[スポンサーリンク]

archives

有機ラジカルポリマー合成に有用なTEMPO型フリーラジカル

M1531.gif


4-メタクリロイルオキシ-TEMPO-フリーラジカル(1)は,ニトロキシラジカル部位をもつフリーラジカルであり,酸素原子上のラジカル種と窒素原子中心のカチオンラジカル種との共鳴構造により,安定化されています。また1電子の授受によって可逆的に酸化還元が起こり,対応するカチオン種あるいはアニオン種が生じます。このような化学的性質をもつため,1は酸化還元ポリマーや磁性ポリマーの合成などに利用されており,軽量で柔らかいポリマー樹脂の合成材料として期待されています。

Organic Radical Battery
  H. Nishide, T. Suga, Electrochem. Soc. Interface 2005, 14(4), 32.
Toward Flexible Batteries
  H. Nishide, K. Oyaizu, Science 2008, 319, 737.

関連記事

  1. MNBA脱水縮合剤
  2. AZADOLR ~ 高活性なアルコール酸化触媒
  3. 高分子材料中の微小異物分析技術の実際【終了】
  4. 3成分開始剤系を用いたリビングラジカル重合
  5. カルノシン酸 : Carnosic Acid
  6. XPhos
  7. エナゴ「学術英語アカデミー」と記事の利用許諾契約を結びました
  8. 臭いの少ない1,3-プロパンジチオール等価体

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. リチウムにビリリとしびれた芳香環
  2. フラーレンの中には核反応を早くする不思議空間がある
  3. 有機合成化学協会誌10月号:不飽和脂肪酸代謝産物・フタロシアニン・トリアジン・アルカロイド・有機結晶
  4. 檜山クロスカップリング Hiyama Cross Coupling
  5. 化学療法と抗がん剤の併用で進行期非扁平非小細胞肺癌の生存期間延長
  6. 化学小説まとめ
  7. 糖鎖クラスター修飾で分子の生体内挙動を制御する
  8. 第15回 有機合成化学者からNature誌編集者へ − Andrew Mitchinson博士
  9. P-キラルホスフィンの合成 Synthesis of P-chirogenic Phosphine
  10. 緑色蛍光タンパク /Green Fluorescent Protein (GFP)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)

今年もあともう少しですね。私は中国の大学院で研究を行っている日本人です。このChem-Sta…

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP