[スポンサーリンク]


2015年 10月 21日

  1. 普通じゃ満足できない元素マニアのあなたに:元素手帳2016

    みなさん、書籍『元素生活』をご存知でしょうか。書籍だけでなく、クリアファイルなどで目にしたことがあるかと思います。元素をユーモラスなキャラクターとして描き、身近なものに感じさせてくれる『元素生活』。今回はそんな『元素生活』の…

  2. 医薬品の合成戦略ー医薬品中間体から原薬まで

    内容世界を代表する医薬品のうち109の化合物について,その製法と…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. エーザイ、米国で抗てんかん剤「Banzel」(ルフィナミド)の小児適応の承認取得
  2. 第90回―「金属錯体の超分子化学と機能開拓」Paul Kruger教授
  3. 第96回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II
  4. 藤原・守谷反応 Fujiwara-Moritani Reaction
  5. OPRD誌を日本プロセス化学会がジャック?
  6. 不斉Corey-Chaykovskyエポキシド合成を鍵としたキニーネ・キニジンの選択的合成
  7. カーボンナノチューブ薄膜のSEM画像を生成し、物性を予測するAIが開発される

注目情報

最新記事

なぜあの研究室の成果は一流誌ばかりに掲載されるのか【考察】

Nature誌やScience誌は科学者ならば誰もが認める一流ジャーナルとして認識されています。そう…

PEG化合物を簡単に精製したい?それなら塩化マグネシウム!

ケミカルバイオロジー・生体関連化学用途の分子構造において、とにかくよく見かけるポリエチレングリコール…

バリー・ハリウェル Barry Halliwell

バリー・ハリウェル (Barry Halliwell、1949年10月18日-)は、イギリスの生化学…

湾曲したパラフェニレンで繋がれたジラジカルの挙動  〜湾曲効果による電子スピン状態の変化と特異性〜

第342回のスポットライトリサーチは、広島大学大学院 先進理工系科学研究科・宮澤友樹 さんにお願いし…

第165回―「光電変換へ応用可能な金属錯体の開発」Ed Constable教授

第165回の海外化学者インタビューは、エドウィン(エド)・コンステイブル教授です。バーゼル大学化学科…

PAGE TOP