[スポンサーリンク]


2016年 5月 26日

  1. 反応中間体の追跡から新反応をみつける

    従来、反応開発は基質や触媒、反応条件を変えたときの生成物の「収率の変化」を追跡することで行われてきたが、今回、「反応の中間体」を追跡することで新たな反応を見出す画期的手法が考案された。反応開発は一般的に基質の消費…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ジャクリン・バートン Jacqueline K. Barton
  2. 浜松ホトニクス、ヘッド分離型テラヘルツ波分光分析装置を開発
  3. クリンコヴィッチ反応 Kulinkovich Reaction
  4. 新規糖尿病治療薬「DPPIV阻害剤」‐熾烈な開発競争
  5. ビアリールのアリール交換なんてアリエルの!?
  6. 米陸軍に化学薬品検出スプレーを納入へ
  7. 「先端触媒構造反応リアルタイム計測ビームライン」が竣工

注目情報

最新記事

第173回―「新たな蛍光色素が実現する生細胞イメージングと治療法」Marina Kuimova准教授

第173回の海外化学者インタビューは、マリナ・クイモヴァ准教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドン…

Biotage Selekt のバリュープライス版 Enkel を試してみた

Biotage の新型自動フラッシュクロマトシステム Selekt のバリュープライ…

【9月開催】第1回 マツモトファインケミカル技術セミナー 有機チタン、ジルコニウムが使用されている世界は?-オルガチックスの用途例紹介-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

超分子ランダム共重合を利用して、二つの”かたち”が調和されたような超分子コポリマーを造り、さらに光反応を利用して別々の”かたち”に分ける

第407回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院 融合理工学府 先進理化学専攻 共生応用化学コー…

セレンディピティ:思いがけない発見・発明のドラマ

hodaです。今回は1993年に刊行され、2022年7月に文庫化された書籍について書いていき…

PAGE TOP