[スポンサーリンク]

archives

N,N-ジメチルアセトアミドジメチルアセタール : N,N-Dimethylacetamide Dimethyl Acetal

D1652.gif

酸化グラファイト表面の有機修飾

Swagerらは有機化学修飾しにくい炭素材料・グラフェンに対する新たな機能化アプローチとして,ヒドロキシ基がグラファイト上に結合した酸化グラファイトの化学修飾法を報告しています。この方法では,酸化グラファイトにN,N-ジメチルアセトアミドジメチルアセタールを反応させ,ヒドロキシ基を1-(N,N-ジメチルアミノ)ビニルオキシ基とした後,クライゼン転位させることで炭素-炭素結合を生成させています。さらに塩基で加水分解してカルボキシル基にすることで,親水性を持たせることができます。この方法は,グラフェン表面への機能性付加方法として期待されています。

W. R. Collins, W. Lewandowski, E. Schmois, J. Walish, T. M. Swager, Angew. Chem. Int. Ed. 2011, 50, 8848

関連記事

  1. 高分子材料における高次構造制御と機能発現【終了】
  2. HTTPS化とサーバー移転
  3. 4-(ジメチルアミノ)ベンゼンチオール : 4-(Dimethy…
  4. 3-メチル-1-フェニル-2-ホスホレン1-オキシド:3-Met…
  5. 光・電子機能性分子材料の自己組織化メカニズムと応用展開【終了】
  6. 10-メチルアクリジニウム触媒を用いたBaeyer-Villig…
  7. Accufluor(NFPI-OTf)
  8. 免疫不応答の抗原抗体反応を利用できるハプテン標識化試薬

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2009年ノーベル化学賞は誰の手に?
  2. 化学系ブログのランキングチャート
  3. 化学物質研究機構、プロテオーム解析用超高感度カラム開発
  4. 日本化学界の英文誌 科学分野 ウェッブ公開の世界最速実現
  5. 1,3-ジチアン 1,3-Dithiane
  6. チオール架橋法による位置選択的三環性ペプチド合成
  7. 抗体触媒 / Catalytic Antibody
  8. LEGO ゲーム アプローチ
  9. レッドブルから微量のコカインが検出される
  10. アンリ・カガン Henri B. Kagan

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)

今年もあともう少しですね。私は中国の大学院で研究を行っている日本人です。このChem-Sta…

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP