[スポンサーリンク]


2017年 3月 23日

  1. 芳香族カルボン酸をHAT触媒に応用する

    ミュンスター大・Gloriusらは、可視光レドックス触媒を用いる位置選択的なC(sp3)-Hチオトリフルオロメチル化反応を達成した。基質もしくは捕捉剤を過剰量用いる必要がない。水素原子移動(HAT)触媒として強力なベンゾイルオキシラジカルを…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 海外で開発された強靭なソフトマテリアル
  2. Handbook of Reagents for Organic Synthesis: Reagents for Heteroarene Functionalization
  3. アルミニウム-ポルフィリン錯体を用いる重合の分子量制御
  4. 化学物質の環境リスクを学べる「かんたん化学物質ガイド」開設
  5. 第151回―「生体における金属の新たな活用法を模索する」Matthew Hartings准教授
  6. 【書籍】クロスカップリング反応 基礎と産業応用
  7. 甲種危険物取扱者・合格体験記~Webmaster編

注目情報

最新記事

超原子価ヨウ素反応剤を用いたジアミド類の4-イミダゾリジノン誘導化

第468回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学  合成薬品製造学研究室(伊藤研究室)に所属されて…

研究室でDIY!ELSD検出器を複数のLCシステムで使えるようにした話

先日のBiotage Selekt + ELSDの記事でちらっと紹介した、ELS…

第37回ケムステVシンポ「抗体修飾法の最前線 〜ADC製造の基盤技術〜」を開催します!

修論・卒論・博士論文で大忙しの2,3月ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。まとめ作業とデスク…

有機合成化学協会誌2023年1月号:[1,3]-アルコキシ転位・クロロシラン・インシリコ技術・マイトトキシン・MOF

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2023年1月号がオンライン公開されました。す…

飲む痔の薬のはなし1 ブロメラインとビタミンE

Tshozoです。あれ(発端記事・その後の記事)からいろいろありました。一進一退とはいえ、咀…

PAGE TOP