[スポンサーリンク]


2017年 5月 20日

  1. キラルアニオン相間移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応

    2016年、ユタ大学・Matthew S. Sigmanらは、電子不足末端アルケンのエナンチオ選択的な1,1-ジアリール化に成功した。キラルアニオン相間移動触媒 (chiral anion phase-transfer, CAPT)を用いる…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. カニッツァロ反応 Cannizzaro Reaction
  2. 分子の聖杯カリックスアレーンが生命へとつながる
  3. 円偏光スピンLEDの創製
  4. 熊田誠氏死去(京大名誉教授)=有機ケイ素化学の権威
  5. 生物活性物質の化学―有機合成の考え方を学ぶ
  6. リガンド指向性化学を用いたGABAA受容体の新規創薬探索法の開発
  7. 一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

注目情報

最新記事

第23回ケムステVシンポ『進化を続ける核酸化学』を開催します!

もう12月。2021年もおわりが近づいています。さて、今年最後のケムステVシンポとして第23…

KISTECおもちゃレスキュー こども救急隊・こども鑑識隊

おもちゃレスキューに君も入隊しよう!大事なおもちゃがこわれたら、どうしますか? …

ポンコツ博士研究員の海外奮闘録 〜コロナモラトリアム編〜

事実は小説より奇なり。「博士系なろう」という新ジャンルの開拓を目指し,博士を経て得られた文章力を全力…

乙卯研究所 研究員募集

公益財団法人乙卯研究所から研究員募集のお知らせです。自分自身でテーマを決めて好きな有機化学の研究…

SNSコンテスト企画『集まれ、みんなのラボのDIY!』

先日公開されたこちらのケムステ記事と動画、皆さんご覧になって頂けましたでしょうか?https…

PAGE TOP