[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ピナー ピリミジン合成 Pinner Pyrimidine Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

1,3-ジカルボニル化合物とアミジンを弱塩基存在下に加熱するとピリミジンが生成する。

 

基本文献

 

反応機構

Bredereckピリミジン合成と同様の、単純な脱水縮合機構で記述可能。

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

Pyrimidine
(Wikipedia)
ピリミジン
(Wikipedia日本)

関連記事

  1. マクファディン・スティーヴンス反応 McFadyen-Steve…
  2. バートン脱カルボキシル化 Barton Decarboxylat…
  3. 向山縮合試薬 Mukaiyama Condensation Re…
  4. アリルオキシカルボニル保護基 Alloc Protecting …
  5. DABSOを用いるSO2導入反応 SO2 incorporati…
  6. 薗頭・萩原クロスカップリング Sonogashira-Hagih…
  7. 隣接基関与 Neighboring Group Particip…
  8. ヴィドマン・ストーマー シンノリン合成 Widman-Stoer…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 鉄触媒での鈴木-宮浦クロスカップリングが実現!
  2. 有機トリフルオロボレート塩 Organotrifluoroborate Salt
  3. 化学における特許権侵害訴訟~特許の真価が問われる時~
  4. 怒涛の編集長 壁村耐三 ~論文と漫画の共通項~
  5. 反応機構を書いてみよう!~電子の矢印講座・その2~
  6. 【書籍】「メタノールエコノミー」~CO2をエネルギーに変える逆転の発想~
  7. 小林 修 Shu Kobayashi
  8. ロバート・グラブス Robert H. Grubbs
  9. 分子標的薬、手探り続く
  10. JAMSTEC、深度1万900mに棲むエビから新酵素を発見 – バイオ燃料応用に期待

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

人物でよみとく化学

概要化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、…

金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)

概要金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)は、金属ナトリウムの微粒…

アクセラレーションプログラム 「BRAVE 2021 Spring」 参加チームのエントリー受付中!(5/10〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

赤キャベツから新しい青色天然着色料を発見 -青色1号に代わる美しく安定なアントシアニン色素-

青の食品着色料として広く使われる化学合成の「青色1号」とほぼ同じ色で、長期保存時の安定性に優れた天然…

砂塚 敏明 Toshiaki Sunazuka

砂塚 敏明 (すなづか としあき)は、日本の有機化学者である。学校法人北里研究所 理事、北里大学大村…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP