[スポンサーリンク]

N

ネニチェスク インドール合成 Nenitzescu Indole Synthesis

 

概要

p-ベンゾキノンととβ-アミノ-α,β-不飽和カルボニル化合物から置換インドールを得る手法。

基本文献

  • Nenitzescu, C. D. Bull. Soc. Chim. Romania 192911, 37.
  • Allen, G. R., Jr. Org. React. 1973, 20, 337.

 

反応機構

neni_indole_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. コニア エン反応 Conia–Ene Reaction
  2. アルブライト・ゴールドマン酸化 Albright-Goldman…
  3. 細見・櫻井アリル化反応 Hosomi-Sakurai Allyl…
  4. 求核的フルオロアルキル化 Nucleophilic Fluoro…
  5. ウルマンエーテル合成 Ullmann Ether Synthes…
  6. 根岸カルボメタル化 Negishi Carbometalatio…
  7. ケック不斉アリル化 Keck Asymmetric Allyla…
  8. マラプラード グリコール酸化開裂 Malaprade Glyco…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. デヴィッド・レイ David A. Leigh
  2. 4-ベンゾイル安息香酸N-スクシンイミジル : N-Succinimidyl 4-Benzoylbenzoate
  3. 富山化学 「YP-18 」の開発を開始
  4. 三共、第一製薬が統合へ 売上高9000億円規模
  5. エタール反応 Etard Reaction
  6. 2016年ケムステ人気記事ランキング
  7. 2007年ノーベル医学・生理学賞発表
  8. 人工タンパク質、合成に成功 北陸先端大、エイズ薬剤開発に道
  9. English for Presentations at International Conferences
  10. 深海の美しい怪物、魚竜

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP