[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

シューミン・リー Shu-Ming Li

[スポンサーリンク]

shuming Li.jpg

 

シュー?ミン?リー(Shu-Ming Li, 1964年xx月xx日-)は、中国出身の天然物化学者。ドイツのフィリップ大学マールブルクの教授。

 

経歴

1986  M.D  Peking University School of Medicine

19??  Ph.D University of Bonn

19??  assistant professor ? ? ?Graduate schoolat Freiburg University

19??  assistant professor ? ? ?Graduate schoolat the University of Tuebingen

2004  professor University of Dusseldorf

2005

 

 

受賞

1997 German Phoenix pharmaceutical science and Technology Award?

2004 German Phoenix pharmaceutical science and Technology Award?

2009 German Phoenix pharmaceutical science and Technology Award?

 

研究内容

プレニルトランスフェラーゼ(Prenyl transpherase, PT)の研究で非常に有名。

自然界に多く存在し、多様な構造と生物活性を生み出す要因ともなっているプレニル化インドール類縁体に特に着目している。

 

その他にも、カビが生産する二次代謝産物の研究も行なっている。

 

外部リンク

ゼロ

ゼロ

投稿者の記事一覧

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪
ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. ザック・ボール Zachary T. Ball
  2. 沼田 圭司 Keiji Numata
  3. エリック・メガース Eric Meggers
  4. イヴ・ショーヴァン Yves Chauvin
  5. カール・ダイセロス Karl Deisseroth
  6. ジェームズ・ロスマン James Rothman
  7. メラニー・サンフォード Melanie S. Sanford
  8. ロバート・バーグマン Robert G. Bergman

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. チャン転位(Chan Rearrangement)
  2. 光照射によって結晶と液体を行き来する蓄熱分子
  3. 吉野 彰 Akira Yoshino
  4. クリスマス化学史 元素記号Hの発見
  5. 転職でチャンスを掴める人、掴めない人の違い
  6. 第38回「材料の励起状態制御に挑む」嘉部量太 准教授
  7. 第41回―「クロム錯体のユニークな触媒活性と反応性を解明する」Klaus Theopold教授
  8. 特許の関係を「地図」に ベンチャー企業が作成
  9. Post-Itのはなし ~吸盤ではない 2~
  10. 「無保護アルコールの直截的なカップリング反応」-Caltech Fu研より

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2013年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目情報

注目情報

最新記事

湾曲したパラフェニレンで繋がれたジラジカルの挙動  〜湾曲効果による電子スピン状態の変化と特異性〜

第342回のスポットライトリサーチは、広島大学大学院 先進理工系科学研究科・宮澤友樹 さんにお願いし…

第165回―「光電変換へ応用可能な金属錯体の開発」Ed Constable教授

第165回の海外化学者インタビューは、エドウィン(エド)・コンステイブル教授です。バーゼル大学化学科…

MEDCHEM NEWSと提携しました

「くすり」に関係する研究者や技術者が約1万7専任が所属する日本薬学会。そ…

抗体を液滴に濃縮し細胞内へ高速輸送:液-液相分離を活用した抗体の新規細胞内輸送法の開発

第341回のスポットライトリサーチは、京都大学 薬学研究科(二木研究室)博士後期課程1年の岩田恭宗さ…

革新的なオンライン会場!「第53回若手ペプチド夏の勉強会」参加体験記

夏休みも去って新学期も始まり、研究者としては科研費申請に忙しい時期ですね。学会シーズン到来の足音も聞…

実験手袋をいろいろ試してみたーつかいすてから高級手袋までー

前回は番外編でしたが、試してみたシリーズ本編に戻ります。引き続き実験関係の消耗品…

第164回―「光・熱エネルギーを変換するスマート材料の開発」Panče Naumov教授

第164回の海外化学者インタビューは、パンチェ・ナウモフ教授です。大阪大学大学院工学研究科 生命先端…

SNS予想で盛り上がれ!2021年ノーベル化学賞は誰の手に?

今年もノーベル賞シーズンの到来です!化学賞は日本時間 10月6日(水) 18時45分に発表です。昨年…

カーボンナノチューブ薄膜のSEM画像を生成し、物性を予測するAIが開発される

先端素材高速開発技術研究組合(ADMAT)、日本ゼオンは産業技術総合研究所(AIST)と共同で、NE…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2021年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP