[スポンサーリンク]

天然物

グルタミン酸 / Glutamic Acid

[スポンサーリンク]

おいしい和食の秘訣は何か?と考えると、なかなか難しい質問でしょうか。やはり、「ダシ」でしょう。

 

実は、世界ではじめにダシの成分がグルタミン酸であることを突き止めたのは、日本人の池田菊苗です。

化学式は、上記の構造式の通りアミノ酸であり、HOOC-CH2-CH2-CH(NH2)-COOHです。

 

その後、味の素がグルタミン酸のナトリウム塩(グルタミン酸ナトリウム)の合成に成功し、現在は広く調理に用いられています。

上の構造を見て、気づく人もいるかも知れませんが、グルタミン酸は光学異性体をもちます。下図のようにL体とD体を並べてみると、不斉中心がどこなのかよくわかります。

 

DL-GlutamicAcid.png

 

ちなみに、グルタミン酸の場合は、L体はダシの成分としておいしく戴くことができますが、D体の方は全くダシとしては使えません。

 

このグルタミン酸、コンブやしょう油などの中に含まれています。その他にも、グルタミン酸がたくさんつながって高分子になると、納豆のネバネバ成分、ポリグルタミン酸にもなります。ポリグルタミン酸の場合は、以下のようにNH-COというペプチド結合を作り、以下のような分子になります。

 

PolyGlutamicAcid.png

 

  • 関連記事・リンク

グルタミン酸 – Wikipedia

【味の素KK】「味の素」|アジパンダ(AjiPanda)~うま味調味料「味の素」基礎知識

 

  • 関連商品

The following two tabs change content below.
Masa

Masa

某大学の薬学部に通う大学3年生。有機金属錯体と生体活性の関係に興味を持っている。現在は目的の研究室にどうやったら入れるのかということを考える日々を過ごしています。 薬学に関連した内容を発信していければと思っています。よろしくお願いします。
Masa

最新記事 by Masa (全て見る)

関連記事

  1. メチルトリメトキシシラン (methyltrimethoxysi…
  2. テトラメチルアンモニウム (tetramethylammoniu…
  3. ITO 酸化インジウム・スズ
  4. ボンビコール /bombykol
  5. フラーレン /Fullerene
  6. トリニトロトルエン / Trinitrotoluene (TNT…
  7. リピトール /Lipitor (Atorvastatin)
  8. メバスタチン /Mevastatin

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 名大の巽教授がIUPAC次期副会長に
  2. Lithium Compounds in Organic Synthesis: From Fundamentals to Applications
  3. フラーレンが水素化触媒に???
  4. バリー・シャープレス Karl Barry Sharpless
  5. 城戸 淳二 Junji Kido
  6. 香りで女性のイライラ解消 長崎大が発見、製品化も
  7. 細野 秀雄 Hideo Hosono
  8. 有機化学者のラブコメ&ミステリー!?:「ラブ・ケミストリー」
  9. サリドマイドの治験、22医療機関で 製薬会社が発表
  10. インターネットを活用した英語の勉強法

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

免疫の生化学 (1) 2018年ノーベル医学賞解説

私事ですが4月より大学院生になり、最近は生物学を勉強しています。学部1、…

構造化学の研究を先導する100万件のビッグデータ

Cambridge Structural Databaseに収録された結晶構造が100万件に到達し,…

高校教科書に研究が載ったはなし

高校高学年向け化学の教科書が2019年度から新しくなりました。その作成の一部に関わる貴重な体験ができ…

発見が困難なガンを放射性医薬品で可視化することに成功

A novel class of radiopharmaceuticals has proven…

化学探偵Mr.キュリー8

化学小説家喜多喜久さん。すでに多くの化学(科学)小説を執筆されている人気作家です。特に化学探偵シリー…

旭化成の吉野彰氏 リチウムイオン電池技術の発明・改良で 2019 年欧州発明家賞を受賞

日本から4 年ぶり、史上2 度目の「非ヨーロッパ諸国部門」獲得【ウィーン/ミュンヘン(ドイツ) …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP