[スポンサーリンク]

キャンペーン

第97回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part II

日本化学会年会中の付設展示会に出展する企業とのコラボーレーションにより読者のためにキャンペーンを企画しています。参加いただいた企業の付設展示会情報とケムステ読者特典を3回にわたり紹介します。

[追記]今年の日本化学会および付設展示会ケムステキャンペーンは大盛況の後に終了しました。ご来場の皆様とご協力いただいた企業様に心より感謝申し上げます。

前回の記事につづいて第二弾。キャンペーン企画に参加いただいた企業はこちら

合言葉は

ケムステをみた!

です。

第二弾の本記事では、シュプリンガーネイチャー(法人営業部門ネイチャーリサーチ部門)・カクタスコミュニケーションズパーキンエルマージャパン3つ(4つ)の付設展示会内容とキャンペーンです。それではどうぞ。

シュプリンガーネイチャー(法人営業部門)付設展示会と読者特典

展示会情報と読者特典

ナノテクノロジー研究者必見!Nanoを検索して出張に役立つ便利グッズを手に入れよう!

ナノテク分野に特化したソリューションデータベース「Nano」

 

シュプリンガー・ネイチャーの展示会場でスタッフに「ケムステを見た」とお伝えいただき、会場にあるPCNano (http://nano.nature.com/) を検索してください。検索方法はスタッフがお手伝いします。

Nanoに関するアンケートをお答えいただいた方にもれなく出張に役立つ、旅行用マルチ変換プラグ、充電して使えるモバイルバッテリー、パスポートポーチの中からお好きなものを差し上げます(なくなり次第終了)。

ナノテクノロジーがご専門でない方もお気軽に一声おかけください。他のノベルティをプレゼント、もしくは次のネイチャー・リサーチ部門の企画もあります!

シュプリンガーネイチャー(ネイチャー・リサーチ部門)付設展示会と読者特典

展示会情報

2017年1月創刊 Nature Reviews ChemistryほかNatureの化学関連ジャーナル、Natureのニュースを日本語で報じるNature ダイジェストのご案内

イベント:

  • Meet the Editor – 編集長に会おう!
  • Natureグッズプレゼント企画

2015年からChem-Stationに連載されているNature ダイジェストの編集長が皆さまのご質問にお答えします。

Meet the Editor 日時: 2017年3月17日 11:30-13:30

「化学」好きの原点は「科学」だったという方、分野の垣根を越えた研究でブレークスルーが必要と感じる方、ぜひブースにお越しください。「Natureダイジェスト」は、Natureの要点を日本語で読める月刊誌です。Natureは、専門分野を問わず皆さんをワクワクさせたいと思っています。Natureダイジェストは、そのワクワクや驚きを日本の皆さんと共有することを目指しています。当日は、皆さんと情報交換できるのを楽しみにしています。ブースでお待ちしています。

このほか、Natureダイジェスト アプリをダウンロードいただいた方、アンケートにお答えいただいた方に豪華Natureグッズを差し上げています。ぜひお立ち寄りください。

読者特典

ケムステ読者の皆さまに3つの特典!

ブーススタッフに「ケムステを見た」と声をかけていただくと…

  1. Natureロゴ入りノートパッドをプレゼントいたします!
  2. Nature Reviews Chemistry創刊記念:ブースでジャーナルサイトにアクセスいただいた方に、創刊号表紙ノートブックをプレゼント!!
  3. さらに!抽選で5名さまにNature ロゴ入りビジネスバッグ差し上げます!!!

プレゼントはどれも数量限定です。お早めにお立ち寄りください!

カクタス・コミュニケーションズ付設展示会と読者特典

展示会情報

カクタスコミュニケーションズが運営する、英文校正エディテージのブースでは、英文校正、論文翻訳、投稿支援などのサービス説明および「英文校正会社が教える英語のミス100」の学会特別価格での販売を行っております。

「英文校正を業者に依頼することに不安を感じている」「エディテージのサービスをもっと知りたい」など気になることがございましたら、この機会に私たちに質問をいただければ幸いです。

また「プレゼントの抽選会」も行っています。

読者特典

「プレゼントの抽選会」の他にこのポストをご覧になって「ケムステを見た!」といっていただけると「抽選無し」でプレゼントがもらえてしまいます。プレゼントは以下の3点

  1. エディテージ・オリジナル・キャラクター「エディ太君」のぬいぐるみ 【先着10名様】
  2. エディテージ・オリジナル・マグカップ 【先着20名様】
  3. エディテージサービス10%割引券【全員】

※プレゼント用の在庫が無くなるまでは「エディ太君」のぬいぐるみかマグカップのどちらかをお選びいただけます。

それでは会場でお目にかかれることを楽しみにしています。

パーキンエルマージャパン付設展示会と読者特典

展示会情報

株式会社パーキンエルマージャパン インフォマティックス事業部は日本化学会第97回春季年会付設展示会にて研究者に必須の電子実験ノートを紹介いたします。

紙の実験ノートで分析チャートの管理や実験項の記述でお困りではないですか?

ChemOffice Professionalのサイトライセンスを導入されていらっしゃれば、無償で電子実験ノートをご使用いただけます。

ぜひパーキンエルマーのブースお越しください。ChemDraw、ChemDraw for Excel、ChemFinderの日頃の疑問、ご要望もお聞かせください。

パーキンエルマーのブースにて「ケムステを見た!」とささやいてください。

担当者とジャンケンをして勝ったら毎日先着5名の方に各種グッズを差し上げます。

  • PerkinElmerマグカップ
  • 残念賞はSpotfireの缶バッチ

3日間で合計で15名の方に素敵なグッズが当たります。 ぜひパーキンエルマーのブースにお立ち寄りください!

 

お願い

個人的にシュプリンガー・ネイチャーの旅行用マルチ変換プラグいつも何処かに行ってしまうので欲しいです苦笑。Nature Reviews Chemistry風ノートも気になるところ。カクタスコミュニケーションズのエディ君はなんだかわかりませんが、子供にあげたい。パーキンエルマージャパンのマグカップは研究室にいくつあってもよいのでぜひゲットしてください。

なお、各企業様は日本化学会の付設展示会を盛り上げるべく様々な企画を提供していただいています。このケムステ読者特典も直接お願いしてご厚意で提供してもらっているものです。我々の研究活動には無くてはならないメーカー・サポート企業なのでくれぐれも失礼のないようにお願い致します。それでは、続きは第三弾にて!

ケムステ付設展示会キャンペーン

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ルイス酸添加で可視光レドックス触媒の機構をスイッチする
  2. 2010年ノーベル化学賞予想―トムソン・ロイター版
  3. ゲームを研究に応用? タンパク質の構造計算ゲーム「Foldit」…
  4. アルキンから環状ポリマーをつくる
  5. イナミドを縮合剤とする新規アミド形成法
  6. 創薬に求められる構造~sp3炭素の重要性~
  7. ストックホルム国際青年科学セミナー・2018年の参加学生を募集開…
  8. フラクタルな物質、見つかる

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ダニエル・ノセラ Daniel G. Nocera
  2. 創薬化学―有機合成からのアプローチ
  3. メールのスマートな送り方
  4. エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian
  5. スティーブン・ヴァン・スライク Steven Van Slyke
  6. 有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成
  7. メタルフリー C-H活性化~触媒的ホウ素化
  8. 二フッ化酸素 (oxygen difluoride)
  9. 奇妙奇天烈!植物共生菌から「8の字」型の環を持つ謎の糖が発見
  10. ニュースの理由・武田、米で6年ぶり大型新薬

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二重芳香族性を示す化合物の合成に成功!

第170回目のスポットライトリサーチは、埼玉大学大学院理工学研究科・古川 俊輔 助教にお願いしました…

専門家要らず?AIによる圧倒的高速なスペクトル解釈

第169回目のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士課程・清原慎さんにお願いしまし…

日本プロセス化学会2018ウインターシンポジウム

ご案内日本プロセス化学会(JSPC)が年2回主催するシンポジウムは、最新のプロセス化学の知識を習…

フラーレンの“籠”でH2O2を運ぶ

過酸化水素分子内包フラーレン誘導体を、大気圧・室温条件下で合成する方法が開発された。分子内包フラ…

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

PAGE TOP