[スポンサーリンク]


2016年 6月 16日

  1. 半導体・センシング材料に応用可能なリン複素環化合物の誘導体化

    第39回のスポットライトリサーチは、東京工業大学物質理工学院(三上・伊藤研究室)・博士課程3年、植田恭弘さんにお願いしました。今回紹介する成果は、リンを含む4員複素環化合物に関する研究。物珍しい形状そのものな化合物に他なりませんが、…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. バイオマスからブタジエンを生成する新技術を共同開発
  2. ナノチューブ団子のときほぐしかた [テキサスMRD社の成果]
  3. キャリアデザイン研究講演会~化学研究と企業と君との出会いをさがそう!~
  4. イリジウム錯体:Iridium-complex
  5. バートン脱カルボキシル化 Barton Decarboxylation
  6. 福井 謙一 Kenichi Fukui
  7. 世界最高の耐久性を示すプロパン脱水素触媒

注目情報

最新記事

PEG化合物を簡単に精製したい?それなら塩化マグネシウム!

ケミカルバイオロジー・生体関連化学用途の分子構造において、とにかくよく見かけるポリエチレングリコール…

バリー・ハリウェル Barry Halliwell

バリー・ハリウェル (Barry Halliwell、1949年10月18日-)は、イギリスの生化学…

湾曲したパラフェニレンで繋がれたジラジカルの挙動  〜湾曲効果による電子スピン状態の変化と特異性〜

第342回のスポットライトリサーチは、広島大学大学院 先進理工系科学研究科・宮澤友樹 さんにお願いし…

第165回―「光電変換へ応用可能な金属錯体の開発」Ed Constable教授

第165回の海外化学者インタビューは、エドウィン(エド)・コンステイブル教授です。バーゼル大学化学科…

MEDCHEM NEWSと提携しました

「くすり」に関係する研究者や技術者が約1万7専任が所属する日本薬学会。そ…

PAGE TOP