[スポンサーリンク]

archives

有機ラジカルポリマー合成に有用なTEMPO型フリーラジカル

[スポンサーリンク]

M1531.gif


4-メタクリロイルオキシ-TEMPO-フリーラジカル(1)は,ニトロキシラジカル部位をもつフリーラジカルであり,酸素原子上のラジカル種と窒素原子中心のカチオンラジカル種との共鳴構造により,安定化されています。また1電子の授受によって可逆的に酸化還元が起こり,対応するカチオン種あるいはアニオン種が生じます。このような化学的性質をもつため,1は酸化還元ポリマーや磁性ポリマーの合成などに利用されており,軽量で柔らかいポリマー樹脂の合成材料として期待されています。

Organic Radical Battery
  H. Nishide, T. Suga, Electrochem. Soc. Interface 2005, 14(4), 32.
Toward Flexible Batteries
  H. Nishide, K. Oyaizu, Science 2008, 319, 737.

関連記事

  1. ベンゾ[1,2-b:4,5-b’]ジチオフェン:Be…
  2. サレン-Mn錯体
  3. 1,3-ビス[(2,2-ジメチル-1,3-ジオキサン-5-イル)…
  4. 研究者・開発者に必要なマーケティング技術と活用方法【終了】
  5. 【予告】ケムステ新コンテンツ「元素の基本と仕組み」
  6. Hantzschエステル:Hantzch Ester
  7. 高反応性かつ取扱い容易な一酸化炭素の代用試薬,N-…
  8. (-)-MTPA-Cl

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 周期表の形はこれでいいのか? –上下逆転した周期表が提案される–
  2. 【21卒イベント】「化学系学生のための企業研究セミナー」 大阪1/17(金)・東京1/19(日)
  3. 「サイエンスアワードエレクトロケミストリー賞」が気になったので調べてみた
  4. ネオジム磁石の調達、製造技術とビジネス戦略【終了】
  5. N-カルバモイル化-脱アルキル化 N-carbamoylation-dealkylation
  6. トムソン:2006年ノーベル賞の有力候補者を発表
  7. 界面活性剤の市場分析と各社事業戦略について調査結果を発表
  8. 速報! ノーベル物理学賞2014日本人トリプル受賞!!
  9. 元素のふしぎ展に行ってきました
  10. ジョージ・ホワイトサイズ George M. Whitesides

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

第46回の海外化学者インタビューは、ハワード・コルクホーン教授です。英国レディング大学の化学科に所属…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP