[スポンサーリンク]

会告

BASF International Summer Courses 2017  BASFワークショップ2017

[スポンサーリンク]

今年も化学業界の雄BASFが主宰する、BASF International Summer CoursesがBASFの本社の所在するドイツ、ルートウィヒスハーフェンで行われます (BASFについてはこちら12)。会期は2回に分かれており、1回目は8月20日から26日まで、2回目は9月3日から9日まで 、要旨の締め切りは3月15日までです。(引用: BASF)

ワークショップの告知です。今回は前回のBayerとは異なり、ポスドクではなく、化学若しくは化学工学を専攻する博士課程の学生が対象です。期間中、BASFの紹介、専門分野に関する講義、トークセッション、学生の研究発表とディスカッション、研究所や工場の見学が予定されています。特に、ワークショップの大部分を占める専門分野に関する講義では、BASFの広い事業範囲を反映して、農薬、API、ポリマーの開発、工業化、工場のサイクルマネージメント、染料、香料や電池、マテリアルの生合成、環境対策などなど、、、非常に多様な専門分野について、BASFの社員がプレゼンをしてくれます。また、毎日の昼食、夕食にはBASFの現役の化学者だけでなく、HRやマネージャークラスの社員達も加わるので、講義では聞けない話など様々な話を聞くことができます。

参加者は一回につき30人に限られているので、Bayerのワークショップ同様、競争が激しく、毎年行われるこのワークショップには世界中から猛者が集まります。このワークショップでは先に挙げた講義で自分の知識を養うことができるほか、他の博士課程の学生やBASFの関係者と話し、関わり合うことができるので、コネクションを作り、将来の可能性を広げるにはもってこいです。

場所はドイツ、フランクフルトの南約100kmに位置するルートウィヒスハーフェンという街で行われます。BASFはここで、世界で最も大きい化学プラント群(10 km2, 東京ドーム約200個分)を形成しており、多くのBASF製品が世界に送り出されています。日本からの旅費、現地でのホテル等の滞在費はすべて支給されます

応募方法はオンライフォームで登録するだけです。指導教官からの推薦状、CVと簡単な研究概要が必要です。申し込みの締め切りは3月15日まで。皆様奮ってご参加下さい。

Workshopで配布されるリーフレット類の一例

BASF International Summer Coursesのプログラムの例 (第127回、2014年夏)

1日目、14:00- 受付、16:30- Apero、18:00- 夕食

2日目、8:30- BASFの紹介(4 speakers、会社概要と企業戦略)、12:00−昼食、13:15−講義(6 speakers、研究開発)、18:15−工場見学、19:00-夕食

3日目、8:30−講義(5 speakers、研究開発)、12:30−昼食、13:15−研究所のトップ7人とのディスカッション、14:15-4グループに分かれて学生の研究発表(発表10分、質疑応答5分、BASFの化学者も各グループに数名ずつ参加) 19:00-夕食

4日目、8:30- 講義(1 speaker)、9:30-ブレーンストーミング&ディスカッション、11:30−昼食、12:15−研究所の化学者とのセッション、15:45- 自由行動

5日目、8:30−講義(5 speakers、研究開発)、12:45−昼食、13:45−BASFの工場見学、17:00-BASFでのキャリアについて、19:00-夕食

6日目、8:30−講義(5 speakers、研究開発)、12:45−昼食、13:15−講義(2 speakers、IP、Finance)、15:15 質問タイム、17:30- Apero、19:00- 夕食、22:00- パーティー

7日目、9:00- 朝食後解散

 

関連書籍

関連リンク

Gakushi

投稿者の記事一覧

東京の大学で修士を修了後、インターンを挟み、スイスで博士課程の学生として働いていました。現在オーストリアでポスドクをしています。博士号は取れたものの、ハンドルネームは変えられないようなので、今後もGakushiで通します。

関連記事

  1. BASFとはどんな会社?-1
  2. アンモニアがふたたび世界を変える ~第2次世界大戦中のとある出来…
  3. Anti-Markovnikov Hydration~一級アルコ…
  4. 光速の文献管理ソフト「Paperpile」
  5. 内部アルケンのアリル位の選択的官能基化反応
  6. 博士号とは何だったのか - 早稲田ディプロマミル事件?
  7. リガンド結合部位近傍のリジン側鎖をアジド基に置換する
  8. 含フッ素カルボアニオン構造の導入による有機色素の溶解性・分配特性…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. カーボンナノチューブ量産技術を国際会議で発表へ
  2. 第16回 結晶から結晶への化学変換 – Miguel Garcia-Garibay
  3. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 2 (光延型置換反応)
  4. ジェイコブセン・香月エポキシ化反応 Jacobsen-Katsuki Epoxidation
  5. ヘリウム Helium -空気より軽い! 超伝導磁石の冷却材
  6. なぜクロスカップリングは日本で発展したのか?
  7. ジャネット・M・ガルシア Jeannette M. Garcia
  8. 原油高騰 日本企業直撃の恐れ
  9. おまえら英語よりもタイピングやろうぜ ~上級編~
  10. 第118回―「糖鎖のケミカルバイオロジーを追究する」Carolyn Bertozzi教授

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2017年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

表面酸化した銅ナノ粒子による低温焼結に成功~銀が主流のプリンテッドエレクトロニクスに、銅という選択肢を提示~

第393回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学院 材料科学専攻 マテリアル設計講座 先…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年5月18日に開催されたセミナー「高分…

元素のふるさと図鑑

2022年も折り返しに差し掛かりました。2022年は皆さんにとってどんな年になり…

Q&A型ウェビナー カーボンニュートラル実現のためのマイクロ波プロセス 〜ケミカルリサイクル・乾燥・濃縮・焼成・剥離〜

<内容>本ウェビナーでは脱炭素化を実現するための手段として、マイクロ波プロセスをご紹介いたします…

カルボン酸、窒素をトスしてアミノ酸へ

カルボン酸誘導体の不斉アミノ化によりキラルα-アミノ酸の合成法が報告された。カルボン酸をヒドロキシル…

海洋シアノバクテリアから超強力な細胞増殖阻害物質を発見!

第 392回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学大学院 理工学研究科 博士後期課…

ポンコツ博士の海外奮闘録⑧〜博士,鍵反応を仕込む②〜

ポンコツシリーズ一覧国内編:1話・2話・3話国内外伝:1話・2話・留学TiPs海外編:1…

給電せずに電気化学反応を駆動 ~環境にやさしい手法として期待、極限環境での利用も~

第391回のスポットライトリサーチは、東京工業大学物質理工学院応用化学系 稲木研究室の岩井 優 (い…

GCにおける水素のキャリアガスとしての利用について

最近ヘリウムの深刻な供給不安により、GCで使うガスボンベの納期が未定となってしまい、ヘリウムが無くな…

タンパク質リン酸化による液-液相分離制御のしくみを解明 -細胞内非膜型オルガネラの構築原理の解明へ-

第 390 回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科 助教の 山崎…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP