[スポンサーリンク]


2017年 3月 08日

  1. カルボン酸をホウ素に変換する新手法

    第86回目のスポットライトリサーチは、理化学研究所 ライフサイエンス技術基盤研究センター 分子標的化学研究チーム(細谷孝充研)の落合秀紀基礎科学特別研究員にお願いしました。同研究室では、ライブイメージングや創薬の発展を目指し、PET…

  2. 第97回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part II

    日本化学会年会中の付設展示会に出展する企業とのコラボーレーションにより読者のためにキャンペーンを企画…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 高機能な導電性ポリマーの精密合成法の開発
  2. その構造、使って大丈夫ですか? 〜創薬におけるアブナいヤツら〜
  3. フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~
  4. ジオキシラン酸化 Oxidation with Dioxirane
  5. ターボグリニャール試薬 Turbo Grignard Reagent
  6. 血液検査による新しいがん診断方法の開発!
  7. 構造式の効果

注目情報

最新記事

第174回―「特殊な性質を持つフルオロカーボンの化学」David Lemal教授

第174回の海外化学者インタビューは、デヴィッド・レマル教授です。ダートマスカレッジ化学科に所属し、…

二核錯体による窒素固定~世界初の触媒作用実現~

Tshozoです。先月このような論文がNature本誌に発表されました。窒素固定と言えばやはり筆…

有機合成化学協会誌2022年8月号:二酸化炭素・アリル銅中間体・遺伝子治療・Phaeosphaeride・(−)-11-O-Debenzoyltashironin・(−)-Bilobalide

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2022年8月号がオンライン公開されました。筆…

生体分子と疾患のビッグデータから治療標的分子を高精度で予測するAIを開発

第 408 回のスポットライトリサーチは、九州工業大学 情報工学府 博士後期課程…

尿酸 Uric Acid 〜痛風リスクと抗酸化作用のジレンマ〜

皆さん、尿酸値は気にしてますか? ご存知の通り、ビールやお肉に豊富に含まれるプリ…

PAGE TOP