[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ピナー ピリミジン合成 Pinner Pyrimidine Synthesis

 

概要

1,3-ジカルボニル化合物とアミジンを弱塩基存在下に加熱するとピリミジンが生成する。

 

基本文献

 

反応機構

Bredereckピリミジン合成と同様の、単純な脱水縮合機構で記述可能。

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

Pyrimidine
(Wikipedia)
ピリミジン
(Wikipedia日本)

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ライセルト インドール合成 Reissert Indole Sy…
  2. ペイン転位 Payne Rearrangement
  3. ロッセン転位 Lossen Rearrangement
  4. 1,3-ジチアン 1,3-Dithiane
  5. コッホ・ハーフ Koch-Haaf反応
  6. ノリッシュ反応 Norrish Reaction
  7. エッシェンモーザーメチレン化 Eschenmoser Methy…
  8. 水素化ホウ素ナトリウム Sodium Borohydride

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 教科書を書き換えるか!?ヘリウムの化合物
  2. ナノ孔に吸い込まれていく分子の様子をスナップショット撮影!
  3. ウェブサイトのリニューアル
  4. ピナコール転位 Pinacol Rearrangement
  5. 今年も出ます!サイエンスアゴラ2014
  6. スコット・デンマーク Scott E. Denmark
  7. 「機能性3Dソフトマテリアルの創出」ーライプニッツ研究所・Möller研より
  8. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」④(解答編)
  9. リベロマイシンA /Reveromycin A
  10. 近況報告PartIV

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

典型元素触媒による水素を還元剤とする第一級アミンの還元的アルキル化

第149回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科 博士後期課程3年の木下 拓也 (きの…

有機合成化学協会誌7月号:ランドリン全合成・分子間interrupted Pummerer反応・高共役拡張ポルフィリノイド・イナミド・含フッ素ビニルスルホニウム塩・ベンゾクロメン

化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年7月号がオンライン公開されました。今月号のキ…

ウィリアム・ロウシュ William R. Roush

ウィリアム・R・ロウシュ(William R. Roush、1952年2月20日(Chula Vis…

研究リーダーがPJを成功に導く秘訣

研究者が民間企業での面接において将来の展望について質問をされると、いずれは研究部門をまとめるリーダー…

ハワイ州で日焼け止め成分に規制

(CNN) 米ハワイ州のデービッド・イゲ知事は3日、サンゴ礁への有害性が指摘される成分を含んだ日焼け…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP