[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

シューミン・リー Shu-Ming Li

shuming Li.jpg

 

シュー?ミン?リー(Shu-Ming Li, 1964年xx月xx日-)は、中国出身の天然物化学者。ドイツのフィリップ大学マールブルクの教授。

 

経歴

1986  M.D  Peking University School of Medicine

19??  Ph.D University of Bonn

19??  assistant professor ? ? ?Graduate schoolat Freiburg University

19??  assistant professor ? ? ?Graduate schoolat the University of Tuebingen

2004  professor University of Dusseldorf

2005

 

 

受賞

1997 German Phoenix pharmaceutical science and Technology Award?

2004 German Phoenix pharmaceutical science and Technology Award?

2009 German Phoenix pharmaceutical science and Technology Award?

 

研究内容

プレニルトランスフェラーゼ(Prenyl transpherase, PT)の研究で非常に有名。

自然界に多く存在し、多様な構造と生物活性を生み出す要因ともなっているプレニル化インドール類縁体に特に着目している。

 

その他にも、カビが生産する二次代謝産物の研究も行なっている。

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
ゼロ

ゼロ

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪ ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. エリック・ベッツィグ Eric Betzig
  2. ロバート・メリフィールド Robert B. Merrifiel…
  3. ジャック・ドゥボシェ Jacques Dubochet
  4. ペッカ・ピューッコ Pekka Pyykkö
  5. マイケル・グレッツェル Michael Gratzel
  6. ニック・ホロニアック Nicholas Holonyak, Jr…
  7. ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson…
  8. 相田 卓三 Takuzo Aida

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 炭素を1つスズに置き換えてみたらどうなる?
  2. よくわかる最新元素の基本と仕組み―全113元素を完全網羅、徹底解説 元素の発見史と最新の用途、研究
  3. ヴィクター・アンブロス Victor Ambros
  4. HTTPS化とサーバー移転
  5. トラネキサム酸 / tranexamic acid
  6. シリリウムカルボラン触媒を用いる脱フッ素水素化
  7. 製薬各社 2010年度 第3四半期決算を発表
  8. 史跡 佐渡金山
  9. スルホニル保護基 Sulfonyl Protective Group
  10. 細胞集め増やす化合物…京大化学研発見、再生医療活用に期待

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)

今年もあともう少しですね。私は中国の大学院で研究を行っている日本人です。このChem-Sta…

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP