[スポンサーリンク]

C

カンプス キノリン合成 Camps Quinoline Synthesis

 

概要

o-アシルアミノアセトフェノンを塩基性条件で処理すると環化を起こし、ヒドロキシキノリンが得られる。反応点によって異性体が得られる。

基本文献

  •  Camps, R. Ber. 1899, 22, 3228.
  •  Camps, R. Arch. Pharm. 1899, 237, 659.
  •  Camps, R. Arch. Pharm. 1901, 239, 591.
  •  Manske, R. H. F. Chem. Rev. 1942, 30, 127.

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 水素化ホウ素ナトリウム Sodium Borohydride
  2. バートン・マクコンビー脱酸素化 Barton-McCombie …
  3. 交差アルドール反応 Cross Aldol Reaction
  4. NHPI触媒によるC-H酸化 C-H Oxidation wit…
  5. 辻・トロスト反応 Tsuji-Trost Reaction
  6. ニトリルオキシドの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar…
  7. 向山水和反応 Mukaiyama Hydration
  8. 超音波有機合成 Sonication in Organic Sy…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 金属中心に不斉を持つオレフィンメタセシス触媒
  2. edXで京都大学の無料講義配信が始まる!
  3. 薬の副作用2477症例、HP公開始まる
  4. 大型リチウムイオン電池の基礎知識【終了】
  5. 飯島澄男 Sumio Iijima
  6. 触媒的C-H活性化型ホウ素化反応
  7. ピンナ酸の不斉全合成
  8. トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III):Tris(2,4-pentanedionato)iron(III)
  9. カルボニル基の保護 Protection of Carbonyl Group
  10. 酒石酸にまつわるエトセトラ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP