[スポンサーリンク]


2016年 11月 29日

  1. トシルヒドラゾンとボロン酸の還元的カップリング反応とその応用展開

    2009年に報告されたトシルヒゾラゾンとボロン酸の還元的カップリング反応。その応用展開として、今回、分子内に反応部位をもつトシルヒドラゾンからジアステレオ選択的に環状化合物を合成した。トシルヒドラゾンとボロン酸の反応トシルヒドラゾン…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 危険物取扱者試験の乙種全類 磐田農高生6人が合格
  2. ボールドウィン則 Baldwin’s Rule
  3. マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-
  4. ナノ粒子で疾病の発生を容易に追跡
  5. ブンテ塩~無臭の含硫黄ビルディングブロック~
  6. 3Mとはどんな会社? 2021年版
  7. クリストフ・マチャゼウスキー Krzysztof Matyjaszewski

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/03/06 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

フッ素の特性が織りなす分子変換・材料化学(CSJカレントレビュー:47)

(さらに…)…

日本薬学会第144回年会「有機合成化学の若い力」を開催します!

卒業論文などは落ち着いた所が多いでしょうか。入試シーズンも終盤に差し掛かり、残すところは春休…

ホウ酸団子のはなし

Tshozoです。暇を見つけては相変わらず毎日ツイッターでネタ探しをしているのですが、その中で下…

活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜

第596回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科(山口研究室)修士課程 2年の山口…

PAGE TOP