[スポンサーリンク]

一般的な話題

産業界のニーズをいかにして感じとるか

はじめに

産学連携が叫ばれ月日は経ちますが、最新の産業界のニーズをどこから取得すればいいのでしょうか。

産学連携に関して、日本と欧米ではシステムや社会構造、文化的背景の違いなどあり一概に論じることはできません。しかし現実として欧米では研究室と産業界がタッグを組み多くの成果を生み出しています[1]。ひと昔前と比べて、雑誌が乱立し論文が量産される昨今では、主要な雑誌に掲載された論文タイトルに目を通すだけでも気の遠くなくような作業です。こういう場合の解決策としてアラートを掛けるのが一般的ですが、自分で選択した領域・分野・ワードというフィルターを通すと一見不要に見えて大きなヒントになる論文を見落とす可能性があります。

一方、専門外から有用そうな情報を得るには、分野に応じて信頼できる情報源を持つことができれば便利ではないでしょうか。勿論、利用する場合、情報発信側が色眼鏡をかけて編集していることは常に頭の片隅においておく必要がありますが。今回は、それらの一端を感じ取ることができる、お勧めの論文誌を紹介します。

 

お勧め論文誌

読者の皆さんは既にご存知の方が多いかもしれませんが、「OPR&D(Organic Process Research & Development)」という論文誌があります。プロセス化学関係者以外でもお気に入りの方がいると存じます。以前、他のスタッフによりこの論文誌についての記事が書かれていますが、再度紹介させていただければと思います(関連記事:Org. Proc. Res. Devのススメ)。

私はこの論文誌で、

  1. 「Some Items of Interest to Process R&D Chemists and Engineers」
  2. 「A Review of U.S. Patent Literature」

の2つのhighlights記事だけは忙しくても読むようにしています。記事に目を通すことで、少なくとも欧米で期待される産業界のニーズを感じることができます。

2016-04-19_02-10-15

図1参考文献2より導入部抜粋

 

Some Items of Interest to Process R&D Chemists and Engineers

1.に関しては、JACSやACIEなどの一級の雑誌以外からも、有機化学をする実務者が有用と判断するであろう反応が並んでいます。よく紹介されている反応としては、これまで産業界で期待されていたが合成法がみつかっていなかった反応開発やスケールアップ可能になった反応開発、基質一般性の高い反応の開発、有用な保護基の開発、反応剤の開発、などです。

ちなみに2016年4月現在の最新号で引用された雑誌の内訳は、AICE. 7, JACS. 6, Eur.J.Chem.3, JOC. 4, OL.1, CC.1, Org.Chem.Front.1, となっていました。記事により偏りがでますが、一年通すと産業に偏りがなく参考になります。無料で誰でもダウンロード可能なこともありがたいところです。この記事に反応が紹介されれば産業界の実務者に認められた証の一つになるのではないでしょうか。

 

A Review of U.S. Patent Literature

2.に関しては、無数に公開されるpatentから、本当に実務者が有用と考える反応をeditorが選んで報告しています。今月号は特別でbiocatalyst特集です。通常は1と同様幅広い有機化学の範囲に関して、反応開発にとどまらず、注目の化合物を効率的に合成するまでの合成手法の改良、精製手法の改良・開発、最新の産業技術・反応技術など、プロセス合成関係者のみならず有機屋さんなら誰でも有用となる知見が広い裾野で収集できるのが特徴です。

ちなみに前回の記事は2月号でした[3]。内容は、summay, 1 enzymatic transamination as a key step in the preparation of the antimalarial, cipargamin, 2 solid state polymorph transformation using a heated screw extruder, 3 resolution/racemization process for (R)-Lacosamide でした。毎号summaryを読むと概要が掴めるので助かります。

この雑誌は月刊誌ですので、休暇前の大掃除後、ちょっとした時間にまとめて半年分ほど見ても疲れないのも魅力の一つです。有機化学の信頼できる情報源としてぜひお勧めしたいと思います。

 

参考文献

  1. Michaudel, Q.; Ishihara, Y.; Baran, P. S. Acc. Chem. Res. 2015, 48, 712-21. DOI: 10.1021/ar500424a
  2. Zhao, W.; Zhao, D.; Guizzetti, S.; Schwindeman, J. A.; Bigot, A.; Knight, J. Org. Process Res. Dev. 2016, 20, 693−699 DOI: 10.1021/acs.oprd.6b00102
  3. Hughes, D. L. Org. Process Res. Dev. 2016, 20, 123–128. DOI: 10.1021/acs.oprd.6b00004

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
MasaN.

MasaN.

博士(工)。できる範囲で。

関連記事

  1. 未来の化学者たちに夢を
  2. ケムステ国際版・中国語版始動!
  3. 反応機構を書いてみよう!~電子の矢印講座・その2~
  4. 触媒なの? ?自殺する酵素?
  5. 歪んだアルキンへ付加反応の位置選択性を予測する
  6. ケムステ新コンテンツ「化学地球儀」
  7. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑦(解答編…
  8. 振動結合:新しい化学結合

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 元素手帳 2018
  2. Wolfram|Alphaでお手軽物性チェック!「Reagent Table Widget」
  3. 開催間近!ケムステも出るサイエンスアゴラ2013
  4. プラテンシマイシン /platensimycin
  5. 2011年ノーベル化学賞予測―トムソン・ロイター版
  6. 中皮腫治療薬を優先審査へ
  7. カイニン酸 kainic acid
  8. ブーボー/ボドロー・チチバビン アルデヒド合成 Bouveault/Bodroux-Chichibabin Aldehyde Synthesis
  9. ノーベル化学賞田中さん 富山2大学の特任教授に
  10. 結晶世界のウェイトリフティング

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

静電相互作用を駆動力とする典型元素触媒

2017年、南洋工科大学・金城 玲らは、ジアザジボリニンを触媒前駆体として用いるカルボニル化合物の触…

持続可能性社会を拓くバイオミメティクス

内容生物に学ぶ考え方は,ナイロンに見られるように古くからあった.近年,ナノテクノロジーの飛躍…

鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメ…

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP