[スポンサーリンク]

C

カンプス キノリン合成 Camps Quinoline Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

o-アシルアミノアセトフェノンを塩基性条件で処理すると環化を起こし、ヒドロキシキノリンが得られる。反応点によって異性体が得られる。

基本文献

  •  Camps, R. Ber. 1899, 22, 3228.
  •  Camps, R. Arch. Pharm. 1899, 237, 659.
  •  Camps, R. Arch. Pharm. 1901, 239, 591.
  •  Manske, R. H. F. Chem. Rev. 1942, 30, 127.

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. クネーフェナーゲル縮合 Knoevenagel Condensa…
  2. ベンジジン転位 Benzidine Rearrangement
  3. バールエンガ試薬 Barluenga’s Reage…
  4. グリニャール反応 Grignard Reaction
  5. ジンケ アルデヒド Zincke Aldehyde
  6. ペタシス反応 Petasis Reaction
  7. 脱離反応 Elimination Reaction
  8. トロスト不斉アリル位アルキル化反応 Trost Asymmetr…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. BO triple bond
  2. ボロン酸の保護基 Protecting Groups for Boronic Acids
  3. ピナコールカップリング Pinacol Coupling
  4. 化学パズル・不斉窒素化合物
  5. 大村氏にウメザワ記念賞‐国際化学療法学会が授与
  6. 安全なジアゾ供与試薬
  7. 異なる“かたち”が共存するキメラ型超分子コポリマーを造る
  8. 不均一系接触水素化 Heterogeneous Hydrogenation
  9. 塩野義製薬/米クレストール訴訟、控訴審でも勝訴
  10. 含ケイ素四員環 -その1-

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

【ジーシー】新卒採用情報(2022卒)

弊社の社是「施無畏」は、「相手の身になって行動する」といった意味があります。これを具現化することで存…

株式会社ジーシーってどんな会社?

株式会社ジーシーは歯科医療一筋に99年の歴史も持ち、歯科医療業界では国内NO.1のシェアを誇ります。…

ものづくりのコツ|第10回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

第13回ケムステVシンポジウム「創薬化学最前線」を開催します!

第12回開催告知をお知らせしたばかりですが、第13回もあります!COVID-19の影響で、世…

Grignard反応剤が一人二役!? 〜有機硫黄化合物を用いるgem-ジフルオロアルケン類の新規合成法〜

第284回のスポットライトリサーチは、名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所・前川侑輝 博士…

第134回―「脳神経系の理解を進める分析化学」Jonathan Sweeder教授

第134回の海外化学者インタビューはジョナサン・スウィードラー教授です。イリノイ大学アーバナ・シャン…

第十二回ケムステVシンポ「水・有機材料・無機材料の最先端相転移現象 」

12月になりましたね。大好評のケムステシンポも今年は残りあと2回となりました。第12回となる…

概日リズムを司る天然変性転写因子の阻害剤開発に成功

第283回のスポットライトリサーチは、信州大学大学院総合理工学科農学専攻(大神田研究室)・細谷 侑佑…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP