[スポンサーリンク]

ケムステニュース

粉いらずの指紋検出技術、米研究所が開発

[スポンサーリンク]

XRF米ロスアラモス国立研究所の研究者が、指紋が付着面の性質から通常見えない場合にも対応できる新しい指紋検出法を開発した。 この方法は、マイクロ蛍光X線という技術を使って指紋の跡に残っている化学元素を検出するもので、指紋が変形してしまう恐れがないと、このプロジェクトのメンバーである研究者のクリストファー・ウォーリー氏は語る。

 「従来の方法は通常の光で指紋パターンをとらえる。そのため、指紋に粉をかけて際立たせなければならないが、そうすることで指紋を変形させてしまう場合がある」とウォーリー氏。「新しい手法なら指紋に一切触れる必要がなく、変形の心配もない。指紋に残存している元素を特定し、同時に指紋パターンを取得できる」

 この方法では、X線の細いビームを照射して指紋が付いた面をスキャンし、その結果からコンピュータ画像を作成する。

 機器のコストは約17万5000ドルだ。(引用:ITmediaNews

物質にX線を照射すると、その物質の構成元素に固有のエネルギー(蛍光X線、X-Ray Fluorescence Spectrometry)が放出されます。この蛍光X線を分光し、波長と強度を測定することで、物質中の元素の種類と量を分析することができます。

関連書籍

 

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. エーザイ、医療用の処方を基にした去たん剤
  2. 化学五輪、「金」の高3連続出場 7月に東京開催
  3. 風力で作る燃料電池
  4. 武田、ビタミン原料事業から完全撤退
  5. ノーベル賞親子2代受賞、コーンバーグさんが東大で講演
  6. 三井化学と日産化学が肥料事業を統合
  7. 薬価4月引き下げ 製薬各社は「アジア」「非医薬」に活路
  8. 抗生物質の誘導体が神経難病に有効 名大グループ確認

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 電流励起による“選択的”三重項励起状態の生成!
  2. 1つの蛍光分子から4色の発光マイクロ球体をつくる
  3. ChemDrawの使い方 【基本機能編】
  4. DNAのもとは隕石とともに
  5. 積極的に英語の発音を取り入れてみませんか?
  6. 有機合成化学協会誌2018年4月号:脱カルボニル型カップリング反応・キレートアミン型イリジウム触媒・キラルリン酸・アリル銅中間体・窒素固定
  7. トリフェニル-2,6-キシリルビスムトニウムテトラフルオロボラート:Triphenyl-2,6-xylylbismuthonium Tetrafluoroborate
  8. 抗体-薬物複合体 Antibody-Drug Conjugate
  9. 準結晶的なナノパーティクルスーパーラティス
  10. カール−ヘインツ・アルトマン Karl Heinz Altmann

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしまし…

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP