[スポンサーリンク]


2017年 7月 18日

  1. フローリアクターでペプチド連結法を革新する

    2014年、東京工業大学・布施新一郎らはペプチド結合形成を行なうマイクロフローリアクター法を開発した。ペプチドC末端をトリホスゲンで活性化し、N末無保護ペプチド単位と反応させることで室温・高速・短時間・低廃棄物のペプチド合成が実現されている…

  2. GRE Chemistry 受験報告 –試験対策編–

    2017年4月に、米国の大学院の出願の際に必要になるテストである GRE Chemistry を受験…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 黒板に描くと着色する「魔法の」チョークを自作してみました
  2. 第61回―「デンドリマーの化学」Donald Tomalia教授
  3. プロドラッグって
  4. 洗剤を入れたアルミ缶が電車内で爆発
  5. 単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発
  6. 薄くて巻ける有機ELディスプレー・京大など開発
  7. 英会話イメージリンク習得法―英会話教室に行く前に身につけておきたいネイティブ発想

注目情報

最新記事

PCに眠る未採択申請書を活用して、外部資金を狙う新たな手法

みなさんは毎年何本の研究申請書を書きますか?そして、残念ながら日の目を見ずに、アイデアのままパソコン…

フラーレン〜ケージを拡張、時々、内包〜

トリアジン誘導体とN-フェニルマレイミドを用いた、フラーレンのケージを拡張する新規手法が開発された。…

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

PAGE TOP