[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

シューミン・リー Shu-Ming Li

shuming Li.jpg

 

シュー?ミン?リー(Shu-Ming Li, 1964年xx月xx日-)は、中国出身の天然物化学者。ドイツのフィリップ大学マールブルクの教授。

 

経歴

1986  M.D  Peking University School of Medicine

19??  Ph.D University of Bonn

19??  assistant professor ? ? ?Graduate schoolat Freiburg University

19??  assistant professor ? ? ?Graduate schoolat the University of Tuebingen

2004  professor University of Dusseldorf

2005

 

 

受賞

1997 German Phoenix pharmaceutical science and Technology Award?

2004 German Phoenix pharmaceutical science and Technology Award?

2009 German Phoenix pharmaceutical science and Technology Award?

 

研究内容

プレニルトランスフェラーゼ(Prenyl transpherase, PT)の研究で非常に有名。

自然界に多く存在し、多様な構造と生物活性を生み出す要因ともなっているプレニル化インドール類縁体に特に着目している。

 

その他にも、カビが生産する二次代謝産物の研究も行なっている。

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
ゼロ

ゼロ

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪ ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. クリストファー・ウォルシュ Christopher Walsh
  2. 紫綬褒章化学者一覧 Medal with Purple Ribb…
  3. 盧 煜明 Dennis Yuk-ming Lo
  4. デイヴィット・ベイカー David Baker
  5. ガレン・スタッキー Galen D. Stucky
  6. Thomas R. Ward トーマス・ワード
  7. 福井 謙一 Kenichi Fukui
  8. フランク・グローリアス Frank Glorius

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. プラテンシマイシン /platensimycin
  2. 「天然物ケミカルバイオロジー分子標的と活性制御シンポジウム」に参加してきました
  3. 受賞者は1000人以上!”21世紀のノーベル賞”
  4. 免疫系に捕そくされない超微粒子の薬剤
  5. メチオニン選択的なタンパク質修飾反応
  6. フリーラジカルの祖は一体誰か?
  7. Guide to Fluorine NMR for Organic Chemists
  8. 【書籍】「世界一美しい数学塗り絵」~宇宙の紋様~
  9. 2,5-ジ-(N-(­­­­–)-プロイル)-パラ-ベンゾキノン DPBQ
  10. 米国もアトピー薬で警告 発がんで藤沢製品などに

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

イナミドと光学活性なアルケニルスルホキシドから、2位および3位に置換基をもつ1,4-ジカルボニル骨格…

PAGE TOP