[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第124回―「生物・医療応用を見据えたマイクロ流体システムの開発」Aaron Wheeler教授

[スポンサーリンク]

第124回の海外化学者インタビューはアーロン・ウィーラー教授です。トロント大学化学科に所属し、化学、生物学、医学の問題を解決するための小型化システムの開発に取り組んでいます。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

他の方々の多くは、化学セットでものづくりの経験をしているように見うけられますが、私については正直に言うと、ちょっとした偶然で化学へと進んでしまったといわねばならないでしょう。授業と研究室は楽しく、途中でサポートしてくれる先生方に励まされながら興味をもってきました。何度かやり直してみると、結果が違う方向に向かうのがわかりました。そうは言っても、今の自分はこうなっているわけで、それは好ましいことです。物理、生物、医学、工学、食品、環境など、興味ある問題が何であるかに依らず、化学は中心的なものとして重要ですし、ほとんど何にでも手を出すことができる素晴らしいプラットフォームです。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

人生は面白く、選択肢が多すぎて考えられません。科学の範囲内であれば・・・神経科学者になりたいと思っています。脳の化学と生物学と思考・感情・記憶の間のつながりはとても魅力的な話で、理解され始めたばかりです。

Q. 現在取り組んでいることは何ですか?そしてそれをどう展開させたいですか?

我々のグループでは、マイクロ流体工学によって小型化された「ラボオンチップ」システムを開発しています。プロテオーム解析ツールの開発、希少細胞の増殖・培養・多重アッセイ法、がん発症リスクのある患者の低侵襲スクリーニング技術など、様々なものへと応用しています。ある日は臨床サンプルを採取し、次の日はバニースーツを着てクリーンルームで装置を製作し、その次の日には質量分析計を修理したりと、いろいろな面白い分野に手を出せるのがこの分野の魅力です。この仕事はそれ以外の何物でもありません。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

これらの質問は難しいですね・・・チャールズ・ダーウィンを推すと思います。彼は明らかに広範囲で変革的なアイデアを生み出した人物ですが、大小の問題に興味を持っていました。どうやら彼はミミズ(!)に非常に情熱を注いでいたようで、ミミズが駆動する土壌のターンオーバー率を測定するために、地面にマーカーを散布して数十年に渡ってミミズの行動を評価したそうです。チャールズ・D.との会話は、ちょっとおだてつつも、太陽の下(場合によっては土の下)のあらゆる話題をカバーできるのではないでしょうか。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

数年前に研究室を立ち上げたときは、主には装置の設置やセットアップを少しやっていましたが、それ以降はデスク・モンキーになってしまいました。グラントは自然に仕上がって来るものではないですよね!とはいえ私は実験に関わることが大好きで、実験の計画、実行、解釈には可能な限り関わるようにしています。このため仕事はとても楽しいです。しかし、アカデミアで行われている(科学的な)仕事は、100%学生によって成り立っていることを忘れてはいけません。学外の人たちにはこれがあまり認識されていないのではないかと思います。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

The Sceptical Chymistはこれらの質問に手加減しませんね!

本1冊については、ジャレド・ダイアモンドの民族や社会の進化についての本の中から一つを選ぶでしょう。 毎回読み返すたびに新しいこと、面白いことを学んでいます。

音楽はどうしましょう?南部のルーツにこだわって、スキナードのアルバムを選ぶと思いますが、この質問は時代遅れですよね?「今まで聴いたことのある曲が全部入ったiPod」を持っていくことはできませんか?

Q.「Reactions」でインタビューしてほしい化学者と、その理由を教えてください。

これらの質問に興味深い回答をしてくれる化学者としては、スタンフォード大学のDick Zareやイリノイ大学のJonathan Sweedlerなどがいるでしょう。

原文:Reactions – Nick Fisk

※このインタビューは2009年7月17日に公開されました。

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第96回―「発光機能を示す超分子・ナノマテリアル」Luisa D…
  2. 第99回―「配位子設計にもとづく研究・超分子化学」Paul Pl…
  3. 第四回 分子エレクトロニクスへの展開 – AP de…
  4. 第29回 適応システムの創製を目指したペプチドナノ化学 ― R…
  5. 第64回―「ホウ素を含むポルフィリン・コロール錯体の研究」Pen…
  6. 第24回 化学の楽しさを伝える教育者 – Darre…
  7. 第26回 有機化学(どうぐばこ)から飛び出す超分子(アプリケーシ…
  8. 第114回―「水生システムにおける化学反応と環境化学」Krist…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ヴィンス・ロテロ Vincent M. Rotello
  2. シクロクラビン cycloclavine
  3. デミヤノフ転位 Demjanov Rearrangement
  4. 研究者のためのCG作成術①(イントロダクション)
  5. 塩化ラジウム223
  6. ソラノエクレピンA (solanoeclepin A)
  7. 第84回―「トップ化学ジャーナルの編集者として」Anne Pichon博士
  8. 電子ノートか紙のノートか
  9. C&EN コラム記事 ~Bench & Cubicle~
  10. リチャード・スモーリー Richard E. Smalley

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

分子の対称性が高いってどういうこと ?【化学者だって数学するっつーの!: 対称操作】

群論を学んでいない人でも「ある分子の対称性が高い」と直感的に言うことはできるかと思います。しかし分子…

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

Ru触媒を用いたアルキンのanti選択的ヒドロおよびクロロアルキニル化反応が開発された。本反応は共役…

化学系必見!博物館特集 野辺山天文台編~HC11Nってどんな分子?~

bergです。突然ですが今回から「化学系必見!博物館特集」と銘打って、私が実際に訪れたいちおしの博物…

有機合成化学協会誌2021年1月号:コロナウイルス・脱ニトロ型カップリング・炭素環・ヘテロ環合成法・環状γ-ケトエステル・サキシトキシン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年1月号がオンライン公開されました。あ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP