[スポンサーリンク]


2017年 5月 11日

  1. 2つの触媒反応を”孤立空間”で連続的に行う

    自己集合性を有するM12L24型かご錯体内の特異的反応場を用いて、同一溶液中酸化反応及び立体選択的Diels–Alder反応が連続的に進行することを見出した。自己集合性錯体を利用した孤立空間の化学生体膜やミセルのように複数の分子が規…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ケージド化合物 caged compound
  2. Hybrid Materials 2013に参加してきました!
  3. 光学活性なα-アミノホスホン酸類の環境に優しい新規合成法を開発
  4. クライゼン縮合 Claisen Condensation
  5. チチバビン反応 Chichibabin Reaction
  6. カーボンニュートラル材料とマテリアルズ・インフォマティクス活用で実現するサステナブル社会
  7. 日本科学未来館

注目情報

最新記事

アルカロイド骨格を活用した円偏光発光性8の字型分子の開発 ~天然物化学と光材料化学の融合~

第599回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科 化学専攻 天然物化学研究室(大栗…

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

PAGE TOP