[スポンサーリンク]

archives

ジボラン(diborane)

diborane.gif

●CAS
19287-45-7


●用途
 1) ホウ素系還元剤の合成

diborane_reaction3.gif

●特徴

無色で特異臭を持つ気体、爆発性を持ち、毒性がある。水と激しく反応して水素とホウ酸を生じる。


●合成方法
・ Organomet. chem. 1987, 323, 145.

 Organomet. Chem., 1993, 450, 47

diborane_reaction1.gif

 

・JACS 1959, 81, 6167.

diborane_reaction2.gif

 

水素化ホウ素ナトリウム(NaBH4)をdiglymeやTHFなどのエーテル系溶媒中に懸濁し、ヨウ素や酸(硫酸、メタンスルホン酸など)を滴下することで合成される。ヨウ素を利用する場合、ヨウ素のTHFなどへの溶解性が悪いため多量の溶媒が必要になり、それに伴い反応容器が大きくなる。硫酸などを利用する場合、溶媒が少ないと析出する塩によって撹拌がかかりにくくなったり、NaBH4が塩に取り込まれることで反応が進行しにくくなるので注意。


●データ

 

●参考文献等

Wikipedia

The following two tabs change content below.
合成は試薬の助けなしに成り立たない をモットーに試薬の開発に情熱を燃やしています。試薬がどの様に使われ、どの様な特徴を持っているのか?そんな試薬に関する情報を中心に、皆さんに有益な情報を提供できるように努力致します。

最新記事 by 縦マフラー (全て見る)

関連記事

  1. 潤滑油、グリースおよび添加剤の実践的分離【終了】
  2. 低分子ゲル化剤の分子設計、合成法と応用技術【終了】
  3. 4-tert-ブチル-2,6-ジメチルフェニルサルファートリフル…
  4. トリフルオロメタンスルホン酸ベンゾイル:Benzoyl Trif…
  5. 研究者へのインタビュー
  6. ビス(ピナコラト)ジボロン:Bis(pinacolato)dib…
  7. TriBOT ~1分子が3倍活躍するベンジル化試薬~
  8. Ugi反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 理系の海外大学院・研究留学記
  2. A-ファクター A-factor
  3. ジンクピリチオン (zinc pyrithione)
  4. 第47回天然有機化合物討論会
  5. ボイランド・シムズ酸化 Boyland-Sims Oxidation
  6. ネオジム磁石の調達、製造技術とビジネス戦略【終了】
  7. アブノーマルNHC
  8. 2009年1月人気化学書籍ランキング
  9. 旭硝子が新中期計画、液晶・PDPガラス基板事業に注力
  10. 信じられない!驚愕の天然物たち

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP