[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

「ELEMENT GIRLS 元素周期 ~聴いて萌えちゃう化学の基本~」+その他

[スポンサーリンク]

ドラマCD ELEMENT GIRLS 元素周期 ~聴いて萌えちゃう化学の基本~」

化学書籍のモンスタータイトルたりえるか――元素周期 萌えて覚える化学の基本がこのたびドラマCDになり、そして先日発売されました(「つぶやき」での紹介記事)。

まだチェックしてない大きなお友達は是非ご覧あれ!

最近の潮流ですが、化学に限らず、ちまたで学問系萌え書籍が乱立しております。しかもそれぞれなかなかの売りあげを叩き出してる模様。オタク最先端の地・日本においては、もはや相当な規模の市場があるのでしょう。

化学とはやや外れてしまいますが、良い機会なので幾つかまとめて紹介してみたいと思います。中には化学につながるモノもきっとある・・・ハズ。

 

  • 理系書籍
ねこ耳少女の量子論~萌える最新物理学~

萌える数学―萌える探偵
星座・天文

 

ねこ耳少女の量子論~萌える最新物理学~
は、日本では数少ないプロサイエンスライターとして活躍中の、竹内薫氏が原作。・・・なのですが、氏のコラム@産経新聞を読むに、本人にとってもチャレンジだった模様ですね。これでちゃんとしたものに仕立て上げる辺り、流石にプロではあります。 量子化学の内容には深入りしておらず、勉強には全く向かない本です。・・・が、ライトな感じで気楽に読めるので、「入門以前のフィーリング」をつかみたい人向けでしょうかね。

 

現代萌衛星図鑑のテーマは、人工衛星と宇宙開発。2年前打ち上げられた「かぐや」を始め、あらゆる人工衛星を擬人化。そもそも作者のイラストは公式(JAXA)が採用するほどのクオリティゆえに、こういう書籍が出るのも当然の流れだと思えます。悲喜こもごもの開発物語があってがかなり読ませる内容になっており、何気に密度濃い書籍です。

 

萌える数学―萌える探偵”モエ探”萌子の数学事件簿!!
』『星座・天文
は、まだ手に取ったことが無いのですが・・・特に前者は探偵モノっぽいサブタイトルが・・・どこまでの内容なのか。

 

  • オーム社発・マンガでわかるシリーズ
マンガでわかる統計学
マンガでわかるフーリエ解析
マンガでわかる生化学マンガでわかる分子生物学
マンガでわかる微分積分
マンガでわかる線形代数

 

オーム社といえば理工系専門書出版社として有名ですが、そこから刊行されている「マンガでわかる」シリーズ。大学教養程度の理工系トピックを、マンガで解説しています。

 

こういったコンセプトの本は今までにもたくさんあったのですが、このシリーズの出現あたりから、キャラクター・ストーリー・設定が学術系書籍とは思えないほどしっかり作られるようになったと感じられます。まさに、勉強が主眼なのか他が主眼なのか分からなくなるほどに・・・(笑)

 

化学・薬学をやってる人ならば、上の「統計学」「フーリエ解析」「生化学」「分子生物学」「微分積分」「線形代数」ぐらいは、触れる機会があるものかも知れません。

 

  • 文系書籍
萌える☆哲学入門 ~古代ギリシア哲学から現代思想まで~
萌える株式投資―一獲千金!超豊かなオタク生活
萌える就職読本
萌ゆる古事記萌ゆる神の国! 
萌えで読みとく名作文学案内
萌えるシリーズ 萌える法律読本 日々の生活篇 

 

・・・もはや沢山ありすぎて限られたスペースでは紹介しきれません。筆者は海外在住ゆえ、手に取る機会が残念ながら無いのですが、『どうやったら哲学なんてものが萌え化できるのか?』ということばかり気になって、仕事も手に付きません(嘘)。
クリエータ達の妄想力は全くもって侮れませんね。

・・・というわけで、いつもとは違ったカラーの記事(PCスクリーン的な意味で)になりましたが、いかがでしたでしょうか。

サイエンスというものはそもそも欧米発の営みですが、こういう形で広くアピールしうる、完成度高いプロダクトを作り出すのって、欧米人には発想できないことに思えますね。ある面で、日本の独自性と強みなのでしょう。まさに「とてつもない日本」・・・。

  • 関連商品
ドラマCD ELEMENT GIRLS 元素周期 ~聴いて萌えちゃう化学の基本~」
イメージ・アルバム 豊崎愛生 遠藤綾 沢城みゆき 喜多村英梨 花澤香菜 井上麻里奈 阿澄佳奈 早見沙織
ジェネオン・ユニバーサル (2009-08-14)
売り上げランキング: 3112
  • 関連動画

第一話 「ここは良いところ、ランタノイド寮!」

  • 関連書籍

 

寄藤 文平
化学同人
売り上げランキング: 513
おすすめ度の平均: 5.0

5 まんが『もやしもん』を思い出しましたよ
5 とにかく楽しくて面白い!そしてスルスル理解できる!
5 嗚呼、感動!元素がすぐそこまでやってきた!

元素周期 萌えて覚える化学の基本
スタジオハードデラックス
PHP研究所
売り上げランキング: 2666
マンガ 化学式に強くなる―さようなら、「モル」アレルギー (ブルーバックス)
高松 正勝 鈴木 みそ
講談社
売り上げランキング: 4167
おすすめ度の平均: 4.0

5 モルへの処方箋
5 楽しめました
3 化学嫌いだったなぁ
2 内容は面白いが・・
5 一点突破型で化学の鳥瞰図が見えるようになる。

  • 関連リンク

「元素周期」ドラマCD化決定!! PHPの公式サイト

萌えの領域がまさかの元素!w (アキバBlog)

「萌える最新物理学 ねこ耳少女の量子論」(アキバblog)

元素周期 萌えて覚える化学の基本 PHPのサイト

萌える元素周期表(PDF)

ねこ耳少女の量子論と関連化学書(気ままに有機化学)

萌える元素周期(気ままに有機化学)

萌える元素周期っぽい動画(気ままに有機化学)

萌える化学 (有機化学美術館)

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 基礎有機化学討論会開催中
  2. ケムステの記事が3650記事に到達!
  3. 第5回ICReDD国際シンポジウム開催のお知らせ
  4. デカすぎる置換基が不安定なリンホウ素二重結合を優しく包み込む
  5. 第38回ケムステVシンポ「多様なキャリアに目を向ける:化学分野の…
  6. ビアリールのアリール交換なんてアリエルの!?
  7. 化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代配線技術編
  8. プラナーボラン - 有機エレクトロニクス界に期待の新化合物

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-
  2. ダニエル・ノセラ Daniel G. Nocera
  3. 2016年4月の注目化学書籍
  4. リチウム二次電池における次世代電極材料の開発【終了】
  5. ハートウィグ有機遷移金属化学
  6. 高懸濁試料のろ過に最適なGFXシリンジフィルターを試してみた
  7. 「元素戦略プロジェクト」に関する研究開発課題の募集について
  8. リボフラビンを活用した光触媒製品の開発
  9. 海外で働いている僕の体験談
  10. 山本明夫 Akio Yamamoto

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2009年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目情報

最新記事

Christoper Uyeda教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催された「…

有機合成化学協会誌2024年5月号:「分子設計・編集・合成科学のイノベーション」特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年5月号がオンライン公開されています。…

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP