[スポンサーリンク]

一般的な話題

図に最適なフォントは何か?

文書を作成する際、フォントを気にする研究者は多いと思いますが、論文の図には何が最適でしょうか?その答えがChemistry of Materials誌で紹介されていました。[1]

 

Question: “Which font looks best in a scientific figure?”
Answer: “Arial or Helvetica, always.”

 

結論からいうと、Author Guidelinesにも書いてある通り、 ArialかHelveticaを用いるべきとのことです。

 

serif

 

TimesやTimes New Romanなどserifフォントには文字の端に小さな装飾(serif)がなされている一方(上図は参考文献より)、ArialやHelveticaなどsans-serifフォントには名前の通りserifがないため、すっきりとした印象を与えます。特にChem Drawなどで小さなフォントを使わざるを得ない場合にははっきりと差が出る印象です。

学振特別研究員などの申請書は「ヒラギノで書くといい」と聞いたことがあります。これもおそらく図におけるsans-serifフォントの考えと同じです。

 

Print

 

ヒラギノ角ゴPro(図・上)がすっきりとした印象を与えるのに対して、MS明朝体(中央)は余計な装飾があり線が細くなるため、小さい文字の場合は読みにくくなります。Macを使っていない!という方には源ノ角ゴシック(Source Han Sans)(下)ような、類似フォントもあるので一度試してみるといいでしょう。

 

参考文献

  1. “Which Font Looks Best in a Figure?”, Jillian M. Buriak, Chemistry of Materials 2016, 28, 689–690. DOI: 10.1021/acs.chemmater.6b00306

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
GEN
国立大JK。普段は各種モノリス型マクロ多孔体やエアロゲルを作製していますが、専門分野はあいまいです。ピース写真付インタビューが化学の高校教科書に載りました。

関連記事

  1. 自由研究にいかが?1:ルミノール反応実験キット
  2. ケイ素置換gem-二クロムメタン錯体の反応性と触媒作用
  3. 力をかけると塩酸が放出される高分子材料
  4. イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加
  5. ゾウががんになりにくい本当の理由
  6. 多才な補酵素:PLP
  7. 自在に分解できるプラスチック:ポリフタルアルデヒド
  8. このホウ素、まるで窒素ー酸を塩基に変えるー

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 骨粗しょう症治療薬、乳がん予防効果も・米国立がん研究所
  2. エーザイ、アルツハイマー治療薬でスウェーデン企業と提携
  3. 福山インドール合成 Fukuyama Indole Synthesis
  4. 層状複水酸化物のナノ粒子化と触媒応用
  5. ジスルフィド架橋型タンパク質修飾法 Disulfide-Bridging Protein Modification
  6. 三井化学、出光興産と有機EL材料の協業体制構築で合意
  7. E値 Environmental(E)-factor
  8. 特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発
  9. ヒト遺伝子の ヒット・ランキング
  10. ハーバード大Whitesides教授がWelch Awardを受賞

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年1月号:大環状芳香族分子・多環性芳香族ポリケチド天然物・りん光性デンドリマー・キャビタンド・金属カルベノイド・水素化ジイソブチルアルミニウム

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年1月号がオンライン公開されました。今…

リチウムイオンバッテリーの容量を最大70%まで向上させる技術が開発されている

スマートフォンや電気自動車の普及によって、エネルギー密度が高く充電効率も良いリチウムイオンバッテリー…

学部4年間の教育を振り返る

皆様、いかがお過ごしでしょうか。学部4年生の筆者は院試験も終わり、卒論作成が本格的に始まるまでの束の…

ダイセルが開発した新しいカラム: DCpak PTZ

ダイセルといえば「キラルカラムの雄」として知られており、光学活性化合物を分離するキラルカラム「CHI…

台湾当局、半導体技術の対中漏洩でBASFの技術者6人を逮捕

台湾の内政部(内政省)刑事局は7日、半導体製造に使う特殊な化学品の技術を中国企業に漏洩した営業秘密法…

「低分子医薬品とタンパク質の相互作用の研究」Harvard大学 Woo研より

海外留学記第29回目は、Harvard大学のChiristina Woo研に留学されている天児由佳さ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP