[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

シューミン・リー Shu-Ming Li

[スポンサーリンク]

shuming Li.jpg

 

シュー?ミン?リー(Shu-Ming Li, 1964年xx月xx日-)は、中国出身の天然物化学者。ドイツのフィリップ大学マールブルクの教授。

 

経歴

1986  M.D  Peking University School of Medicine

19??  Ph.D University of Bonn

19??  assistant professor ? ? ?Graduate schoolat Freiburg University

19??  assistant professor ? ? ?Graduate schoolat the University of Tuebingen

2004  professor University of Dusseldorf

2005

 

 

受賞

1997 German Phoenix pharmaceutical science and Technology Award?

2004 German Phoenix pharmaceutical science and Technology Award?

2009 German Phoenix pharmaceutical science and Technology Award?

 

研究内容

プレニルトランスフェラーゼ(Prenyl transpherase, PT)の研究で非常に有名。

自然界に多く存在し、多様な構造と生物活性を生み出す要因ともなっているプレニル化インドール類縁体に特に着目している。

 

その他にも、カビが生産する二次代謝産物の研究も行なっている。

 

外部リンク

ゼロ

投稿者の記事一覧

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪
ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. クレイグ・ホーカー Craig J. Hawker
  2. キャロライン・ベルトッツィ Carolyn R. Bertozz…
  3. ロナルド・ブレズロウ Ronald Breslow
  4. エイモス・B・スミス III Amos B. Smith III…
  5. ウルフ賞化学部門―受賞者一覧
  6. アンドレアス ファルツ Andreas Pfaltz
  7. 홍 순 혁 Soon Hyeok Hong
  8. レイモンド・ドウェク Raymond A. Dwek

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 固体型色素増感太陽電池搭載マウスを買ってみました
  2. ベンジル位アセタールを選択的に酸素酸化する不均一系触媒
  3. リチウムイオンバッテリーの容量を最大70%まで向上させる技術が開発されている
  4. 有機合成化学協会誌7月号:ランドリン全合成・分子間interrupted Pummerer反応・高共役拡張ポルフィリノイド・イナミド・含フッ素ビニルスルホニウム塩・ベンゾクロメン
  5. 小山 靖人 Yasuhito Koyama
  6. 化学で「透明人間」になれますか? 人類の夢をかなえる最新研究15
  7. 巻いている触媒を用いて環を巻く
  8. 酵素触媒反応の生成速度を考えるー阻害剤入りー
  9. 1,5,7-トリアザビシクロ[4.4.0]デカ-5-エン:1,5,7-Triazabicyclo[4.4.0]dec-5-ene
  10. 2020年ケムステ人気記事ランキング

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2013年12月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目情報

最新記事

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

ノーベル化学賞受賞者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」参加者募集中!

ドイツの保養地リンダウで毎年1週間程度の日程で開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Linda…

ゴードン会議に参加しました【アメリカで Ph.D. を取る: 国際学会の巻】

Gordon Research Conference (GRC, ゴードン研究会議) は、科学の様々…

ノーベル賞受賞者と語り合おう!「第16回HOPEミーティング」参加者募集!

今年もHOPEミーティング の参加者募集の時期がやって来ました。HOPEミーティングは、アジア・…

有機合成化学協会誌2024年6月号:四塩化チタン・選択的フッ素化・環境調和型反応・インデン・インダセン・環状ペプチド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年6月号がオンライン公開されています。…

【6月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 題目:有機金属化合物 オルガチックスを用いた架橋剤としての利用(溶剤系)

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-

開催日:2024/06/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

N-オキシドの性質と創薬における活用

N-オキシドは一部の天然物に含まれ、食品・医薬品などの代謝物にも見られるほか、医…

未来を切り拓く創薬DX:多角的な視点から探る最新トレンド

申込みはこちら次世代の創薬研究をリードするために、デジタルトランスフォーメーション(DX…

ファラデーのつくった世界!:−ロウソクの科学が歴史を変えた

こんにちは、Spectol21です!ノーベル賞受賞の吉野彰先生が、吉野先生の研究者と…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP