[スポンサーリンク]


2017年 3月 16日

  1. メチレン炭素での触媒的不斉C(sp3)-H活性化反応

     不活性メチレンC(sp3)-H結合を位置選択的に活性化し、炭素-炭素結合を高収率・高エナンチオ選択性で形成できる不斉パラジウム触媒が、スクリプス研究所・Yuらのグループによって開発された。独自開発した不斉二座配位子APAQがもたらす配位子…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. デミヤノフ転位 Demjanov Rearrangement
  2. ワムシが出す物質でスタンする住血吸虫のはなし
  3. 有機反応を俯瞰する ーシグマトロピー転位
  4. 複雑分子を生み出す脱水素型ディールス・アルダー反応
  5. 安全なジアゾメタン原料
  6. コロナウイルス関連記事 まとめ
  7. 「薬学の父」長井博士、半生を映画化へ

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

PAGE TOP