[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

このホウ素、まるで窒素ー酸を塩基に変えるー

[スポンサーリンク]

三置換の有機ホウ素化合物はオクテット則を満たさないため、電子欠損状態を補うべく、多中心結合やクラスターを容易に形成します。また、空のp軌道に起因して、通常、求電子剤・ルイス酸として働くだけでなく、一電子還元により容易にアニオンラジカル種を発生させます。一方、アミンは、窒素上に孤立電子対をもつため、通常、求核剤・ルイス塩基として働き、一電子酸化するとカチオンラジカル種が発生します。

この度、カリフォルニア大リバーサイド校のBertrandらのグループは、まるで窒素のような振る舞いをするホウ素化合物の開発に成功し、その成果がScience誌に発表されていたので紹介したいと思います。

‘Synthesis and Characterization of a Neutral Tricoordinate Organoboron Isoelectronic with Amines’
Kinjo, R.;  Donnadieu, B.; Celik, M. A.;  Frenking, G.;  Bertrand, G. Science 2011, 333, 610. DOI: 10.1126/science.1207573

Bertrandらが用いた手法は、還元条件下でホウ素上にカルベンを二つ導入するというもの(下図)。得られた三配位ホウ素化合物(1)は、オクテット則を満たし、アミン・ホスフィンの等電子構造体です。合成例の少ない一価のホウ素化学種、また遷移金属以外で安定化された初めての単離可能なボリレン(参考記事:ボリレン)としても、インパクトある化合物です。さらに、形式上ホウ素2マイナスという驚きの極限構造(1b)を描くことができ、pブロック元素の中では電気陽性なホウ素が、電子豊富な状態になっていることがイメージできます。

 

brom_amine1.png

 

実際、(1)と酸(HOTf)との反応では、ホウ素上がプロトン化されたボレニウムカチオン種(2)が得られています(下図)。即ち、(1)は塩基として働き、(2)は共役酸ということになります。また、(1)の一電子酸化反応では、ボリニリウムラジカル種(3)が得られ、数少ない安定ホウ素ラジカル種の構造まで明らかにしています。これらの結果は、この化合物(2)が電子構造だけじゃなく、化学的な振る舞いもアミンと類似していることを証明しています。新しい求核性ホウ素の誕生ですね(参考記事:ホウ素は求電子剤?求核剤?)。

 

boron_amine2.png

今回の成果に関するBertrandらのコメントとG. H. RobinsonらによるPerspective(Science 2011333, 530. DOI: 10.1126/science.1209588 )の内容まとめると以下の通りとなります。

・ある元素を別の元素変えたような発見である。
・遷移金属錯体の配位子として現在広く用いられているアミン・ホスフィンに、新しい仲間が加わるであろう。これは、全く新しい触媒開発の第一歩である。
・ホウ素はリンと比べ低毒・安価であり、環境面からも利用価値が高い。
・他の高周期13族元素(Al, Ga..)も同様に塩基・求核剤として利用できる可能性がある。
・カルベン一つのみで安定化されたボリレンの開発にも期待できる。

「金属を持たない13族元素が塩基として働く」
という常識を覆した素晴らしい成果だと思います。

というわけで、なれない分野の紹介をさせていただきましたが、なぜ執筆したかといいますと、率直にいえばこの論文の第一著者金城玲博士を紹介したかったからです。

この分野におけるライジングスターである金城博士は筑波大学関口章研究室出身。大学院生時代に世界で初めてジシリン(ケイ素ーケイ素三重結合)を単離することで一躍名を轟かせました(Science 2004, 305, 1755. DOI:10.1126/science.1102209)。個人的に何度か連絡を取ったことはあるものの顔を合わせたことはありませんが、同期(同年に博士を取得)であり、同じカリフォルニアで海外学振研究員であったことから昔から非常に注目していました。

そんな金城博士はなんと今年の12月からシンガポールの南洋理工大学(Nanyang Technological University:NTU)でAssistant Professorとして独立して研究室を主宰することに決定したそうです。すでにNTUのホームページには記載されております(こちら)。また、今年の第22回基礎有機化学討論会で口頭発表を行うというお話を聞いたのでぜひ皆様足を運んでみたらいかがでしょうか。彼がどのようなエキサイティングな研究を行っていくのかこれから大変楽しみであり、応援したいと思います。

人に興味をもつことででケミストリーにも興味を持つ。このような流れで得られた知識は頭に定着します。ケムステではこのような若手のライジングスターも国外問わずピックアップしていき紹介したいと思いますので、もし「すごい人」ご存知の方がいましたらご一報を。

ところで、この場では取り上げることが出来ませんでしたが、Scienceの同号に京都大学化学研究所の村田靖次郎教授らによる「水を入れたフラーレンの合成」(Kurotobi, K.; Murata Y. Science 2011, 333, 613. DOI: 10.1126/science.1206376)も報告されていますのでご覧になってください。こちらも独自のフラーレンの分子手術法(molecular surgery:過去記事:炭素ボールに穴、水素入れ閉じ込め 「分子手術」成功)を使った素晴らしい研究であると思います。

 

外部リンク

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. NMRの基礎知識【原理編】
  2. 【東日本大震災より10年】有機合成系研究室における地震対策
  3. ケムステの記事が3650記事に到達!
  4. バイオタージ Isolera: フラッシュ自動精製装置がSPEE…
  5. 【Vol.1】研究室ってどんな設備があるの? 〜ロータリーエバポ…
  6. 【書籍】イシューからはじめよ~知的生産のシンプルな本質~
  7. 研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(前編)
  8. アメリカで Ph.D. を取る -Visiting Weeken…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 二窒素の配位モードと反応性の関係を調べる: Nature Rev. Chem. 2017-4/5月号
  2. 総合化学大手5社の前期、4社が経常減益
  3. 第86回―「化学実験データのオープン化を目指す」Jean-Claude Bradley教授
  4. キャロル転位 Carroll Rearrangement
  5. 可逆的付加-開裂連鎖移動重合 RAFT Polymerization
  6. 日本にノーベル賞が来る理由
  7. 有機・高分子関連技術が一堂に会す「オルガテクノ2005」開催へ
  8. 第67回―「特異な構造・結合を示すランタニド/アクチニド錯体の合成」Polly Arnold教授
  9. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (5/最終回)
  10. 第102回―「有機薄膜エレクトロニクスと太陽電池の研究」Lynn Loo教授

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第19回ケムステVシンポ「化学者だって起業するっつーの」を開催します!

少し前に化学者のつぶやきからこのような記事が出ました:【ケムステSlackに訊いて見た④】化学系学生…

10種類のスパチュラを試してみた

大好評、「試してみた」シリーズの第6弾。今回は試薬の秤量にか欠かせない、…

第48回「分子の光応答に基づく新現象・新機能の創出」森本 正和 教授

久々の研究者へのインタビューです。第48回は、立教大学の森本正和先生にお願いいたしました。第17回ケ…

畠山琢次 Takuji Hatakeyama

畠山琢次 (はたけやま たくじ)は、日本の化学者である。専門は有機合成化学,材料化学。2021年現在…

DNA origami入門 ―基礎から学ぶDNAナノ構造体の設計技法―

(さらに…)…

NBSでのブロモ化に、酢酸アンモニウムをひとつまみ

芳香環のブロモ化といえば、構造活性相関の取得はもちろんの事、カップリング反応の足場と…

森本 正和 Masakazu Morimoto

森本 正和(もりもと まさかず、MORIMOTO Masakazu)は、日本の化学者である。専門は有…

「リジェネロン国際学生科学技術フェア(ISEF)」をご存じですか?

近年、中高生向けの科学プログラムやコンテストがいっそうの充実を見せています。未来の化学者育成に少なか…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP