[スポンサーリンク]


2015年 11月 11日

  1. 構造生物学

    内容構造生物学の現状、すなわち「タンパク質などの立体構造からその生物学的機能を明らかにする研究がどこまで進んだか」をまとめた教科書が待望されていた。しかしながらそれは、おそらくはあまりにも速い発展のために、10年以上かなえられない状…

  2. 第30回「化学研究の成果とワクワク感を子供たちにも伝えたい」 玉尾皓平教授

    5年前に福山透先生(現・名大教授)からはじめたこの研究者のインタビューも、今回で…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 分子積み木による新規ゼオライト合成に成功、産総研
  2. 【速報】ノーベル化学賞2014ー超解像顕微鏡の開発
  3. 「触媒的オリゴマー化」によるポリピロロインドリン類の全合成
  4. シェンヴィ イソニトリル合成 Shenvi Isonitrile Synthesis
  5. 固体高分子電解質の基礎、材料技術と実用化【終了】
  6. 複雑天然物Communesinの新規類縁体、遺伝子破壊実験により明らかに!
  7. ダニシェフスキー・北原ジエン Danishefsky-Kitahara Diene

注目情報

最新記事

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

PAGE TOP