[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

シューミン・リー Shu-Ming Li

shuming Li.jpg

 

シュー?ミン?リー(Shu-Ming Li, 1964年xx月xx日-)は、中国出身の天然物化学者。ドイツのフィリップ大学マールブルクの教授。

 

経歴

1986  M.D  Peking University School of Medicine

19??  Ph.D University of Bonn

19??  assistant professor ? ? ?Graduate schoolat Freiburg University

19??  assistant professor ? ? ?Graduate schoolat the University of Tuebingen

2004  professor University of Dusseldorf

2005

 

 

受賞

1997 German Phoenix pharmaceutical science and Technology Award?

2004 German Phoenix pharmaceutical science and Technology Award?

2009 German Phoenix pharmaceutical science and Technology Award?

 

研究内容

プレニルトランスフェラーゼ(Prenyl transpherase, PT)の研究で非常に有名。

自然界に多く存在し、多様な構造と生物活性を生み出す要因ともなっているプレニル化インドール類縁体に特に着目している。

 

その他にも、カビが生産する二次代謝産物の研究も行なっている。

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
ゼロ

ゼロ

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪ ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. ラリー・オーヴァーマン Larry E. Overman
  2. 日本国際賞―受賞化学者一覧
  3. トム・メイヤー Thomas J. Meyer
  4. 盧 煜明 Dennis Yuk-ming Lo
  5. トーマス・ズートホーフ Thomas Sudhof
  6. トビアス・リッター Tobias Ritter
  7. ジェイ・キースリング Jay Keasling
  8. マット・シグマン Matthew S. Sigman

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【読者特典】第92回日本化学会付設展示会を楽しもう!
  2. 新課程視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録
  3. スケールアップのポイント・考え方とトラブル回避【終了】
  4. 神戸製鋼所が特殊合金粉末を開発 金属以外の多様な材料にも抗菌性付加
  5. 第47回天然物化学談話会に行ってきました
  6. シンポジウム:ノーベル化学賞受賞の米教授招く--東北大、来月12日
  7. クラーク・スティル W. Clark Still
  8. 長井長義 Nagayoshi Nagai
  9. 第10回次世代を担う有機化学シンポジウムに参加してきました
  10. ピラーアレーン

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

有機反応を俯瞰する ー縮合反応

今回は、高校化学でも登場する有機反応であるエステル合成反応を中心に、その反応が起こるメカニズムを解説…

ご長寿化学者の記録を調べてみた

先日、G. Stork教授の論文に関するポストがありました。御年95歳という研究者でありながら、学術…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP