[スポンサーリンク]

archives

N,N-ジメチルアセトアミドジメチルアセタール : N,N-Dimethylacetamide Dimethyl Acetal

D1652.gif

酸化グラファイト表面の有機修飾

Swagerらは有機化学修飾しにくい炭素材料・グラフェンに対する新たな機能化アプローチとして,ヒドロキシ基がグラファイト上に結合した酸化グラファイトの化学修飾法を報告しています。この方法では,酸化グラファイトにN,N-ジメチルアセトアミドジメチルアセタールを反応させ,ヒドロキシ基を1-(N,N-ジメチルアミノ)ビニルオキシ基とした後,クライゼン転位させることで炭素-炭素結合を生成させています。さらに塩基で加水分解してカルボキシル基にすることで,親水性を持たせることができます。この方法は,グラフェン表面への機能性付加方法として期待されています。

W. R. Collins, W. Lewandowski, E. Schmois, J. Walish, T. M. Swager, Angew. Chem. Int. Ed. 2011, 50, 8848

関連記事

  1. ヘテロカンシラノール
  2. ビス(トリメチルアルミニウム)-1,4-ジアザビシクロ[2.2.…
  3. 米国、カナダにおけるシェール・ガスによるLNGプロジェクトの事業…
  4. 記事評価&コメントウィジェットを導入
  5. 環境ストレスに応答する植物ホルモン
  6. クロロ(1,5-シクロオクタジエン)ロジウム(I) (ダイマー)…
  7. ナノ粒子の機能と応用 ?コロイダルシリカを中心に?【終了】
  8. オルトチタン酸テトライソプロピル:Tetraisopropyl …

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. クリック反応の反応機構が覆される
  2. マラリア治療の新薬の登場を歓迎する
  3. 何を全合成したの?Hexacyclinolの合成
  4. アジズ・サンジャル Aziz Sancar
  5. 京大融合研、産学連携で有機発光トランジスタを開発
  6. 酢酸ビニル (vinyl acetate)
  7. フリッチュ・ブッテンバーグ・ウィーチェル転位 Fritsch-Buttenberg-Wiechell Rearrangement
  8. (+)-11,11′-Dideoxyverticillin Aの全合成
  9. き裂を高速で修復する自己治癒材料
  10. 2007年秋の褒章

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

分子で作る惑星、その名もナノサターン!

2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP