[スポンサーリンク]


2016年 6月 30日

  1. サーバーを移転しました

    一昨日から繋がりにくい・表示されない状況が続いたと思いますが、パフォーマンスの向上および安定運用の為、この度新サーバーへ移転しました。このお知らせをみることができましたらDNSの移行が完了し、すなわち新サーバーへ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Thomas R. Ward トーマス・ワード
  2. 5配位ケイ素間の結合
  3. ヴァレリー・フォキン Valery V. Fokin
  4. シリンドロシクロファン生合成経路の解明
  5. ブレデレック イミダゾール合成 Bredereck Imidazole Synthesis
  6. 有機合成の進む道~先駆者たちのメッセージ~
  7. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chiral Sulfoxide Synthesis

注目情報

最新記事

PEG化合物を簡単に精製したい?それなら塩化マグネシウム!

ケミカルバイオロジー・生体関連化学用途の分子構造において、とにかくよく見かけるポリエチレングリコール…

バリー・ハリウェル Barry Halliwell

バリー・ハリウェル (Barry Halliwell、1949年10月18日-)は、イギリスの生化学…

湾曲したパラフェニレンで繋がれたジラジカルの挙動  〜湾曲効果による電子スピン状態の変化と特異性〜

第342回のスポットライトリサーチは、広島大学大学院 先進理工系科学研究科・宮澤友樹 さんにお願いし…

第165回―「光電変換へ応用可能な金属錯体の開発」Ed Constable教授

第165回の海外化学者インタビューは、エドウィン(エド)・コンステイブル教授です。バーゼル大学化学科…

MEDCHEM NEWSと提携しました

「くすり」に関係する研究者や技術者が約1万7専任が所属する日本薬学会。そ…

PAGE TOP