[スポンサーリンク]


2017年 5月 11日

  1. 2つの触媒反応を”孤立空間”で連続的に行う

    自己集合性を有するM12L24型かご錯体内の特異的反応場を用いて、同一溶液中酸化反応及び立体選択的Diels–Alder反応が連続的に進行することを見出した。自己集合性錯体を利用した孤立空間の化学生体膜やミセルのように複数の分子が規…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 書物から学ぶ有機化学4
  2. 小児薬、大人用を転用――アステラス、抗真菌剤
  3. 次世代電池の開発と市場予測について調査結果を発表
  4. 第40回「分子設計で実現する次世代バイオイメージング」山東信介教授
  5. 光照射下に繰り返し運動をおこなう分子集合体
  6. トリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I) クロリド:Tris(triphenylphosphine)rhodium(I) Chloride
  7. ウィッティヒ反応 Wittig Reaction

注目情報

最新記事

ドラえもん探究ワールド 身近にいっぱい!おどろきの化学

概要「化学」への興味の芽を育むマンガ+解説書 子ども(大人も)の毎日は、「化学」とのお付き合…

データ駆動型R&D組織の実現に向けた、MIを組織的に定着させる3ステップ

開催日:2022/05/25 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

薬剤師国家試験にチャレンジ!【有機化学編その1】

2022.5.21 追記: 問3の構造式を再度訂正しました。2022.5.2…

化学知識の源、化学同人と東京化学同人

化学の専門家なら化学同人と東京化学同人の教科書や参考書を必ず一冊は購入したことがあると思います。この…

天才プログラマー タンメイが教えるJulia超入門

概要使いやすさと実行速度を兼ね備えた注目のプログラミング言語Julia.世界の天才プ…

PAGE TOP