめるにはどうしたらよいのでしょうか。

 構想練ったら雑誌を決めよう 必ずあそこに載っけるぞ

 タイトル短く中身を要約 書き手のねらいをわからせよう

 イントロ大切なにをやるのか どうしてやるのか明確に

 マテメソきちっと情報もらさず 読み手が再現できなくちゃ

 いよいよリザルト中身をしぼって 解釈まじえず淡々と

 山場は考察あたまを冷やして どこまで言えるか見極めよう

 関連研究きちっと調べて 引用するときゃ正確に

 本文できたらアブスト書こうよ 主要なフレーズコピーして

 複雑怪奇な図表はいけない 情報減らしてすっきりと

 文献集めと文献管理は 日頃の努力が大切だ

 完成したなら誰かに見せよう 他人のコメント必要だ

 お世話になったらお礼を言わなきゃ 一人も残さず謝辞しよう

 最後の仕上げは英文校閲 英語を磨いて損はない

 いよいよ投稿ファイルを確認 ネットにつなげて慎重に

 いつまで経っても返事が来なけりゃ 控えめメールで問い合わせ

 レフリーコメントなるべく従え できないところは反論だ

 リジェクトされても挫けちゃいけない 修正加えて再投稿

 このうた歌えば必ず通るよ 自分を信じてがんばろう

 論文出たなら宣伝しなくちゃ 別刷り抱えて出かけよう

引用:『これから論文を書く若者のために』の目次より .

参考:筆者ウェブページ .

わたしGreenは、とくに、論文のタイトルの書き方の項目が秀逸で、とても勉強になったと感じました。論文、ということにこだわらずとも、キャッチーなタイトルというのは、ケムステで記事を書いていて気になるもの。ほんの一部だけ紹介させていただきたいと思います。

 

出会いはタイトル

論文との出会い。「おおっすげぇ!」と感じたときのことを思い出してください。きっかけは何でしたか。圧倒的に多いのはタイトルだと思います。まずはタイトル、そしてアブストラクトをざっと読んで興味を持てばPDFを手に入れておこう、となります。そして、これ論にもこう書かれています。

>論文を読んでもらえるかどうかを決めてしまうほどの力を(タイトルは)持っている

確かに、先月わたしGreenが読みたいと思って手に入れた論文の過半数は、タイトルがきっかけになって出会ったものでした。

 

タイトルに入れるべき3つの情報

わりと文面を割いて書かれている項目。それは、良いタイトルとは何かです。分かりやすく、興味を惹くタイトルであることに加えて、タイトルを読んで…

>論文の中身が想像できる

ことが大切だと、これ論には書かれています。

いわく。情報をわざと伏せて読者に何だろうと思わせるのではなく、興味は論文の中身そのもののちからで呼び起こすべきです。確かに、タイトルを見て、アブストラクトをチェックして、期待と違った、というのは、読み手としてあまり嬉しいものでもありません。

もちろん、タイトルに情報をすべて詰め込むという意味ではありませんが、タイトルには論文で言いたい最も大切なところを盛り込むべきです。その最も大切なところというのは、一般論として抽象的な言葉で語られるものではなく、その論文がその論文として特徴づけできるような具体的な言葉で語られるはずです。そして、そのためには、とくに、取り組んだ問題着眼点研究対象は必ず盛り込むように、と主張しています。

 

 

どのような人に読んでほしいのか考えて言葉を選ぶ

また、論文のタイトルに使う語句は、論文に興味を持つ人による検索には必ずかかるような具体的なものにします。論文のストーリーの中で、最重要なキーワードは忘れず盛り込みます。興味を持つであろう人が、聞いたことはあるだろう語句は、わざわざ言い換える必要がなく、目を引くようにはっきり書きます。

 

インターネットでの文献検索を意識して言葉を選ぶ

具体的な言葉を選ぶことに加えて、読み手の関心に注意を払うことも重要です。例えば、インパクトファクターが同じくらいのPNASと、JACSおよびACIEを比べてみましょう。PNASは総合誌、JACSやACIEは化学の専門誌で読者が違います。好まれる題材や、書き方もおのずと違ったものになるはずです。試しに、タイトルに「Total synthesis」の語句がある論文を検索してみると、PNASでは、どういう着眼点で全合成に取り組んだのか特徴づけに多くの言葉が割かれています。シンプルなタイトルで、グラフィカルアブストラクトを見ての通り構造がユニークだから合成したというタイプの論文は、JACSやACIEに多いようです。

 

思ったままに率直な感想文を書いてみましたが、どうでしょうか。Greenの気まぐれでアレンジした二次情報ではなく、しっかり筋の通った一次情報を確認したい方は、まずは書店で手に取ってみることをおすすめします。これから論文を書こうと言う若手研究者、新たに指導教官になり理論武装したい方はもちろんのこと、牛タン好き、サッカー好きは、ユーモアを楽しみながら読めること間違いなしです。

 

 

Green

投稿者の記事一覧

静岡で化学を教えています。よろしくお願いします。

関連記事

  1. 開発者が語る試薬の使い方セミナー 2022 主催:同仁化学研究所…
  2. ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?
  3. シリリウムカルボラン触媒を用いる脱フッ素水素化
  4. Goodenough教授の素晴らしすぎる研究人生
  5. スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製
  6. ワイリーからキャンペーンのご案内 – 化学会・薬学会…
  7. 精密分子設計による高感度MRI分子プローブの開発 ~早期診断に向…
  8. 多種多様な酸化リン脂質を網羅的に捉える解析・可視化技術を開発

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法
  2. Brønsted酸触媒とヒドロシランによるシラFriedel-Crafts反応
  3. 未来のノーベル化学賞候補者
  4. 分子模型を比べてみた
  5. 国際化学オリンピック開幕間近:今年は日本で開催!
  6. データ駆動型R&D組織の実現に向けた、MIを組織的に定着させる3ステップ
  7. 112番元素にコペルニクスに因んだ名前を提案
  8. OPRD誌を日本プロセス化学会がジャック?
  9. ストリゴラクトン : strigolactone
  10. ウォルター・コーン Walter Kohn

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2012年6月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

注目情報

注目情報

最新記事

第59回「希土類科学の楽しさを広めたい」長谷川靖哉 教授

第59回目の研究者インタビューです! 今回は第36回ケムステVシンポ「光化学最前線2023」の講演者…

材料開発の未来とロードマップ -「人の付加価値を高めるインフォマティクスとロボティクス」-

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年11月11日に開催された共催セミナーで弊…

第58回「新しい分子が世界を変える力を信じて」山田容子 教授

第58回目の研究者インタビューです! 今回は第36回ケムステVシンポ「光化学最前線2023」の講演者…

始めよう!3Dプリンターを使った実験器具DIY:準備・お手軽プリント編

オリジナルの実験器具を3Dプリンターで作る企画を始めました。第一弾として3Dプリンターの導入と試しに…

第16回日本化学連合シンポジウム「withコロナ時代における化学への期待」

およそ3年間に渡る新型コロナウイルス感染症の蔓延により、経済、文化、研究、社会活動のすべてが大きなダ…

アカデミアケミストがパパ育休を取得しました!

こんにちは、こんばんは、おはようございます、Macyこと九大院薬 助教の寄立麻琴です。タイトルに…

巧みに骨格構築!Daphgracilineの全合成

ユズリハアルカロイドであるdaphgracilineの全合成が初めて達成された。Type II 分子…

【四国化成ホールディングス】新卒採用情報(2024卒)

◆求める人財像:『使命感にあふれ、自ら考え挑戦する人財』私たちが社員に求めるのは、「独創力」…

部分酸化状態を有する純有機中性分子結晶の開発に初めて成功

第464回のスポットライトリサーチは、熊本大学 大学院自然科学教育部 理学専攻 化学コース 上田研究…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける高次元ベイズ最適化の活用-パラメーター数が多い条件最適化テーマに対応したmiHub新機能もご紹介-

開催日:2023/2/1  申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影響を受…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP