[スポンサーリンク]


2016年 5月 26日

  1. 反応中間体の追跡から新反応をみつける

    従来、反応開発は基質や触媒、反応条件を変えたときの生成物の「収率の変化」を追跡することで行われてきたが、今回、「反応の中間体」を追跡することで新たな反応を見出す画期的手法が考案された。反応開発は一般的に基質の消費…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ホウ素でがんをやっつける!
  2. ぼくらを苦しめる「MUST (NOT)」の呪縛
  3. 第78回―「膜タンパク質の分光学的測定」Judy Kim教授
  4. 橘 熊野 Yuya Tachibana
  5. マクコーマック反応 McCormack Reaction
  6. ライトケミカル工業2024卒採用情報
  7. 最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜

注目情報

最新記事

三井化学、DXによる企業変革の成果を動画で公開

三井化学株式会社は、常務執行役員 CDO 三瓶 雅夫による、三井化学グループ全社でのDX推進の取り組…

消光団分子の「ねじれ」の制御による新たな蛍光プローブの分子設計法の確立

第444回のスポットライトリサーチは、東京大学薬学部/大学院薬学系研究科 薬品代謝化学教室に在籍され…

マテリアルズ・インフォマティクスの手法:条件最適化に用いられるベイズ最適化の基礎

開催日:2022/11/30  申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の…

製薬系企業研究者との懇談会

日本薬学会医薬化学部会にある創薬ニューフロンティア(NF)検討会は,「学生のモチベーションやキャリア…

電子1個の精度で触媒ナノ粒子の電荷量を計測

第443回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院工学研究院エネルギー量子工学部門 超顕微解析研究…

PAGE TOP