[スポンサーリンク]

C

カンプス キノリン合成 Camps Quinoline Synthesis

 

概要

o-アシルアミノアセトフェノンを塩基性条件で処理すると環化を起こし、ヒドロキシキノリンが得られる。反応点によって異性体が得られる。

基本文献

  •  Camps, R. Ber. 1899, 22, 3228.
  •  Camps, R. Arch. Pharm. 1899, 237, 659.
  •  Camps, R. Arch. Pharm. 1901, 239, 591.
  •  Manske, R. H. F. Chem. Rev. 1942, 30, 127.

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ウォルフ転位 Wolff Rearrangement
  2. スルホニル保護基 Sulfonyl Protective Gro…
  3. マーティンスルフラン Martin’s Sulfur…
  4. ウィッティヒ転位 Wittig Rearrangement
  5. ロッセン転位 Lossen Rearrangement
  6. デミヤノフ転位 Demjanov Rearrangement
  7. カルボニル基の保護 Protection of Carbonyl…
  8. ロイカート・ヴァラッハ反応 Leuckart-Wallach R…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. エルマンイミン Ellman’s Imine
  2. REACH規則の最新動向と対応方法【終了】
  3. 合成後期多様化法 Late-Stage Diversification
  4. 抗体結合ペプチドを用いる非共有結合的抗体-薬物複合体の創製
  5. 受賞者は1000人以上!”21世紀のノーベル賞”
  6. トリフルオロメタンスルホン酸すず(II) : Tin(II) Trifluoromethanesulfonate
  7. 頻尿・尿失禁治療薬「ベシケア」を米国で発売 山之内製薬
  8. クロスカップリング反応 cross coupling reaction
  9. What’s Cooking in Chemistry?: How Leading Chemists Succeed in the Kitchen
  10. マラプラード グリコール酸化開裂 Malaprade Glycol Oxidative Cleavage

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤…

「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

チャン転位(Chan Rearrangement)

概要アシロキシエステルに対して塩基を作用させることで、転位を伴い2–ヒドロキシケトエステルを与え…

卓上NMR

卓上NMR (Benchtop NMR)とは、通常のNMRよりも小型で、専用の部屋を必要としないNM…

有機合成化学協会誌2018年5月号:天然物化学特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年5月号が先日オンライン公開されました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP